企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【ゲーム】オープンワールド宇宙ADV「Outer Wilds」をプレイしたが、あえなく挫折/傑作かもしれないが、向き不向きがありそう

コロナ禍でどこにも遊びに行けないため、週末は、読書・映画鑑賞・ゲームで過ごす今日この頃。そんなわけで、昨年9月に紹介した元寇をモチーフにした和風オープンワールドゲーム「Ghost of Tsushima (ゴースト・オブ・ツシマ)」をようやくクリアした。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

同じく和風アクションの「SEKIRO」と違って、難易度はそれほど高くなく(ゲーム途中でいつでも変更可)、時間さえかければ確実にクリアできる。私のような歴史好きにはなかなか楽しめた。

その後にプレイしたのがこちらのゲーム。

舞台は人類以外の宇宙人が存在する銀河系で、時間ループに巻き込まれた主人公が宇宙船に乗って各地を探索して、その謎を解明するというSFオープンワールドアドベンチャーゲーム。
 
私がその存在を知ったのは、昨年末にはてなブックマークで上位にランクインされていたこの記事を読んだことがきっかけ。10年に1本のSF大傑作とベタ褒めされており、SF好きの私も俄然興味を持った次第。
「なかなか面白そう」と思って、15時間ほどプレイしたが、難易度が高くて、途中で挫折。その理由は以下のとおり。
  • ゲーム時間で22分が経過するとタイムループが発生し、強制的にスタート地点に戻される。(モタモタしていると強制リスタート)
  • 主観視点で、操作方法も独特で、慣れるまで大変。(宇宙空間での操作が難しい)
  • オープンワールドゲームだが、序盤はヒントがなく、一体どこに行けばよいかわからない。(ゴースト・オブ・ツシマのように次の目的地を示してくれない)
何回トライしてもうまくいかないので、自力攻略をあきらめてYouTubeで攻略動画を鑑賞することに。最初から最後のエンディングまで鑑賞したが、難易度の高さはおいておいて、「ここまで壮大な世界観をゲームでよく表現できたな」と感心。最後は全ての伏線が回収されて、壮大な謎が解明される・・。

f:id:Sabosan8022:20210117165721p:plain

まるで映画「インターステラー」や小説「星を継ぐもの」に通じる壮大なストーリー。これらの骨太SF作品が好きな人ならば、長編映画を鑑賞するかのように楽しめるかも。興味を持った人は、YouTubeで結末を確かめてほしい。  
インターステラー(吹替版)

インターステラー(吹替版)

  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: Prime Video
 
星を継ぐもの (創元SF文庫)

星を継ぐもの (創元SF文庫)

 

【その他】新年最初の記事を更新したところ、訪問者が過去最高の785人!/ついにグーグル砲、スマニュー砲の着弾か!?

本ブログにおける訪問者数は1日当たりおおよそ100人あるかないかで、世間一般の売れっ子ブロガーに比べると非常に見劣りするぐらい。しかし、先日はてなブログのアクセス解析を確認すると、新年最初の記事(1月3日)を更新した日の訪問者が785人と過去最高だった。

f:id:Sabosan8022:20210116230342p:plain

当日公開した記事はこちらで、これがバズったのだろうか。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

内容自体は、HUAWEIのP30 lite(SIMフリー)の機種変更に触れたもので、それほど珍しいものではない。一般的にブログ訪問者数が急激に増えるきっかけは、スマートニュース・Google・はてなブックマークで取り上げられること(いわゆるスマニュー砲・Google砲の着弾)が多いが、どうやらそうではなさそう。たまたま正月休み中だったせいなのだろうか。Googleアナリティクスで調べてもどうもよくわからない・・。

ブロガーにとって、訪問人数というのは、モチベーションを維持する一つの目安になるので、多くの人がブログに訪れることは大いに励みになる。しかし、このブログにはGoogleアドセンスなどは設定していないため、訪問者が増えても広告収入などは1円も入ってこない。それでも、私がこのブログを続ける理由は、以下のとおり。 
  1. インプット&アウトプットの練習として(特にアウトプット的な思考パターンを養うため)
  2. 企業法務担当者にとって最も重要スキルである文書作成能力を鍛えるため
  3. 自分の人生を克明に記録し、将来に振り返るため(ライフログ)
  4. 自己表現ができる趣味として
2009年にブログを始めてから、早いものでもう12年が経過したが、習慣というものは恐ろしいもので、ひとたび始めると、それを続けないと逆に気持ちが悪くなる。ただし、全ての記事を企業法務ネタで埋めつくすわけもいかず、それ以外のジャンル(スマホ・読書・登山など)のネタで補うようにしている。

f:id:Sabosan8022:20210116225423p:plain

ただ、グーグル砲やスマニュー砲の着弾はブロガーにとって夢(?)の一つ。それを目標にしつつ、これからも細く長くマイペースで書き続けていきたい。 
習慣が10割

習慣が10割

  • 作者:吉井 雅之
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: Kindle版
 

【プライベート】関西地方の緊急事態宣言に備えて図書館で本を大量に借りてくる/これからの巣ごもり生活に備えて

先週末に大阪府・京都府・兵庫県が新型コロナウイルス感染者の増加をふまえて日本国政府に緊急事態宣言の発令を要請したというニュースが飛び込んでいた。

東京都などの首都圏では、1月7日からすでに発令されているが、13日に大阪府・京都府・兵庫県でも同様の動きとなった。緊急事態宣言の発令は、昨年4月から5月下旬まで全国で実施されてから2回目。昨年時は、学校も休校になったので、家族全員がほとんど自宅にこもっていた。あの当時は、図書館などの公共施設や大型書店等も休業。本好きの私はおおいに難儀したので、電子書籍読み放題サービスのKindle Unliitedを利用していた(一応、現在も継続中)。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

とはいえ、Kindle Unliitedで全ての電子書籍が読めるのではなく、出版社や著者によって、読めない本も多い。

そこで、緊急事態宣言の発令が確実視されている状況をふまえて、この三連休に図書館に出かけて法務・知財・業務改善・ライフプラン・小説などの本を30冊ほど大量に借りてきた。その一部を紹介すると以下のとおり。 

説得力が劇的に上がる 法務の文書・資料作成術!

説得力が劇的に上がる 法務の文書・資料作成術!

  • 作者:芦原 一郎
  • 発売日: 2020/10/02
  • メディア: 単行本
 
実践!! 秘密保持契約書審査の実務

実践!! 秘密保持契約書審査の実務

  • 発売日: 2019/11/30
  • メディア: 単行本
 
知財実務のツボとコツがゼッタイにわかる本

知財実務のツボとコツがゼッタイにわかる本

 
社内営業の教科書―上司・同僚・部下を味方につける
 
デジタル化の教科書

デジタル化の教科書

  • 作者:西村泰洋
  • 発売日: 2019/03/01
  • メディア: 単行本
 
70歳雇用延長に対応! 入門図解 高年齢者雇用安定法の知識 (事業者必携)

70歳雇用延長に対応! 入門図解 高年齢者雇用安定法の知識 (事業者必携)

  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
早期退職 (角川文庫)

早期退職 (角川文庫)

  • 作者:荒木 源
  • 発売日: 2018/07/24
  • メディア: Kindle版
 

 

熊は冬眠前になると大量に餌を摂取して、長い冬眠生活に備えるという。私の場合、このように図書館で大量に本を借りることは宣言中の巣ごもり生活中にそなえた前準備といったところ。年明け早々に新型コロナウイルスは国内で猛威を奮っているが、今は我慢の時と耐えて、少しでも在宅中の時間を勉強や趣味などに有意義に使いたい。

f:id:Sabosan8022:20210110162838p:plain

 

【Lifehack】正月休みにライフプランニングを見直す/人生100年時代を生き抜くための戦略とは

1.一年の計は元旦にあり

今年の正月休みは、新型コロナ・ウイルスの影響もあり、どこにも外出せず家籠りしていた我が家。その間は自宅で映画鑑賞や読書をしたり、スマホ(P30 lite)のセットアップを行っていた。 
それ以外に私が行ったことは、我が家のライフプランニングの見直し。具体的には、A4ノートの見開きページに自分と家族の今後の年齢を記入した上、以下の項目を記入していく。
 
①今後発生する家族イベント(子供の進路)
②年収(推定)
③貯金額(財形貯蓄・確定拠出年金など)
④大型出費の金額(車検・教育費)
⑤定年退職後の年金支給金額(厚生年金)
⑥保険と解約時期
 
それらをもとに、我が家の人生計画の方向性(車買い替え時期、リタイア後の生活スタイル等)について、パートナーである妻と意見交換をする。
 

f:id:Sabosan8022:20210109151305p:plain

もちろん、これらはあくまで机上の予定に過ぎず、このとおりに事が進むとは全く考えていない。第2、第3のパンデミックが発生するかもしれないし、厚生年金の支給年齢もさらに上昇する可能性(65歳、70歳、75歳・・・)も極めて高い。このように、不確実性や流動性が高い時代になりつつあるが、それでも「修正ありき」という前提で人生戦略を考えることは決して無駄にはならないと思う。特に私のような既婚者の場合はなおさら。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com 

2.親世代に比べると人生の難易度は明らかに上昇している

私の親は高度成長期のバブル時代を堪能し、それなりに資産形成に成功して、年金をもらいながら悠々自適の生活を送っている。この世代は、よほどヘマをしない限り、「国や会社を信じていればそれなりに報われた世代」ともいえる。 

一方、私たちの世代は、就職氷河期・リーマンショック・コロナショック・少子高齢化という様々な問題に直面しており、親世代に比べると、人生の難易度が上昇しているのは明白。 いわば、貧乏くじ世代といったところか。

リーマン・ショック 元財務官の回想録 (毎日新聞出版)
 

このような状況をふまえると、親世代のように「国や会社を信じていればなんとかなる」と楽観的にはとても考えられないので、自分で主体的に人生戦略を考えて、能動的に仕掛けていくしかない。年末年始などのまとまった休みに、ライフプランニングを検討することはその一環。  

さて、年が明けて早々に首都圏で非常事態宣言が発出されるなど波乱に満ちた2021年のスタートとなってしまった。まさしく、時代の不確実性を裏付けるような出来事だが、今は「忍耐」の二文字で柔軟に対応していくしかない。 

f:id:Sabosan8022:20210111103019p:plain

【書評】気がつくと「松下幸之助 成功の金言365」を10年間読み続けていた/自分なりに松下幸之助イズムを継承していきたい

今から10年前に書いた記事がこちら。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

時がたつのは本当に早いもので、気がつくといつの間にか丸10年が経過していた。つまり、丸10年を費やして、「松下幸之助 成功の金言365」を10回読んだことになる。 

本書は、ビジネス書に分類されるが、いわゆる仕事テクニックの紹介本ではなく、ビジネスパーソンに対して、仕事への取り組み方や心構えを示す人生指南書に近い。従って、読んだからといって即効的な効果があるわけではない。何度も読み込んで、自分なりに解釈し、少しずつ実践して、自らの生き方に反映させていくというのが正しい読み方だろう。

f:id:Sabosan8022:20210103165708p:plain 

本書には1日1ページ、365個の名言が収録されており、毎朝読むだけでも「今日も一日がんばろう!」とモチベーションを高めてくれる。(なお、2018年に改訂新版が発売されているが、中身は同じらしい)

ただ、名著とはいえ、さすがに10年間にわたって毎日読んでいると本のカバーや中身がボロボロになってくる。

f:id:Sabosan8022:20210103165222j:plain

f:id:Sabosan8022:20210103165252j:plain

そこで、読み始めて丸10年が経過した節目ということもあり、電子書籍版を購入しなおして、これからはスマホのKindleアプリで読むことにした。

f:id:Sabosan8022:20210103165240j:plain

f:id:Sabosan8022:20210103165246j:plain

なんでもパナソニックでは全ての事業所において朝会を行い、幸之助氏が定めた経営理念を唱和するという時間を設けているらしい。これは従業員に創業者の経営理念を浸透させようとする目的だろうし、それはそれで素晴らしいことだと思う。もしかしたら、その朝会で本書に収録されている名言が紹介されることもあるかもしれない。
一方、かたや私も「成功の金言365」を毎朝読むという習慣を10年間継続しており、本書を通じて幸之助氏の薫陶を個人的に受けているつもり。さすがに10年間も本書を読み続けていると、幸之助イズムの一端がわかりかけてきたような気がする。

f:id:Sabosan8022:20210103170501p:plain

別にパナソニックとは縁もゆかりもない部外者である私。しかし、コロナ禍で先行きが不透明な時代だからこそ、内面的な軸の強さが大事。というわけで、これからも「成功の金言365」を読み続けて、自分なりに松下幸之助イズムを継承し、少しずつ実践していきたい。 
松下幸之助 成功の金言365

松下幸之助 成功の金言365

 

【スマホ】新年早々にAndroidスマホ(P30 lite)のセットアップを行う/低価格ながらiPhoneにもひけをとらない高性能なスペック機

先月Amazonのサイバーマンデー&ブラックフライデーセールを利用して19,800円で購入したHUAWEIのP30 lite(SIMフリー)。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

師走の忙しさにかまけて、今まで放置していたが、正月休みを利用してようやくセットアップが完了した。そして、旧スマホから新スマホのデータを移行するにあたり、利用したのがこのアプリ。 

Phone Clone
Phone Clone
開発元:Huawei Technologies Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
 
 
 
 


Phone Cloneを使ったデータ移行方法

使い方は簡単で、新旧スマホにPhone cloneをインストールし、旧スマホで新スマホのQRコードを読み込ませて機種同士でデータ通信を行うだけ。驚いたことにインストール済みのアプリだけではなく、
 
・日記アプリのデータ
・ライフログ系アプリのデータ
・ノートアプリのデータ
・辞書登録
・写真や動画
・タイマー設定などを含むシステム設定のデータ
 
などの全てのデータが完全移行されたこと。前回の機種変更の際は、Phone cloneの存在を知らず、Google Driveなどを経由してデータをいちいち移していたが、今回は全てが1回こっきりで終わってしまった。ただし、ホーム画面に設定していたブラウザのショートカット等はさすがに移行されなかったが、これぐらいは許容範囲だろう。まあ、一時期話題になったようにHUAWEI製のアプリというのが少々気がかりだが・・・。 
 
さて、セットアップ完了後のP30 liteのホーム画面は以下のような感じ。
 

f:id:Sabosan8022:20210103155442j:plain

f:id:Sabosan8022:20210102185324j:plain

f:id:Sabosan8022:20210102185329j:plain

f:id:Sabosan8022:20210102185334j:plain

さて、以前にも触れたとおり、P30 liteは低価格ではあるが、実はiPhoneにひけをとらない高性能機でもある。この新しい相棒を使いこなしつつ、2021年を乗り越えていきたい。

【その他】2020年の出来事を大晦日に振り返る/新型コロナウイルスに振り回された一年でした

早いもので、今日は大晦日。2020年も今日で終わる。というわけで今年1年の出来事を振り返ってみたい。
 
<1月>
4月施行の改正民法対策として、長い正月休みを利用して関連本を再読してあらためて復習。企業法務担当者にとって2020年の大イベントは改正民法であり、無事に乗り越えた現在は充実感と安堵感で一杯だが、この頃はさすがにピリピリしていた。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<2月>

高年齢者雇用安定法が改正された結果、2021年4月からサラリーマンの定年が70歳に延長される。しかし、私が高齢者となる頃には75歳、80歳とさらに伸びるかもしれないが・・・。このようにビジネスパーソンの現役期間が長くなっていく動きは変わらないし、私も「できる限り長く働く」という方針を持ち続けるつもり。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

これまで数年にわたって愛用していたタスク管理アプリ「Wunderlist」が5月に終了した。ヘビーユーザーである私にとってはかなりの痛手だが、こればかりは致し方ない。泣く泣く後継アプリとなる「Microsoft To Do」にデータを移行して使用しているが、Wunderlistと類似した箇所が多いのが救いだ。 

山口県を訪れる機会があり、県東部の周防アルプスを登山する。当日は天気も良く、絶好の登山日和。頂上から見下ろした瀬戸内海は絶景の一言。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

一方で、東北地方を訪れる機会があり、会津若松の鶴岡城や盛岡の盛岡城跡の史跡を訪れた。 

そして、4月には改正民法が施行されたわけだが、それを打ち消すかのような出来事が・・・。新型コロナウイルスの感染者急増を受けて政府からの緊急事態宣言が発令された。私もテレワークをすることになり、慣れない状態で手探りだったのが、今となっては懐かしい。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

ちなみに、2019年12月に全世界のベストゲームを選出するThe Game Awards 2019において、大賞を受賞した「SEKIRO/SHADOW DIE TWICE」(フロム・ソフトウェア)をプレイし始めたのもこの頃。ちょうど外出もできないので、良い時間つぶしにはなったけれど、とにかく難易度が非常に高かった・・・。 

人生初のオンライン飲み会を行ったのもこの頃。 
昨年11月に妻が交通事故の被害者となってしまう。幸いケガはたいしたことはなかったが、車は大破してしまい、この落とし前をつけるべく、某大手保険会社と損害賠償請求でかなりやり合うはめに。企業法務担当者としてロジカルに、かつ、したたかに交渉を進めて、満足のできる和解金を勝ち取ることはできたが、このような出来事はもう二度とごめんこうむりたい。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

政府からテレワーク増加を受けて、「契約書にハンコがなくても法的に有効」という正式見解が公表される。新型コロナウイルスの影響がここまで及んだというわけで、企業法務の分野にも大きな影響を及ぼすことになった。 

私が10年以上継続している習慣として、読書ノートの記録と再読がある。ビジネス書は読みっぱなしではその効果は半減してしまう。そこで、読書の内容をノートに記録し、何度も読むことは非常に有意義だと実感。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

新型コロナウイルスの影響で遅れていたが、ドラマ「半沢直樹」の放映がスタート。ただし、劇中で登場人物がやたら怒ってどなるし、性格も悪いのばかりだし、次第におっくうになり、途中で見るのをやめてしまった・・・。 

新型コロナウイルスの影響でストップしていたが、登山を再開。お盆休みに兵庫県丹波篠山市の白髪岳と松尾山に登る。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

この時期になると、地元周辺でも飲食店などの閉店が目立つようになってきて、国内の不景気を肌身で実感する。 

SEKIROをクリアした後にプレイしたのが「Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)」。鎌倉時代にモンゴル軍が九州に襲来した元寇をテーマにしたオープンワールドゲームだが、完成度は非常に高い。歴史オタクである私にとっても十分楽しめる。とても外国人が制作したとは思えないほど日本人の風習や情感を理解しており、驚いた。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<10月>

なぜか今年は著名人による不祥事が多かったのも事実。このような他者の失敗事例こそ教訓にしたいところ。 
来年に使用する手帳として「NOLTY リスティ1」を選んだ。書くスペースも広く、なかなかの使い勝手の良さ。 今のところ気に入っている。
9月下旬からスタートしたゆずのオンライブツアー(全5回)が10月で無事に終了。私自身も20年前に初めてゆずの野外ライブに行ってファンになったので、あれから時の流れの早さには驚かされる。 
<11月>
Go Toキャンペーンを利用して、親子二人で二泊三日の愛媛旅行を行う。お城巡りをしたり、瀬戸内のしまなみ海道をサイクリングする。この頃は、コロナ第3波が到来する前で、タイミング的にはよかったが・・・。 
<12月>
Amazonのセールを利用してNewスマホとしてHuaweiのP30liteを購入する。セットアップはこの年末年始休みを利用して行うつもり。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

また、Nintendo Switch「三国志14 wit パワーアップキット」を購入。年末年始は大型寒気も到来するし、自宅にこもってゲームをしたり、映画を見るつもり。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

このように今年を振り返ってみると、企業法務担当者にとって最大の関心事である改正民法が施行されたが、おおむね問題なく対応することができた。しかし、やはり新型コロナウイルスに振り回された1年としか言いようがない。幸い今のところ、私も家族も感染していないが、現在第3波が到来しているし、安心はできない。

 

あと、気になるのは、1年延期された東京オリンピックが果たして無事に開催できるかどうか。今の国内や国外の情勢を考慮する限り、なかなか楽観視はできないような気がする。

f:id:Sabosan8022:20201025003044p:plain