企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【ゲーム】PS4「ELDEN RING」のプレイレポート その1/さすが死にゲーの最高傑作!難易度が高くて先に進めず・・・

1.発売から2ケ月が経過

今回は、以前に紹介したPS4ゲーム「ELDEN RING」のプレイ報告を。
2月25日に本作が同時発売されてから、そろそろ2ケ月が経過しようとしている。すでにクリアしている人も多いかもしれない。ただし、私の場合は、ようやく中盤あたりにさしかかったところ。
  • 選んだキャラクターは放浪騎士で、近接戦闘を得意とする脳筋派。レベルアップ時に重点的に伸ばす能力は体力・持久力・筋力が中心。メインの使用武器はグレートソードや竜のハルバード。魔法は祈祷(回復魔法)のみ使用。
  • 現在のレベルは100を少し超えたぐらいで、リムグレイブ・リエーニエに続いて、ケイリッドを攻略中。
  • 序盤のボス(マルギット、ゴドリック、レナラ)を撃破したが、ケイリッドのボスの星砕きのラダーンに連戦連敗。このボスは本当に強すぎて、何回トライしても全く歯がたたない状態。
  • 進め方としては、ゲーム発売日と同時に発売されたワールドガイドブック(末尾参照)を参照しながら、一つずつエリアを攻略するというもの。
  • ストーリーの途中で詰まってしまった場合に限り、攻略サイトや動画で調べるというスタンス。

f:id:Sabosan8022:20220416132422j:plain

2.相変わらずの鬼畜難易度

私は、フロムソフトウェアのゲームは、「SEKIRO」「Bloodbone」「DARK SOUL」「DARK SOUL2」の順番にプレイしており、心の準備はおおむねできていたが、やはり本作の難易度は相当高い。理不尽な死亡も多いし、プレイヤーを選ぶゲームだ。
 
例えば、どれだけプレイヤーのレベルを上げていたとしても、複数の雑魚に囲まれると瞬殺されてしまう。従って、複数の敵と戦うことは自殺行為に等しく、常に1対1の状況を作らなければならない。また、要所要所で登場するボスも初見で撃破することはかなり難しい。本作をプレイするには、何度負けても折れない心(?)が必要。

f:id:Sabosan8022:20220416132418j:plain

 
現在は、ケイリッドのボス 星砕きのラダーンを倒すべく、20回以上戦闘しているが、全く手も足も出ない状態。後半になるにつれて、敵の攻撃は狂暴となり、一撃死もざらにある。調べたところ、このボスはあくまでゲーム中盤付近のボスらしいが、この強烈な強さはおかしくないだろうか。ただ、このように安易に迎合しない硬派な姿勢が世界中のユーザーから高い評価を受けているのかもしれない。

 
ストーリー上は、主人公には「エルデの王を目指す」という最終目標があるが、詳しい事情やキャラクター相関図等がきちんと説明されないため(DARK SOULやBloodboneもそんな感じ)、なんとなくスッキリしない状態でゲームを進めるしかない。
 
ただし、全体的な完成度はかなり高いと感じた。これまでのSOULシリーズでは、エリアから別エリアへの移動方法は決まっていたが、ELDEN RINGは、完全にシームレス化しており、様々なアプローチ方法があるため、自由度はかなり高い。死にゲーでこれを実現するのは本当にすごい。
f:id:Sabosan8022:20220417005526p:plain
開発したのは日本企業であるにもかかわらず、今のところ本作に対する海外メディアからの評価はかなり高い様子。全世界同時発売ということもあり、外国人ユーザーも非常に多く、注目度はかなり高かった。このように、世界に誇れるゲームコンテンツを生み出したフロムソフトウェアという会社について、同じ日本人として誇らしく思う。
 
いずれにせよ、このペースならば、いつクリアできるのか皆目見当がつかないけど、少しずつ進めていきたい。

【IT】ノートPCのメモリを8GBから16GBに増設する/反応速度が劇的にスピードアップ!

1.会社ノートPCのメモリ増設

最近会社で使用しているノートPCの調子が悪い。PCを起動した後にOutlookを立ち上げようとしても、なぜか途中で固まることが多い。その場合は、やむなく強制終了することもあるほど。CPUはインテルCore-i5、メモリは8GBで、Windows10を動かすにはそれなりのスペックを有しているはずだが・・・。

f:id:Sabosan8022:20220409174054p:plain

社内のシステム部門に相談したところ、「そこまで遅いならば、なんとかしましょう」とPCのメモリを増設してくれることになった。同じ日にシステム部門の担当者がノートPCの背面のフタをあけて、空きスロットに8GBのメモリを設置。
 
その結果、ノートPCのメモリは16GBとなった。その後にPCを再起動したところ、PCの反応がすこぶる速い!これならば、ストレスを感じるなく、仕事ができそう。
 

2.自宅ノートPCもメモリ増設

この劇的なパワーアップに感動した私は、自宅で使用しているノートPCのメモリ(8GB)も同じように16GBに増設することにした。というわけで、早速Amazonで8GBのメモリを購入。

まずノートPCの背面からバッテリを取り外す。その後に、2枚の4GBメモリを取り外してから2枚の8GBメモリ装着してから再起動。するとパソコンの反応速度も見違えて速くなって、非常に快適。7000円ほどの費用でこれだけスピードアップできるならば、安いもの。

f:id:Sabosan8022:20220410123436j:plain

f:id:Sabosan8022:20220410123239p:plain

 

メモリ増設は、手間がそれほどかからない割には、そのリターンが大きい。パソコンの反応速度の遅さに悩んでいる人は、一度試してみてはいかがだろう。YouTubeなどでも具体的な方法が紹介されている。ただし、あくまで自己責任ということで・・・。

【Lifehack】お金との付き合い方には人間性や人生観があらわれる/私なりのマネーリテラシーとは?

1.金銭感覚には人間性があらわれる

先日YouTubeで以下の動画を鑑賞したところ、要所要所で参考になる部分があり、いろいろ考えさせられた(特に宝くじに関する箇所など)。
 
これは私の持論だが、お金との付き合い方や判断基準(マネーリテラシー)には、当人の人間性や人生観が色濃くあらわれる。つまり、マネーリテラシーというものは、当人が年齢を重ねるにつれて、それまでの人生経験で徐々に形成されていくと思う。
 
今回は、私なりのマネーリテラシーについて触れてみたい。これを読めば、私がどのような性格をしているのかについて理解してもらえると思う。
 
<衝動買い>
子供の頃から親に「人間は収入の範囲内で生活しなければならない」と言われ続けてきたせいか、私はめったに衝動買いをしないタイプ。いいなと思うものが本当にそれが今の自分にとって必要かどうか吟味してから決める方。スマホやタブレットなどのガジェットは好きだけれど、「今使っているアイテムをそのまま使い続けることはできないか。今どうしても買い替えが必要なのか?」と考えて、すぐに飛びつくようなことはしない。

f:id:Sabosan8022:20220410171620p:plain

<収支把握>

お金の収支計算について、どんぶり勘定は嫌いで、毎日スマホアプリで家計簿をつけているし、何にどれだけのお金を使ったか、貯蓄状況はどれくらいかは常に把握している。 また、カード会社から毎月通知されるカードの利用金額は、EVERNOTEに保管して記録を確認するようにしている。

<借金やローン>
私は、クレジットのローン払いは利用しない。例外は、自動車を購入したときぐらい。とにかく他人から借金するというのが個人的に気持ち悪いので・・・。リボ払いもローン会社をもうけさせるだけなので、利用したことは1回もない。そういえば、大学の授業料の奨学金については、卒業後毎月返済していたが、ある時期に貯金を崩して一括返済したこともある。
<保険>
生命保険など最低限の保険には加入している(全労災)。毎月の保険料は夫婦合わせて6,000円ぐらい。なお、マイカーを所有しているので、年間6万ほどの自動車保険は毎年利用している。以前に自動車事故に遭遇した際は、400万円ほど支給されたので、大変助かったが・・・。
<宝くじ・ギャンブル>
子供の頃、父親が宝くじをよく購入していたが、全く当たらなかったのを目の当たりにしていた。その影響もあってか、私は宝くじというものを一度も購入したことがない。また、パチンコや競馬などのギャンブルにも一切手を出したことはない。
<金の貸し借り>
私は友人知人と金の貸し借りをしたことはないし、保証人を頼まれても断っている。このような頼まれごとはトラブルの元だと思うし、関わらない方がいい。
<投資>
どちらかいうと株主優待目的で現物株式をいくつか購入している。普段はほったらかしで、めったにチェックしないが・・・。あと、毎月3万円の積立方式で、積み立てNISAを利用中。
<貯蓄>
会社の財形貯蓄を利用して、給料や賞与から一定金額を天引きする方法で貯蓄に回している。基本的には老後資金対策。

f:id:Sabosan8022:20220410172350p:plain

 

<携帯電話>
キャリアは利用せず、IIJの格安SIMを利用中。家族4人の通信費が毎月4,000円程度におさまるので非常に助かっている。固定費はおさえるにこしたことはない。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

また購入するスマホはミドルスペックのAndroidで、最低2~3年は使用するようにしている。その間は新製品が発売されたとしても買い替えることはしない。

2.マネーリテラシーで性格判断!?

このような金銭感覚から私の性格もなんとなくイメージできるかもしれない。
  • ケチで貯蓄好き
  • 派手嫌いで堅実派
  • 浪費を嫌い、衝動買いはしない
  • ギャンブルはしない
まあ、このような金銭感覚になったのは、社会人になった時期が就職氷河期というのがあるかもしれない。当時の日本経済は不景気真っ只中で、豪華なバブル時代はすでに過去の出来事。そうなると、貯蓄体質になり、お金の使い方には慎重にならざるを得ない。
 
あと余談になるが、このようなマネーリテラシーは、非常に大切なので、現在の義務教育に取り入れてもいいと思う。

【転職】今年も桜と新入社員の季節が到来する/コロナ禍に入って若手社員の退職者が増加!?

珍しく寒さがまだ残っているが、桜が咲く季節になった。4月の新年度を迎えて、通勤電車の中でもスーツを着こなれていない初々しい若者たちを見かける。その胸中は新しい環境に希望と不安が満ち溢れているだろう。そういえば、自分がこんな感じだったのはいつぐらいのことだろう?

f:id:Sabosan8022:20220402202005p:plain

さて、自社にも新入社員が入社している一方で、社内イントラで発表される人事情報を確認すると、若手人材の退職も一定数見受けられる。気のせいか、コロナ禍に入ってから特に目立ってきたような・・・。コロナ禍で先行き不透明な中、「自分は本当にこの会社でこの仕事を続けていきたいのだろうか?」と悩める人が増えているのかもしれない。まあ、複数の転職経験がある私もかつては同じ思いを抱いたことがあるので、気持ちはよくわかる。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

一方で、私ぐらいの年齢になると転職はリスキーになってくるのも事実。さすがにノリで転職するわけにいかず、自分のキャリアとライフプランと生涯賃金とシビアに考慮せざるを得ない。まあ、ブログ用のネタとして、企業法務担当者の求人内容は時折チェックしているが、もし実際に転職した場合、年収ダウンはほぼ確実。とすると、家族持ちの私にとって転職するメリットはそれほどなく、経済合理的に考えれば、このまま定年まで在籍した方が生涯賃金的にはお得。もちろん、会社の業績が悪化すれば、そうも言ってられないが・・・。

しかし、IRで公開される自社の決算短信や有価証券報告書を確認する限り、自社は堅調な業績が続いている。さすがにこの年齢になると、仕事に夢やロマンだけを求めるのではなく、会社とは自分と家族が生きていくためのツールという現実も直視せざるを得ない。
 
だからといって、完全に守りの姿勢に入るのはプロのビジネスパーソンとしては失格。これからも、企業法務のプロフェッショナルとして、自分を高めていくという攻めの姿勢は持ち続けたい。

【書評】「サムライ資格という毒薬」福井識章(扶桑社)/士業を取り巻く環境が激変しつつあり!?

図書館で借りて一気読みしたのが意味深なタイトルのこちらの本。
本書は、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士などの士業について、業界の今後の方向性について問題を提起した一冊。著者は行政書士の資格者で、おおよその内容は以下のとおり。
  1. 「資格を取れば何かの役に立つかも」という安易な考えで、資格試験にチャレンジするべきではない。「資格を取れれば、一生安泰」という古い考え方はとうに終わりを告げている。大事なのは「資格をとること」ではなく、「資格をとって何をしたいか」である。
  2. ITやAIの進化が資格業者から仕事を徐々に奪いつつあるし、この動きはこれからも加速していく。
  3. 仕事のパイが減少した結果、士業同士でも隣接する士業の仕事に越権するケースが増加。このような縄張り争いが発生し、業界全体の問題になりつつある。
  4. 資格はあくまで「記号」に過ぎないので、自分自身の人間力で勝負するべき。
 
本書では、弁護士問題についても触れている。弁護士の近年の平均年収は減少傾向にあるが、その原因は法科大学院が新設された結果、供給過多になったから。法科大学院構想が登場した当初は、このような状況は、誰もが予想できなかったはず。
 
2.については、司法書士の場合、インターネットで調べれば、登記申請書のひな型はいつでも見られるし、私自身もそれを参考にして実家の抵当権抹消登記を申請したことがある。また、以前にも触れたとおり、商業登記に特化したリーガルテックがすでに登場している。
 
極論すれば、士業のビジネスモデルとは、ユーザーが持っていない知識やノウハウを切り売りするというもので、これらをネットやAIが代替えするようになれば、確かに大きな影響を及ぼすだろう。

 

 
私がかつて勤務していた司法書士業界の場合、景気が良かったのは1980年代のバブル絶世期~崩壊直後まで。当時は不動産もよく動いていたため、それに付随して登記のニーズがあり、業界全体も潤っていた。しかし、あれから40年が経過して、日本は人口減少社会に突入し、それに比例して住宅着工件数も登記件数も年々減少傾向にある。もちろんすぐにはゼロにはならないだろうが、今の状況から推測する限り、パイは徐々に縮小していくだろう。
 
あと、別に司法書士に限らず、士業というものは、独立してナンボだが、そのためには安定して仕事をくれる太い顧客が必要。私がかつて勤務していた司法書士事務所の経営者(すでに死去)は、金融機関や不動産会社の経営者との太い人脈を持っていたので、それを生かして仕事を継続的に受注していた。しかし、今の若手士業がそのような人脈を持つのは相当ハードルは高い。すると、独立するのは難しくなり、事務所勤務にならざるを得ない。ただ、(これは私が働いていた当時の状況だが)事務所勤務の場合、社会保険に未加入の事務所が多く、待遇面でいろいろ問題が多い。
例えば、私の知人には司法書士・社会保険労務士・行政書士の有資格者が何人かいるが、その大半は特に独立開業しておらず、保有している資格と関係ない別業界で一会社員として働いている者もいる。それだけ今の時代における士業の独立開業のハードルはそれなりに高い。
結局、私自身といえば、紆余曲折を経て上場企業において企業法務の仕事に従事している。結果として、それが自分にとってハッピーだったと思う。当時に今の自分は全く想像もできなかったけれど、人生とは本当に何があるかわからない。
 

f:id:Sabosan8022:20220403202711p:plain

 

【登山】京都の霊峰 愛宕山(京都市右京区)に登る/火伏のご利益がある愛宕神社を訪れる

先日、京都市右京区にある愛宕山(あたごやま)に登ってきた。今回はその様子を紹介したい。
 
愛宕山といえば、京都市内から一望できる山のうち、東の比叡山に対する西の愛宕山と言われるぐらい有名。標高自体は924mで堂々としている。

 
当日は、阪急電車の嵐山駅からバスに乗車して北に向かう。途中の渡月橋を抜けて15分ほどで登山口のある清滝に到着。このあたりはちょっとした集落があり、その合間を抜けて登山開始。

f:id:Sabosan8022:20220326163634j:plain

f:id:Sabosan8022:20220326163652j:plain

f:id:Sabosan8022:20220326163848j:plain

 

愛宕山に登ったのは、今回が初めてだが、きちんと整備された階段混じりの道が多く、それほどきつくはない。ただ、周囲は木々ばかりで、見晴らしは良くないのが残念なところ。ようやく5合目あたりを越えると京都市内や亀岡市内を見下ろせる場所がちらほらと。

f:id:Sabosan8022:20220326163840j:plain

f:id:Sabosan8022:20220326163728j:plain

 

 
途中で何度か休みを取りながら、そのまま頂上の愛宕神社を目指して登り続ける。そうして、登山開始から2時間ほどでようやく頂上の愛宕神社に到着。後から知ったけれど愛宕神社は、防火・火伏の神の総本山らしく、お札を買う参拝者も多いとか。

f:id:Sabosan8022:20220326163959j:plain

f:id:Sabosan8022:20220326163940j:plain

神社の内部を少し散策してから、お昼ごはんを食べて一服。帰りは、登りと違ってJR保津峡駅方面に向かって南に向かうルートをたどる。1時間ほどで下山して、別の集落に到着する。そこからさらに舗装された道路を1時間ほど川沿いに歩くと駅にたどり着く。行きと違って誰ともすれ違わず、川の音しか聞こえない静かな場所。

f:id:Sabosan8022:20220326164821j:plain

f:id:Sabosan8022:20220326164804j:plain

 
ちなみに、JR保津峡駅は、川の上に駅があるという全国でも珍しいタイプの無人駅。この川では、観光名物で有名な保津川下りが行われており、かなり昔に夫婦で体験したことがある。

f:id:Sabosan8022:20220326165549j:plain

f:id:Sabosan8022:20220326165544j:plain

 
今回の登山はこのような感じで4時間弱で終了。どちらかと言うと、私は見晴らしを楽しみながら山に登るのが好きなので、愛宕山は眺望がイマイチで残念。次回の登山に期待したい。
 
次回の登山はGWあたりを計画中。これから気候も過ごしやすく、登山にうってつけの時期が続く。次はどの山に登ろうか。
 

f:id:Sabosan8022:20220326170908p:plain

【プライベート】来月からスタートするGWの予定を計画中/有休と組み合わせれば10連休が実現!?

1.GWまであと1ケ月

早いもので、3月もあと少しで終わり。いよいよ来月からGWがスタート。ついこの間まで正月だったのに、月日がたつのは本当に早い。いつもこの時期になると、同じ事を考えてしまう。
 
さて、今年のGWは、4/29(金)からスタートする。5/2と5/6は平日だけれど、有休と組み合わせれば、なんと10連休になってしまう。そういえば、2019年のGWも並びが良くて10連休だった。その時は、家族4人で四国全県(徳島県~高知県~愛媛県~香川県)を車で観光し、最後は香川県の小豆島から車ごとフェリーに乗り入れて神戸まで戻った思い出がある。5泊6日の長期旅行だったが、コロナ前に行っておいて良かったと思う。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

kigyouhoumu.hatenadiary.com

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

さすがに長距離の移動なので、私と妻で交替で車を運転したが、旅行当時は大活躍したその愛車も同じ年の11月に自動車事故の被害に遭ってあえなく大破してしまう。まあ、命があっただけ不幸中の幸い。ちなみに、現在は事故後に購入した色違いの同型車種を使用中。

2.今年のGW はどう過ごす?

せっかくの10連休のGWなのに、どこも行かないのも少々もったいない。そこで、コロナウイルスの感染予防対策もきちんとした上で、以下の予定を計画中。
  • 家族で一泊旅行(淡路島あたり)
  • 日帰りまたは一泊登山(近畿圏のどこか)
  • 自宅で読書、映画、ゲーム三昧(ELDEN RING)

まだ未定だけれど、それなりに充実したGWを過ごしたいもの。

 

f:id:Sabosan8022:20220321200324p:plain

【IT】仕事メモをOneNoteに集約する/Windowsユーザーならば使って損はないデジタルノートアプリ

私が勤務する会社では、数年前からMicrosoft 365のサービスを導入している。これは一種のサブスク的なサービスで、Microsoft のOutlook、Word、Excel、Powerpoint、Yammer、Sharepointなど仕事に使用するアプリが利用できる。
 
せっかく会社が費用を負担しているのだから、これらを使い倒さないと損。ただし、非常に便利にもかかわらず、大半の社員が利用していないかわいそうな(?)アプリがある。それがデジタルノートのOneNote。
 
OneNoteはクラウド型の電子ノートブックで、テキスト・画像・リンク・電子ファイルなどを記録できる。例えば、私は次のような情報を記録している。
  • 社内イントラで公開された連絡事項
  • 仕事で使うメモ
  • WEBサイトの記事
  • 自社IRで公表された情報
  • 社内ファイルサーバーへのショートカット
OneNoteは、とにかく使い勝手がいい。Accessのように自動保存されるし、分類を決めることができるし、何より検索性が優れている。一種の雑記帳のように、仕事に関する情報をどんどん記録すればよい。このように、非常に優れたアプリにもかかわらず、知名度が低いためか(自社の情報システム部門もあまり社内発信していない)、社内でほとんど認識されていない様子。個人的には、非常にもったいなく感じていた。
 
そういえば、Windows10にはデスクトップ版のOneNoteがプレインストールされている。従って、OneNoteだけならば、Microsoft 365の利用者でなくても、使えると思う(私のWindows PCで確認済み)。
 
ちなみに、このOneNoteは、同じデジタルノートブックのEVERNOTEと競合しているが、私はこれらを公私別に使い分けている。具体的には、
  • 仕事用の情報➝OneNote(会社PC)
  • プライベート用の情報➝EVERNOTE(自宅PC・タブレット・スマホ)
という感じ。
職場のシステム環境などにも左右されるだろうけど、もしOneNoteを使える環境ならば、情報管理に役立つので、活用することをお勧めしたい。

f:id:Sabosan8022:20220319185852p:plain