企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【資格】ビジネス会計検定3級について

以前にも触れたとおり、私はリスクマネジメント部門に所属しているため、ある程度の会計リテラシーが必要になる。しかし、私は現在の会社に転職するまで、そのような機会がなく入社後非常に困ったものだ。 そこで、私は入社後、ビジネス会計検定3級を勉強して、苦労しながらもなんとかこれを取得したのである。簿記検定が決算書を作成する以前の知識を問われるのに対して、本検定は完成した決算書を読み込むための知識・スキルが問われる点に違いがあるといえる。この資格は3~4年ほど前に新設された新しいものなのだが、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」などの会計ブームに起因して創設されたようだ。受験者もそこそこ増えているようだ。 私のように、経理・会計担当者でもない普通の人の場合、いきなり会計本を読み込むのではなく、本検定にガッチリ取り組んで勉強すると、会計の簡単な仕組みがよくわかり、非常に効果的だと思う。私も以前は会計に苦手意識を持っていた。実際のところ、私は個人的にネット証券を通じて株式投資などを行っているのだが、投資先より決算時期ごとに送付される会計書類などはほとんど見ることもなく、ゴミ箱行きだったのだが、本検定に合格後、まじめにこれらを読んで確認するようになった(数字アレルギーの私にしてみれば、これだけでも大きな進歩である!)。おかげで与信管理業務もなんとか取り組めるようになり、感謝している次第だ。 今の世の中、会計リテラシーを身につけておいて損はしないと思う。興味をもたれた方はチャレンジしてみてはどうだろうか。以下に私が使用した参考書・問題集をあげておきたい。 blogram投票ボタン 1クリックお願いします!