企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【社会・経済】Windows 7の購入について

先日、Windows 7が発売されて、さかんに広告が打ち出されている。新たな機能が追加されており、使い勝手の良さがアピールされているようだ。しかし、私は購入については、もう少し様子を見ようと思う。というのも、つい2ケ月ほど前にWindows Vista搭載のノートパソコンを購入したばかりであり、今Vistaの新機能を覚えるのに一生懸命だからだ(笑)。また、XPの初期バージョンが発売された時のように大きなバグがあったら困るし、しばらくは様子見といきたい。 マイクロソフトも企業戦略として、我々ユーザーが既存OSに使い慣れた頃に新OSを市場に投入してくる。しかし、私はメール・ネット・ワード・エクセル等最低限のソフトが動けばいいというタイプなので、すぐに購入に飛びつくわけではない。また、私はシンプルが一番いいと思うので、ガジェットやエアロという新機能は、全く使用しない。デスクトップもクラシックに戻して使用している。私のような人間は、OSメーカーやソフトウェアメーカーには嫌われる客層であることは間違いないだろう(笑)。 blogram投票ボタン 1クリックお願いします!