企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【契約審査】特許権実施許諾契約書における対象特許の確認

1.ライセンスされる特許権の特定 メーカーに勤める法務担当者ならば、「特許権実施許諾契約書」の契約審査を行うことも多いだろうと思う。私は商社に勤めているが、自社はメーカー機能も有しており、また子会社にはメーカーも数社存在するため、この種の契約書を扱う機会もままあるのだ。「特許権実施許諾契約書」は、自社が有する特許権を第三者に使用することを許諾するにあたり、その取り扱いを定めるものである。当然ながら当該特許権を特定しなければならず、そのため、必ずといっていいほど、特許番号が記載されている。 2.特許庁特許電子図書館 この場合、私は特許庁のHPの特許電子図書館で特許公報を確認するようにしている。公報には、発明の名称、出願日、請求項、発明の明細などが明らかにされている。契約審査をより適切に行うためには、取引実態をできる限り把握しなければならないため、ざっとでもよいため、当該特許権を確認した方がよい。時間がなければ公報のフロントページだけでもいい。その上でライセンスされる特許権の概要をある程度把握した上で、契約審査依頼者に対して、①使用許諾の目的(=自社が獲得する利益)、②その対価、③実施許諾期間等をヒアリングするようにしている。 3.特許事務所勤務の経験 私は前々職を特許事務所の事務職として2年半ほど勤務していたこともあり、仕事上、特許庁のHPより特許公報等を頻繁にダウンロードしていたため、検索の方法・コツなども心得ている。当時は単純作業に辟易しながらその仕事を行っていたが、その経験が現在になって企業法務担当者を務める私にささやかではあるが、思わぬ形で役立つことになっている。 人生本当にわからないものである。 blogram投票ボタン 1クリックお願いします!