企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】ジョン・レノンミュージアムの閉館について/10年前の一人旅の思い出

1.意外なニュース 先日、ニュースサイトを見ていたら、埼玉県にある「ジョン・レノン ミュージアム」が9月末をもって閉館するというニュースがあり、驚いた。公式HPにもその旨は記されており、間違いないようだ。 http://www.taisei.co.jp/museum/news/news/100204.html 実は、私は10数年ほど前の夏に一人旅で関東~東北~北越を旅行したことがあり、ジョン・レノン ミュージアムにも足を運んだことがあるのだ。当時はビートルズにハマりだしたこともあり、一度彼の足跡をたどってみたいと思い、足を運んだ。彼の愛用したギター等も真近で見ることもできたので、行って良かったと思う。今回の閉鎖は非常に残念だが、ジョン・レノンの人生、功績、足跡を日本人に知らしめたということで、その役割は十分に果たし終えたのではないだろうか。関係者の方には、改めてお礼を申し上げたい。 2.それをきっかけに10数年前の回想へ それをきっかけに、私は一人旅のことを久しぶりに思い出してしまった。当事の私は、司法書士事務所に勤めており、その年の司法書士試験が終わりほっとしていた。そこで、息抜きに旅行を計画していたのだが、当時は友人が東京と山形に一人暮らししていたため、有給休暇を取得して利用して9日間の旅行に出かけたのだ。交通費節約のため青春18切符を利用しての一人旅である。所持品は現金10万円とリュックサック、着替え、MDウォークマン、そして時刻表である。 その旅行日程は確か以下のとおりだったと記憶している。 <1日目> 「青春18切符」で早朝に大阪を出発し、夕方に東京駅にて中学時代の友人と待ち合わせ。さすがに在来線での大阪→東京はキツかった(若かったからこそできた)。新宿において焼肉を食べて友人宅で宿泊。 <2日目> 友人と埼玉県のジョン・レノン ミュージアムへ。友人宅で宿泊。 <3日目> 東京より仙台へ。仙台駅付近をブラブラしてカプセルホテルで宿泊。 <4日目> 仙台~盛岡~青森。駅前のビジネスホテルで宿泊。 <5日目> 青森駅を散策。駅のすぐ後ろが海で非常に気持ち良かった。もっとも、この頃になると店員さんを除いて人との会話が全くなく、非常に孤独感を感じていた…。 <6日目> 青森駅からバスに乗って十和田湖へ。 そこから日本海に抜けてJRで秋田駅に到着。当日は宿がとれず近くの公園で野宿しようかと思ったのだが、あまりの寒さに断念し(8月といえども東北の夜は冷える)、やむなく駅東側のモーテルにて宿泊(笑)。一人で寝るのに、広いベッドがなにやらやるせなかったなあ…(^_^;)(泣)。 <7日目> 旅行の疲労がたまっていたため、モーテルに昼頃まで爆睡。そして、秋田から山形県鶴岡市へ。当時は高校時代の友人が薬剤師として勤務しており、快く泊めさせてもらった。 <8日目> 友人とショッピングモールにてS・スタローンの映画「ドリブン」を鑑賞後、地元の温泉を満喫。私は当時初めて、ショッピングモールというものを見て、その巨大さに驚いた記憶がある(当時はまだ珍しかった)。また、後で知ったのだが、鶴岡市は「蝉しぐれ」「たそがれ清兵衛」で著名な作家 藤沢周平の出身地であり、作品の舞台にもなった場所である。従って、もう少し時間をかけてゆっくり観光すればよかったなあ、と後悔している。 <9日目> 鶴岡~大阪へ。前日に青春18切符の枚数を使い切っていたので、特急で大阪に帰阪したのであった。 3.そして、現在 というわけで、東日本を一人で旅したのだが、いろいろあったが私にとって非常にいい経験だった。自分というものを改めて考えるよい機会なったからだ。同時に司法書士試験の受験継続について真剣に考えはじめ、やがてそれは転職への契機となる…。従って、もし、この旅行がなかったら、今の私はなかったかもしれない。そして、このようなブログを始めることもなかったかもしれない。それほど、私にとって人生を転換点ともいえる旅であった。 現在、私は結婚しており、子供もいるため、一人旅というものは当然無理だが、もし、定年退職になり自分の時間を十分持つことができたならば、もう一回やってみたい、と考える今日この頃である…。 「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村