企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【情報整理】情報リテラシーの重要性/現代ビジネスマンには必須の能力

1.NIKKEI NETの特集より 私は、FireFoxのトップページにはNIKKEI NETを設定しているのだが、以前より「情報の力を生かして現状打破」という特集記事が公開されているため、定期的にチェックしている。 http://www.nikkei.co.jp/ps/epson_business/05/ インタビュアーが、ビジネスマンが情報とどのように接していくかについて著名人(レバレッジシリーズで有名な本田直之氏も含まれている)と対談を行うというシリーズもので、最近完結したようだ。もっとも、本特集は某メーカーがスポンサーを務めているせいか、当事者が対談した後、最終的には製品広告に落ち着くというお決まりのコンセプトなのだが、対談の中には以下のようになかなか参考になる発言があったため(特に小見出しの箇所)、知的資産とするべく手帳にメモした次第だ。
・常に問題意識を有する人だけが、情報から何かを思いつく ・十分なインプットなくしてアウトプットにはつながらない。 ・知識だけではなく、想像力・独創性・問題意識があってこそ、インテリジェンス(仕事で生かせる情報)となる。 ・情報を発信する側は、本質を語ることが大切である。 ・街や家庭で得られる情報が蓄積されると、必ず仕事で生きる。 ・情報集めに時間をかけることは、意思決定というリターンを得るための一種の投資である。
2.情報リテラシーの重要性 ビジネスマンにとって「良質の情報をできる限り多く取得し、」「様々な観点から分析を行い、」「新しい情報として加工または新しく作成し、」「他者が理解できるようにわかりやすく発信する」という能力は非常に重要なスキルである。 それを向上していくためには、自分なりに「情報とどのようにして付き合っていくか?」というルールを決めて、反復継続していく作業が必要となるのだが、本ブログでもそれについて発信していきたい。 「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村