企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【動画】親子共々「きかんしゃトーマス」にハマっています

以前の記事で正月休みに家族でとプラレール博に行ったことに触れたように、現在、私の息子は、電車のおもちゃに目がない。中でもお気に入りが「きかんしゃトーマス」である。子供が産まれる前から知ってはおり、トーマスの顔を見て、「なんかリアル過ぎて、気持ち悪いなあ」と思っていたものだが、息子と一緒にDVDを観始めると自然とかわいく感じてくるのが不思議なところだ。 この話は、架空の島ソドー島を舞台に、話すことができる機関車や車、ヘリコプターと人々の交流を描いたものであり、その根幹には「仕事の大切さ」が置かれている。主人公と仲間たちが様々なトラブルを切り抜けながら、人々の役に立つために協力して仕事を行っていくという流れなのだが、暴力的なシーン等は全くなく子供と一緒に安心して観ることができる話である。原作はイギリスの絵本なのだが、鉄道模型を使った実写映像のような形でそのジオラマなども非常に精巧にできている。貨車や建物が潰れるシーンもよくあるのだが、気持ちがいいぐらいに派手にやっており、非常に完成度が高い。 おもちゃも様々なシリーズが発売されており、息子のお気に入りは、木製レールシリーズである。テレビでそのキャラクターが登場すると、おもちゃ箱にそのキャラクターのおもちゃを取りに行って、場面に合わせて無邪気に遊んでいる(笑)。また、劇中に流れる歌を子供が歌っているのだが、それもお気に入りらしくじっと聴いている。 そのようなわけで、我が家ではほぼ毎日トーマスのDVDが流れているのである。息子の好みがいつまで続くかわからないのだが、今しばらくこのキャラクター達と付き合っていきたい。 「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村