企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【動画・映画】「劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) -A wakening of the Trailblazer-」

私は子供のから御多分にもれず「ガンダム」アニメが好きで小中学生の頃はプラモデル作りに熱中したものである。さすがに結婚して子供も二人設けた現在となっては、それどころではないのだが、最新アニメシリーズの「ガンダム00」はリアルタイムで観ていた。しかもファーストシーズン放映中は転職活動時期~自社への入社時期と完全に重なっており、大変忙しく過ごしていた時期でもあるため、個人的にも思い入れがある作品だ。従って、毎月1日は、映画が1,000円で鑑賞できる日であり、早速仕事帰りに(スーツ姿のまま)映画館で本作を観てきた。 ガンダム映画といえば、小学生の頃には親と「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」を、そして4年ほど前には司法書士の友人と「機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛」を鑑賞したことがある。今回は、仕事帰りということで一人だったのだが…。さて、Yahoo映画の掲示板のユーザーレビューを読むと、高く評価している人、そうでない人の差が激しいようだ。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id336237/ 確かに、それくらい賛否の別れる内容だと思う。なぜならば、なんと、ガンダム史上初となる「異星体」が地球圏に突如現れ、主人公達と戦闘を繰り広げるというストーリーなのである!今までガンダム世界の構図はあくまで人間同士の戦争や紛争を描写したものであり、このストーリーにはかなり面食らってしまった。TVシリーズの最終シーンからてっきり木星から新種のイノベイドが攻めてくるストーリーなのかな、と予想していたのだが…。しかし、あえて個人的な見解を言わせてもらえば、私はこれはこれで良かったのではないかと考える。確かに歴代シリーズ中において全く取り扱ったことのないテーマに正面から取り組んでおり、かなり異色なのだが、単なるドンパチ物のストーリーで終わるより、「他者と分かり合うことの大切さ」を明確なメッセージとして示す方が「00」らしくて良かったのではないかと…。また、エンドロール後の主人公とヒロインの邂逅シーンは非常に印象的で私も静かに感動してしまった(正直言ってこのシーンのおかげでかなり救われた)。 テレビシリーズを観たことがある人ならば、本作を観る価値はあると思う。レンタルが開始されたら私も再度鑑賞することとしたい。 http://www.gundam00.net/ 「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村