企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【手帳】来年の手帳を「ジブン手帳」に切り替える/自分に新しい変化を引き起こすために

早いもので10月の下旬に差し掛かり、そろそろ来年の手帳やカレンダーを準備しなければならない時期となった。いつもの私ならば、来年用のシステム手帳のリフィルを購入しているところだが、先日自分で書いた記事がひっかかっている。「人生を面白くするためには積極的に変化することが大切」というもの。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

もともと、これまで使用していたシステム手帳のリフィルは、書くスペースが小さくて、若干ストレスを感じていた。そこで、いろいろ考えた上で、思い切って来年に使用する手帳を一新することにした。それがこちら。 

www.kokuyo-st.co.jp

そう、手帳市場で「ほぼ日手帳」と人気を二分するコクヨの「ジブン手帳」だ。実は、以前より評判が良いという話は聞いており、関心を抱いていた。ジブン手帳の主な特徴は以下のとおり。 

  1. スケジュール管理「DIARY」、人生を記録する「LIFE」、アイデアを記録する「IDEA」の3冊で構成されている。特に「LIFE」には自分の人生年表を書くことができて、これまでの人生を振り返るのに役立つ。
  2. メインの「DIARY」は、年間・月間・週間などオーソドックスな構成だが、バーチカルで表記されている週間予定が非常に充実しており、使いやすそう(当日の天気や食事まで記録できる)。
  3. レイアウトや大きさなど様々なバリエーションが発売されており、ユーザーは自分の好みに応じて使い分けることができる。

私が購入したジブン手帳は12月スタートで、現在、システム手帳から移行準備を進めているところ。少なくとも今後1年間は使用するつもりだが、もしかしたらシステム手帳の良さを思い出して、再びこちらに戻ってくるかもしれない。しかし、それはそれでも良いと思う。その目的は「マンネリを打破し、変化を求めること」にあるからだ。

というわけで、12月から新しい「相棒」と付き合ってみようと思う。