企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【歴史】日本三大山城のひとつ「岩村城」を訪れる/連続テレビ小説のロケ地にもなった古い城下町

先日、用事で名古屋に一泊する機会があった。その翌日は休みだったが、そのまま帰るのはもったいないので、岐阜県恵那市岩村町を訪れることにした。目的地は、日本三大山城・日本百名城のひとつに数えられる岩村城。 

当日はJR名古屋駅を午前8時に出発して、岐阜県恵那市に向かう。在来線とローカル鉄道(明智鉄道)を乗り継いで、2時間ほどで岩村駅に到着する。

駅から出ると周囲を山々に囲まれた風情のある町並みが広がる。かつて城下町であった古い町並みを通って岩村城の方角に向けてぶらぶらと歩く。この岩村は2018年に放映された連続テレビ小説「半分、青い」のロケ地にもなっており、ところどころにポスターが貼ってあった。 

まるで昭和のような雰囲気を感じさせる小さな町を15分ほど歩くと、観光案内所に到着。そこでおみやげと岩村城の御城印を購入する。

そのまま坂道を上ると岩村歴史資料館があったので、少し寄り道してから、本丸を目指して山道を登り始める。その途中には一の門・曲輪・六段壁などの貴重な遺跡が残されていた。

そして、登城開始からようやく岩村城の本丸跡に到着。木々にさえぎられてそれほど見晴らしは良くなかったが、パワースポットを訪れた結果、何かのご利益があるかもしれない(?)

しばらく休憩してから下山し、城下町を通って岩村駅まで戻る。その時点で12時を過ぎていたので、近所の店で、五平餅(クルミと味噌であえられた団子)という郷土料理を食べて一服する。

五平餅をたらふく食べてから、明智鉄道とJRを乗り継いで名古屋まで戻り、新幹線で帰阪した。このように、岐阜の山奥で秋の涼しい風を感じながら、知らない土地を散策するのもなかなか楽しい。