企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【その他】2019年の出来事を大晦日に振り返る/今年もいろいろありました

早いもので、本日は大晦日。2019年も残りわずかとなった。今年もいろいろな出来事があったが、改めて振り返ってみたい。 

<1月>
私は、ASUSのZenfone3(SIMフリー)を使用していたが、正月休みに HUAWEI のNova3に変更した。HUAWEI は米中関係の悪化の影響で様々なニュースで取り上げられたが、個人的にはこのデバイスは非常に気に入っている。Googleの問題がなければ、次の機種も HUAWEI を使いたいと考えているが・・・。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<2月>
東京出張の際、泉岳寺のビジネスホテルに宿泊。チェックアウト前の朝の散歩として、近隣の泉岳寺を散策して、赤穂浪士のお墓参りをした。歴史ファンである私としては、一度は訪れたいと思っていた場所。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<3月>
「ドラゴンランス」は、私が学生時代の頃に愛読したファンタジー小説。しかし、単純な善悪物ではなく、複雑な人間関係が織りなす人間ドラマは、大人にとっても楽しめる。その名作が電子書籍として復活したのは、うれしいニュース。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<4月>
内閣府から5月からの新元号「令和」が公表された。菅官房長官がマスコミの前で令和が書かれた額縁を掲げたシーンは今年一番注目を浴びたニュースだろう。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<5月>
新天皇即位により今年のGWは10連休という超大型連休となった。二度とこのようなチャンスはないと考えて、車で四国一周の家族旅行を敢行。5泊6日の車旅で徳島~高知~愛媛~香川の四県を巡ったが、最後は小豆島から車ごとフェリーに乗車して神戸まで帰るというハードな日程。 これはこれで家族の良い思い出になった。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<6月>
6月上旬に日本百名山である伊吹山(滋賀県)に登る。あいにく山頂に到達した直後に霧が出てきて、風景を楽しむことはできなかったが、途中途中で見下ろした琵琶湖や山々の風景はやはり圧巻だった。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

さらにブログを始めて丸10年が経過する。まあ、それほど更新頻度は多くないけど、ブログを始めても途中で挫折する人が少なくない中で、ここまで継続できたのは、ありがたいこと。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<7月>
東京に出張した翌日が休みだったので、それを利用して千葉県を観光する。目的地は小京都と呼ばれる大多喜で、ローカル鉄道(小湊鉄道・いすみ鉄道)を乗り継いで、房総半島を横断した。その後9月に台風15号が千葉県を直撃して、大多喜にも大きな被害が発生したというニュースを耳にして驚いたもの。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<8月>
徳川家康と縁が深い岡崎城(愛知県)・浜松城・掛川城(静岡県)を一日で回る。初めての御城印を入手するなど思い出深い旅行となった。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

また、鹿児島も訪れて明治維新の足跡をたどりつつ、桜島まで渡ったのも良い思い出。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<9月>
北九州の関門海峡を見下ろすことができる風師山に登る。絶景をひととり堪能し、博多まで戻って温泉で汗を流してから、駅地下で食べたもつ鍋がおいしかった。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<10月>
この時期になると、翌年の手帳が店頭に並びはじめる。私は長年にわたってシステム手帳を使用していたが、コクヨの「ジブン手帳」に切り替えることにした。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<11月>
HUAWEI の8インチタブレットを新たに購入する。通勤や出張時に電子書籍を読む機会が増えたからだ。大きさも8インチでそれほどかさばらず、買ってよかった。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

<12月>
大宰府の九州国立博物館で開催されている「企画展 三国志」を訪れる。今回の企画展では、曹操の墓から出品された貴重な遺物などが展示されており、わざわざ福岡まで出かけた甲斐があるというもの。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

来年はいよいよ東京オリンピックが開催されるわけで、日本にとっても節目の年となる。私にとって最大の関心事は、4月施行が目前となった民法改正だ。企業法務担当者にとって「腕の見せ所」になるわけで、しっかりとやっていきたい。

f:id:Sabosan8022:20200802220709p:plain