企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【歴史】Sabosanの東北漫遊記2020 その2(盛岡編)/雪解けが残る城下町と開運橋を散策する

前回の続きで、東北編の2回目。 
 
次に訪れたのは、岩手県の盛岡。JR盛岡駅に到着してから東に向かって歩くと10分ほどで「開運橋」という縁起の良い名前の橋に到着。  

開運橋自体は、それほど大きい橋ではないが、秋には鮭が産卵のため、川をさかのぼる光景が見えるという。橋の上で立ち止まると、遠くに雪景色で覆われた岩手山が見える。これもなかなか風流・・・。

開運橋といえば、昨年11月に紹介した小説「終わった人」(内館牧子)の終盤において、主人公が故郷の盛岡に帰郷した際、この橋を渡るというシーンがある。その時は、まさか自分自身が実際に訪れるとは夢にも思わなかったが・・・。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

さて、そのようなことを考えながら、さらに20分ほど歩くと盛岡城跡公園に到着。 

前日に訪れた会津若松の鶴ヶ城と違って、天守閣は復元されているわけではなく、幾重もの石垣だけがそのまま残っているだけ。しかし、石垣に積もった雪景色が東北らしい重厚な印象を与えてくれる。あたりを散策しつつ、すぐ近くにある歴史文化館を訪れる。こちらでは盛岡藩を治めた南部家の治世が紹介されている。残念ながら御城印は販売されていなので、代わりに裏手にある櫻山神社で御朱印を購入した。 

その後、ぶらぶらと歩いて駅の方まで戻る。そのまま東北新幹線に乗るのも味気ないので、駅近くの店でご当地グルメの冷麺と焼肉のセットメニューを食べる。これも旅の思い出だ。

次回は宮城県白石市を訪れた様子を紹介したい。

f:id:Sabosan8022:20200830193325p:plain