企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【ゲーム】 “The Game Awards 2019”で大賞を受賞した「SEKIRO/SHADOW DIE TWICE」をプレイしてみた/こんな難しいゲームをよく発売できたもんだ

少し前のニュースとなるが、昨年12月にその年のベストゲームを選ぶThe Game Awards 2019において、「SEKIRO/SHADOW DIE TWICE」(フロム・ソフトウェア)が大賞を受賞した。これは2017年の「ゼルダの伝説  ブレス オブ ザ ワイルド」以来の快挙となる。

www.famitsu.com

実は、このニュースを目にするまで、「SEKIRO」の事はあまり知らなくて、調べてみると、評判がすこぶる良いので、俄然興味を持った次第。 

新型コロナウイルスの影響でどこにも遊びにいけないことだし、「ちょうど暇つぶしにいいか。ゼルダの伝説より少し難しい程度だろう」と軽く考えて本作を買ってみた(後になって、それが甘い見通しであることを身をもって体感する)。結論から言うと、本作は、鬼のように難しい。難しい過ぎる。どうみても初心者向けではない!

 

例えば、ザコといえども油断していると、大ダメージを受けたり、複数で囲まれて攻撃されると瞬く間に倒されてしまう。そして、極めつけがストーリーの要所要所で登場するボス。初めて戦って、1回で勝つのはまず不可能。何度も何度もトライして負け続けて、相手のクセや弱点を見つけ出して、やっと勝てるというぐらいのキツさ。この絶望感はプレイした本人にしかわからないと思う。例えば、今まで私が対戦して苦労しながら撃破したボスを紹介しよう。 

<赤鬼>
序盤の難敵で、油断しているとあっという言う間につかまれて、崖下に投げられてしまう。この敵に勝つには、あらかじめ別ルートで、 火吹き筒というサブウェポンを入手しておくことが必須。私の場合、20回ほどトライしてなんとか倒した。

<まぼろしお蝶>
主人公の元師匠らしいが、過去世界に戻った際になぜか戦うことになる。このボスは動きがすばやく、油断しているとあっという間に大ダメージをくらって瞬殺されてしまう。さらに後半段階になると、複数の亡霊を呼び出して、プレイヤーを襲わせるという鬼畜な戦法を用いてくる。心が折れそうになりながらも50回ぐらいトライしてようやく撃破。

<葦名弦一郎>
本作のラスボスだが、ストーリー中盤で一度戦うことになる。この敵も一回のダメージが大きく、刀や弓矢を織り交ぜる上、後半段階になると雷を召喚して襲ってくる。これにも相当苦労させられた。YouTubeで攻略動画を何回も見て、50回ほどトライしてなんとか撃破。 

こう何度もボスにやられると、プレイするのがいやになるくらいだが、それだけに何度も負け続けた後に撃破した時の爽快感はひとしお。この落差が本作の一番の特徴かもしれない。断言するが、このゲームは攻略サイトや攻略動画を見ないと、絶対にクリアできない。この恐ろしいまでの難易度はゼルダの伝説の比ではない。 

kamigame.jp

現在、ようやく中盤を過ぎてストーリー後半に突入したところだが、最後まで到達できるかあまり自信がない。まあ、しばらくは「巣ごもり生活」が続くことだし、気長に進めていこうと思う。 

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4

  • 発売日: 2019/03/22
  • メディア: Video Game