企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【アプリ】Microsoft To Doを1年間使用した感想/ Wunderlistの「後継者」として十分な実力あり

私は、日々のタスク管理には手帳やスマホのアプリを並行して使っているが、リピートして処理するタスクには後者をメインで活用中。そのアプリとして、かつて愛用していたのがWunderlist。非常に完成度が高く、評判も良かった良質アプリだ。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

しかし、その高い技術力を評価されたのか、Microsoftが運営会社を買収してしまった。そして、おそらくWunderlistのノウハウが用いられて、Microsoftから新たにローンチされたのがこちらのアプリ。

 
Microsoft To Do
Microsoft To Do
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ
 
 
 
 
 
 
あれから1年が経過。
 
最初は、なんとなく違和感を感じていたが、Wunderlistをベースにしているだけあって、ユーザーインターフェースにWunderlistらしさが残っており、すぐになじむことができた。こうして、Wunderlistを経てMicrosoft To Doを使ってみると、両者は驚くほど類似している。
  • 同期もスムーズで、バグとは無縁
  • 様々なプラットフォームで使用可能
  • 繰り返し設定が可能
  • メモを記入したり、ファイルも添付できる
  • 無料で使用可能
 

f:id:Sabosan8022:20210717191616j:plain

f:id:Sabosan8022:20210717191621j:plain

 
従って、このアプリは、初級者~上級者を問わず、スマホでタスクを管理したい人には安心してお勧めできる。Microsoftから提供されているだけあって、他社に買収されて、サービスが終了されるおそれもないだろう。 

f:id:Sabosan8022:20210717192001p:plain