企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】モデルナワクチン(2回目)を接種する/副反応で体温が38.9度まで上昇!

先日、地元の公共施設で新型コロナウイルスのワクチン(モデルナ)を接種してきたので、その様子を紹介したい。

f:id:Sabosan8022:20210814155930p:plain

1回目を接種したのは7月上旬で、その時は1~2日間ほど左腕が軽く痛んだぐらいで済んだ。しかし、2回目の場合は個人差はあるが、副反応がかなりしんどいと知って少し不安を覚える私。そこで、念のために次のアイテムを準備して接種に臨んだ。 
<当日13:30>
接種会場に到着すると、係の人の誘導に従って、そのまま指定コーナーでワクチンの接種を済ませる。その後15分ほど待機してからすぐに帰宅する。会場に滞在したのは、正味30~40分というところか。
 
<当日14:30>
自宅で安静。この時点では特に不調はない。
 
<当日16:00>
次第に注射を受けた腕付近が痛くなってくる。体温は36.6度まで上昇。
 
<当日23:00>
少し早いが、早めに就寝する。体温は37.7度まで上がり、次第に倦怠感が出てくる。解熱剤を飲んですぐに就寝するが、寒気で夜中に何度も目が覚めてしまう。長袖のシャツに着替えて、水分補給をしっかりととる。
 
<翌日9:00>
発熱で少しふらふらするが、布団から出て、安静にして過ごす。体温は37.7度。食欲はないので、事前に用意していたビタミンゼリーを食べる。
 
<翌日13:00>
体温は38.9度まで上昇し、頭痛と寒気がひどい。解熱剤を飲んで横になって安静にしておく。この時間帯が一番きつかった。
 
<翌日20:00>
体温は36.5度まで低下し、多少の倦怠感は残るが、頭はクリアになってくる。
 
<翌々日7:00>
体温は36.2度。少しふらつくが、日常生活には支障はなさそう。
 
このような感じで、2回目のワクチン接種は無事に終了。今は完全に体調が元通りになって、このようにブログを書いているが、「2回目接種後の副反応はかなりキツい」という事実をわが身をもって実感。従って、これからワクチンを受ける人は、
  • 接種日の翌日(できれば翌々日も)まで仕事を休み、安静にしておく。
  • 解熱剤やゼリーなどを事前に用意しておく。
  • 寒気対策として、長袖シャツや分厚い毛布などを用意しておく。
 などをお勧めしたい。