企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【スマホ】NHK「ドキュメント72時間 スマホと歩む人生は」/ガラケーからスマホへの変遷を振り返ってみて

1.携帯ショップで垣間見える人間模様

4月22日に放映されたNHKのドキュメント72時間で新宿にある大型携帯電話ショップ(au系列店)の3日間の様子が紹介されていた。
 
機種の買替えや修理などで訪れる人たちの様子が紹介されており、スマホに対する様々な考えが興味深い。特に印象的なシーンが3月31日のauの3G回線の終了にともなってガラケーからスマホに機種変更した40代の男性。その人は長年にわたりガラケーを使い続けていたが、奥さんの勧めもあって、しぶしぶスマホに変更するため、店舗を訪れたという。

2.私の最後のガラケーとは

そのシーンを見ていて、ふと思い出したのが私が最後に使っていたガラケー。私はソリッドなデザインの京セラ製のガラケーが好みで、au時代にで4~5台ぐらい使っていただろうか。記憶を頼りに自宅の押し入れを探してみたところ、最後に使った京セラのK009と充電器を発見。なんとなく処分できずに保管していた。
 
久しぶりに充電して電源をONにしてみると、きちんと起動した!もちろん通話はできないが、ワンセグは健在で、今でもテレビを鑑賞できるのは驚いた。スマホでは、テレビ放送を見ることができないので、考えようによっては、災害時の情報収集用として、ワンセグケータイを自宅に置いておくのも良いかもしれない。

 

私がガラケー(K009)から格安SIMのスマホ(iPhone6)に切り替えたのは、2014年9月頃。その後、ASUSやHUAWEIなどのAndroidスマホを使い続けて、現在に至る。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

早いもので、あれから8年が経過してすっかりスマホライフが板についた私。こうなっては、スマホがない生活に戻ることはできない。それは私だけではなく、世の中の大半の人がそうだろう。ただし、私としては、スマホに全面的に依存するのではなく、あくまで一つのツールとして利用するだけ。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

iPhoneやAndroidの登場によって、ガラケーを製造していた国産メーカーの存在感は大きく低下し、もはや外国メーカーの独断場といえる携帯電話業界。よもや10年前には、このような状況は想像すらできなかった。過去のガラケー時代を知る私からすれば、「世の中は大きく変わったなあ」としみじみ。

 

携帯電話に限らず、これからも様々な分野で世の中は大きく変化し、それにともなって会社の興隆や衰退が起こるに違いない。個人も会社も生き残るためには、この変化の波に乗るしかないのだろう。