企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】オンキヨーから議決権行使のお礼が到着/ありがたく使わせて頂きます♬

昨年6月にオンキヨーの株主総会の招集通知について触れた。
その後に開催された株主総会に対して議決権を行使した結果、事前のお知らせどおり謝礼としてQUOカード(500円分)が我が家に送られてきた。

 
1年近く前の出来事なので、すっかりその事を忘れていたが、ありがたく使わせてもらうことにしよう。オンキヨーの経営状態は大変なのに、このような事をしてもらって申し訳ないような・・・。

さて、そのオンキヨーは、昨年8月1日をもってジャスダックを上場廃止となった。これからは再建を目指していくだろうが、すでに主力事業を身売りしているので、今後の先行きは相当厳しいのでは・・・?そういえば、某電機メーカーに勤務する友人に聞いた話だが、過去に技術者の採用を行ったところ、オンキヨー出身者が多数応募してきたらしい。その当時から経営不振は徐々に顕在化し、人材の流出はすでに始まっていたのかもしれないし、現在も流出は続いているだろう。

 
そういえば、この10年間を振り返ると、近年の急速な環境変化の影響で業績悪化に苦しんでいる電機メーカーは数多い。例えば、関西圏を本拠地にしている会社の場合、以前にもネタにした三洋電機、シャープ、船井電機、そしてオンキヨーなどが思いつく。
これらは、過去に企業法務担当者の中途採用に応募を検討したり、実際に応募したが、落とされた会社。もし、私が入社していたら、今頃さぞかしエライ目にあっていただろう。今となっては複雑な心境・・・。
 
ただし、これだけ環境変化が激しい世の中になると、もはや先読みは本当に難しい。「変化に対応するためには自らが変化するしかない」と言われるが、厳しい時代になりつつあると感じる今日この頃。