企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【旅行】Sabosanの淡路・徳島漫遊記 その1/GWに家族4人でオノコガルドを巡り大魔王ゾーマを倒す!

1.オノコガルドを四人パーティで巡る旅

今年のGWが始まった。先日、紹介したとおり、我が家では連休前半に淡路島(兵庫県)・徳島方面に一泊旅行をしたので、その様子を紹介したい。
当日は、車で明石海峡大橋を渡って淡路島に移動する。目的地は、2021年5月にオープンした淡路島北部にあるニジゲンノモリ ドラゴンクエストアイランド。

 
 
この体験型アトラクションの概要は以下のとおり。
  • プレイヤーは戦士・武闘家・盗賊・魔法使いから職業を選択して、最大4人までのパーティを結成する。全員が入場時にもらえる「冒険者のしるし」というデバイスを持参して、フィールド内を移動する。最初にこのデバイスに自分の名前を登録しておくと、移動やイベントのログが記録され、アトラクション終了後は持ち帰ってもOK。
  • フィールド内にあちらこちらに配置されたモニタ式の端末に「冒険者のしるし」を接触させることで、情報収集やバトルをこなし、ストーリーを進めていく。最終目的はラスボスの大魔王ゾーマを倒すこと。

 


www.youtube.com

 
私たちが訪れたGW初日は運悪く全国的な雨模様。当日はレインコートを身に着けて、ずぶ濡れになりながらフィールドのあちこちを移動する羽目に。その苦労が報われたのか、なんとか大魔王ゾーマを撃破!クリアまでおおよそ2時間ぐらいといったところ。
そして、おみやげを購入してから、カフェ(ルイーダの酒場)で休憩。お値段は少しはるが、キャラクターをイメージしたランチを食べる。
 
なお、アトラクションが終了した後は出口で写真撮影を行い、その写真とキャラクターが表示された冒険の書(?)をくれる。まあ、いろいろ仕組みが考えられていると感心。

 
ちなみに、ドラクエアイランドから隣の施設が見えて、なにやら巨大なモンスターの頭部が。すわ!もしやゾーマ撃破後の裏ボスか!?・・・と思ったらそうではなく、隣のアトラクションの施設に設置されたゴジラの頭部だった。プレイヤーはこの中に乗り込んでいくのだろうか。しかし、なんとも大がかりだ。

2.私のドラクエプレイ記録

余談になるが、子供の頃に遊んだドラクエについて、振り返ってみたい。私がプレイしたドラクエのシリーズは以下のとおり。
  • ドラクエⅠ・・ファミコン版をクリア。週刊少年ジャンプでこのゲームの存在を知って購入した記憶あり。攻略本も発売されていたような。
  • ドラクエⅡ・・ファミコン版をクリア。ラストダンジョンの難易度が相当高くて苦労した記憶がある。
  • ドラクエⅢ・・ファミコン版をクリア。ロト三部作の最終作で、主人公がⅠの祖先という設定には驚愕。
  • ドラクエⅣ・・ファミコン版をクリア。物語が5章で構成されており、それぞれ主人公が違う。真打ちの主人公は第5章で登場し、第1章~第4章のキャラクター達が仲間として合流する展開には当時胸が熱くなったもの。個人的には一番思い入れがある作品。
  • ドラクエⅤ・・・スーファミ版をクリア。主人公の子供時代からスタートして、青年時代を経て結婚した後に妻と子供とパーティを結成するという大河ドラマ的なストーリーは秀逸の一言。
 
なお、私はドラクエⅥ以降はプレイしていない。なんとなくRPG特有のザコ敵を倒してレベルを上げるという作業が苦痛になって、RPGから次第に疎遠になってしまった・・。あと、先日亡くなったすぎやまこういち氏が作曲した音楽は好きで、特に思い入れのあるドラクエⅣのオーケストラCDを購入した記憶がある。

 

さて、ドラクエアイランドでたっぷり遊んだ私たちは、淡路島を大きく南下して、四国に渡って徳島で一泊する。その翌日は徳島近辺を観光したので、その模様は次回にでも。