企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【行楽】生まれて初めて梅田スカイビルの「空中庭園展望台」に登る/昨年に引き続き「こどもの日チャリティイベント」に参加しました

1.GW向けの子供向けのイベント 今年もGWもあっという間に終わってしまったが、私は息子を連れて大阪梅田の新梅田シティにおいて開催された子供向けのイベントに出かけてきた。
大きな地図で見る 第9回 こどもの日チャリティイベント 困難に直面している世界のこどもを救おう!:OSAKA-INFO 大阪観光情報 実は、このイベントには昨年も参加しているのだが、その時の模様を記した記事は以下のとおりだ。 【プライベート】新梅田シティ「子供の日チャリティイベント」/過去にロースクールを目指していたことを思い出したきっかけとは?: 企業法務担当者のビジネスキャリア術 そのようなわけで、当日は途中の駅で実家の母と待ち合わせをした上、息子と一緒に会場まで行ったのだが、昨年に比べると人が少なかったような…。おかげで混雑することなく展示されている消防車やパトカーに乗って記念撮影をしたり、会場を一周するミニトレインに乗車したり。 20120504ミニトレインに乗車
20120504ミニトレインに乗車 posted by (C)Sabosan 昨年は三宝鉄道というジオラマ上でミニュティア電車を運転するというイベントがあったのだが、今年は開催されず、残念。その代わり、梅田スカイビルの屋上に設置されている空中庭園展望台にまで足を運ぶことにした。こちらを訪れるのは、今回が初めてである。 2.初めての空中庭園展望台 まずエレベータで35階まで登る。そのエレベータは壁面がガラス張りになっており、上昇する際はスリルがあってなかなか楽しめた。息子もおおはしゃぎ。 20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台に向かうエレベータより
20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台に向かうエレベータより posted by (C)Sabosan そして、そこからエスカレータで40階に上がると360度のパノラマが広がる空中展望台である。地上170mから大阪の街並みを楽しむことができ、大いに気分転換になった。 20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台より
20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台より posted by (C)Sabosan 20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台より 北側
20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台より 北側 posted by (C)Sabosan 20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台より 南側
20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台より 南側 posted by (C)Sabosan 40階からは階段でさらに屋上に出ることができる。そこはちょうど円形状の形をしており、風に吹かれながら文字通り周囲360度の風景を見渡すことができるのだ。ちなみにここはカップル向けのデートスポットとされているようで、この一角にはお互いの名前を刻んだ南京錠を留めるという場所があり、カップルが記念撮影をしていた。息子もなぜか興味深々である。いつか息子も成長したら彼女とデートで来るのだろうか。 20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台の屋上
20120504梅田スカイビル 空中庭園展望台の屋上 posted by (C)Sabosan 3.まとめ 10年以上も前の話になるが、当時は梅田スカイビルのタワーウエストの低層階に、LECの梅田スカイビル本校というものがあり、司法書士を目指していた当時の私は、講座受講や模擬試験などのためにせっせと通学していたものである。 結局紆余曲折を経て、私は司法書士試験をあきらめて、企業において企業法務担当者として職務に精励しているのだが、当時の受験勉強の知識が企業法務担当者たる私の「礎」となっているのは間違いない。人生というものは不思議なものだと、この年になってつくづく感じる次第だ。ちなみに、今でもジュンク堂などの大型書店に立ち寄った際に気まぐれでLECが発刊している受験参考書を立ち読みすることはあるのだが、私自身がもはやLECのお世話になることもないだろう。 そのようなわけで、梅田スカイビルという場所は私にとって様々な思い出を呼び起こさせてくれる感慨深い場所なのである。
るるぶ梅田 (国内シリーズ)るるぶ梅田 (国内シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング 2011-04-27
売り上げランキング : 393545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村