企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【Lifehack】早起きして静かな朝に読書・勉強・調べ物等に取り組む/ビジネスパーソンの朝型生活のススメ

少し以前に世間では「朝活」というものがブームになったが、今回は、朝型生活について触れてみたい。 1.私の受験生時代 私は、20代前半の頃、司法書士試験の受験勉強をしていたことは本ブログでも何度か取り上げている。 【資格】23回目の受験で司法試験に合格した女性/かたや6回の受験で司法書士試験を諦めた私 : 企業法務担当者のビジネスキャリア術 私の場合、大学生の頃に勉強を始めてから、社会人になってからも継続していたのだが、仕事が終わって帰宅して勉強すると、どうしても疲労で眠くなってしまい、あまり勉強することができなかった。これではマズイと一念発起して取り組んだのが、朝型生活への変更である。当時は、午前4時頃には起床して、顔を洗ってから机で勉強に取り組んだものだ。ただし、寝起きとはいえ、頭はクリアであるため、勉強に集中することはできたのは確か。 まあ、結局のところ、一生懸命勉強してもこの試験には受からなかったのだが、このように朝は勉強、日中は仕事というメリハリのきいた生活を送ることができたのは自分にプラスになったと信じたい。 2.そして現在 現在の私は、企業法務系ビジネスパーソンとして仕事に取り組んでいるため、特に資格試験などの受験勉強は行っていない。しかし、そうであっても、現代ビジネスパーソンにとって自己研鑽は非常に大切であることは以前にも触れた。 【企業法務】新人企業法務担当者に贈りたい7つの言葉/私から新人君へのアドバイスです: 企業法務担当者のビジネスキャリア術 従って、上記に述べた受験生時代ほどではないが、自己研鑽の一環として、今でもマイペースでビジネススキルや法律知識の勉強は行っているのだ(実際のところ、受験生時代に死に物狂いで勉強して身についた「時間があれば勉強すること」の習慣はなかなか捨てることはできないもの)。それは、将来のリターンを目的とした自分への投資としてだが、そのためにクリアするべき課題が「仕事や育児に忙しいビジネスパーソンがどのようにして自由な時間を確保するか」という点。 ただし、我が家では、子供が生まれる前は夫婦二人で結構夜遅くまで起きていたのだが、子供が生まれると、そのような生活スタイルはがらりと変化し、おおよそ午後9時ぐらいには就寝するようになった。すると、自然と早く目が覚めるため、午前4時過ぎには起床している。そうして生じた自由時間を
・ビジネス書や法律書を読む ・手帳の整理を行い、仕事や人生の戦略を練る ・ブログを執筆する ・仕事のアイデアを検討する ・家計簿をつける ・EVERNOTEを整理する ・ネットで調べ物をする ・週末に家族で行楽に出かける場所を調べる
といった時間を過ごすようにしている。 20120525Googleカレンダー
20120525Googleカレンダー posted by (C)Sabosan 3.まとめ ビジネスパーソンはただでさえ、自分の時間を確保することは難しいもの。そこで、朝型生活に切り替えて頭と体が疲労していない時間帯に勉強や調べ物をすることは非常に有意義だと思う。興味を持たれた方は一度トライしてみてほしい。
朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!
遠藤拓郎

フォレスト出版 2010-04-06
売り上げランキング : 12189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
毎日がもっとハッピーになる 朝型生活のはじめかた毎日がもっとハッピーになる 朝型生活のはじめかた
みしぇる Yuzuko

ソフトバンククリエイティブ 2012-03-17
売り上げランキング : 96924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『早起き』は生きる力!?脳がよろこぶ!元気になる!『早起き』は生きる力!?脳がよろこぶ!元気になる!
陰山 英男 瀬川 昌也 神山 潤

晶文社 2007-06-01
売り上げランキング : 432167

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村