企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【行楽】妻と「日本一長い商店街」にてデートをする/ここは夫婦にとって思い出深い場所です

1.思い出の場所 先日、私達夫婦は、大阪市北区南森町まで遊びに行った。というのも、たまたま私が平日に有給休暇を取得することになったので、夫婦で話し合った結果、「久しぶりに南森町に行こう」ということになったのだ。
大きな地図で見る この場所は、私たちにとって思い出深い場所となる。なぜならば、もう10年ほど前になるのだが、私は過去にこのあたりの特許事務所に勤めていたことがあるのだ。また、これまた偶然だが、同じ時期に妻も近辺のオフィスビルで働いていた。私と妻とは、とあるきっかけで知り合って交際するようになったのだが、仕事帰りにこのあたりをデートしたものである。 そのようなわけでこの場所は私達夫婦にとって思い出深い場所となるのだ。そして、その思い出を再確認するべく、はるばる南森町までやってきたという次第。 2.「日本一長い商店街」をそぞろ歩き 南森町は、「日本一長い商店街」である天神橋筋商店街としても関西では有名である。南北で2.5キロほどの長さがあるのだが、両脇に飲食店、ブティック、本屋、カフェ、パチンコ屋、マッサージ店など様々な店がつらなっている(ほとんどは飲食店だが)。私たちは、ブラブラと商店街を歩いたのだが、やはり私たちが働いていた頃に比べると、店舗がだいぶ入れ替わっている。
大きな地図で見る しかし、それでも過去に利用していた店はかろうじて残っており、うれしくもあった。 天神橋筋商店街(1)
天神橋筋商店街(1) posted by (C)Sabosan このお店は、オムライス専門店で、昼食時などにたびたび利用していた。OLにも人気でお昼休みの時間は、いつも混雑していたと記憶している。 天神橋筋商店街(2)
天神橋筋商店街(2) posted by (C)Sabosan こちらは鉄板焼きのお店。2階席がある店舗で昼食時によく利用していたが、現在は、たこやき屋として1階部分しか営業していないようだ。 そうして、「懐かしいねえ」とお互い言いつつ、商店街をそぞろ歩きをしているとお腹が空いてきたので、以下のお店で昼食を食べることにした。こちらは私の在職時から存在していたお店で、一度も利用する機会がなかったのだが、ようやく足を踏み入れた次第。なかなか落ち着いた内装をしており、こじんまりとした中庭もあり、まるで料亭のようだ。店内にはジャズも流れており、落ち着ける店といったところか。 黒毛和牛焼肉火々
大きな地図で見る ステーキランチ
ステーキランチ posted by (C)Sabosan 3.まとめ 私自身はどちらかというと、モノや商品などには淡白な方で、所有しているアイテムなどは一度不要になれば、あっさりと処分する気質なのだが、一方で「思い出」や「風景」などには結構固執するタイプだ。従って、過去に過ごした土地には愛着を感じる方で、こうして理由もなく再訪することもある。 結果として、二人の在職時から10年後にこの南森町を訪れたのだが、「また10年がたったら来ようか」と言いつつ帰路について私達であった。
天神橋筋繁昌商店街天神橋筋繁昌商店街
天神橋三丁目商店街振興組合

東方出版 2010-01
売り上げランキング : 932210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村