企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【Lifehack】スーツケースにバッグをとめるベルト/出張するビジネスパーソンには必須アイテム!?

さて、最近、仕事の都合で出張が増えているのだが、日帰りではなく宿泊ありの場合はビジネスバッグとキャリーケースを持参している。この場合、駅などでキャリーケースにビジネスバッグを乗せて引いている人の光景をよく見かける。むろん、それはいいアイデアだと思うが、キャリーケースとビジネスバッグの持ち手の間隔がうまく合っていないため、一緒に持つことがなかなか難しい。しかし、だからといって、キャリーケースの上部にビジネスバッグを乗せるだけでは、スーツケースを移動させたとたんにすぐに落ちてしまうだろう。 このような問題を解決するアイテムがこちら。 

 
使用方法は、いたって簡単。

  1. まず、スーツケースの持ち手にベルトをかける。
  2. 次に、ベルトをまたぐ感じで、スーツケースの上部にカバンを置く。
  3. 最後に、ベルトの一方でカバンを巻きつける感じでスーツケースの持ち手にひっかける。

キャリーケースに荷物の全てを入れたまま新幹線に乗り込むと、車内で本を読んだり、音楽を聴いたりすることができなくなってしまう。そのため手荷物として手元において置きたいのだが、移動時に先に説明したとおり持ちにくい。しかし、このアイテムを使用すれば、移動時は荷物をまとめることができる一方、車内ではキャリーケースを座席上部の棚に置き、カバンを足元に置くことができるというメリットがある。 私の場合、移動時には、両者をまとめておき、新幹線の駅のホームに到着すれば、すばやくベルトをはずしてビジネスバッグに入れている。このアイテムは、値段も1,000円程度と非常にお得。従って、キャリーケースを持参して出張する機会が多い人にはお勧めしたい。

f:id:Sabosan8022:20200712185901p:plain