企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【iPod touch】アプリ「見えるプレゼンタイマー」/プレゼン時に時間配分を行う際に非常に重宝します

私は仕事柄、社内向けのコンプラ研修の講師を務めることがたびたびある。そうなると人前で一種のプレゼンを行うことになるのだが、その際に使えるツールをご紹介したい。それは、iPhoneアプリの「見えるプレゼンタイマー」である。 20121129プレゼンタイマー
20121129プレゼンタイマー posted by (C)Sabosan 20121129プレゼンタイマー
20121129プレゼンタイマー posted by (C)Sabosan 20121129プレゼンタイマー
20121129プレゼンタイマー posted by (C)Sabosan このアプリはその名のとおりプレゼンの時間進行状況を「見える化」したもので、ユーザーはこれを参照することによってプレゼンの時間配分を考えることができる。使用方法だが、非常に簡単。まず設定画面でプレゼンのパートごとに表題と予定時間を入力する。 20121129プレゼンタイマー
20121129プレゼンタイマー posted by (C)Sabosan 20121129プレゼンタイマー
20121129プレゼンタイマー posted by (C)Sabosan 次に、メイン画面に移動してスタートすると、カウントアップが開始する(上記設定画面でカウントダウンに変更も可能)。最初はパート部分が暗い色で表示されているのだが、時間の進行度合いに応じて色が明るく変化していく。非常にわかりやすい。 20121129プレゼンタイマー
20121129プレゼンタイマー posted by (C)Sabosan 20121129プレゼンタイマー
20121129プレゼンタイマー posted by (C)Sabosan プレゼンをうまく行うためのポイントはいろいろあるが、最も重要な点は、本番時にうまく時間配分を行うことであろう。具体的には、 ①事前の準備段階でパートごとに予想時間を見積もる ②本番時の進行状況に応じてその内容を柔軟に変更する などが必要となるのだが、本アプリを使用すれば、これらが非常に容易である。プレゼンを行っている最中は、話すことそのものについ気をとられて、残り時間を意識する余裕も失われるのだが、このアプリを手元で起動させておけば、予定どおり進んでいるかどうか、残り時間はどれくらいなのか一目で確認することができる。 そのようなわけで、興味を持たれた方はこのアプリを一度試してみてほしい。
外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック
山口 周

東洋経済新報社 2012-10-19
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村