企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【行楽】企業法務担当者 東京へ行く/Sabosanの東京漫遊記 その2

1.はとバスの短期ツアーに参加 さて、前回の続きだが、その日、丸の内~皇居の散策を終えてスターバックスで一息ついた私は、はとバスの短期ツアーである「靖国神社と国会議事堂」を利用して観光を再開した。 靖国神社と国会議事堂 申し込み自体は、インターネットで行っていたので、出発時刻である10時10分の少し前にバス乗り場に到着すると、はとバスがズラリと並んでいる。
大きな地図で見る 20121213はとバス
20121213はとバス posted by (C)Sabosan 20121213はとバス
20121213はとバス posted by (C)Sabosan バスガイドのお姉さんに予約番号を伝えて乗車券をもらってから、バスに乗り込む。幸い私の席は右端であったので、2階席より車窓を楽しむことができそうだ。 20121213はとバス
20121213はとバス posted by (C)Sabosan 20121213車窓
20121213車窓 posted by (C)Sabosan その後、定時になってバスは出発する。バスは、丸の内を抜けて、古書の町である神田を走っていく。 20121213車窓
20121213車窓 posted by (C)Sabosan 20121213車窓
20121213車窓 posted by (C)Sabosan そして、日本武道館のある九段下を通過して、最初の目的地である靖国神社に向かう。 20121213車窓
20121213車窓 posted by (C)Sabosan 2.靖国神社に到着 丸の内から15分ほどで靖国神社に到着。やはり観光スポットであるだけに観光客もそれなりに多い。ただ、銀杏並木が美しく、神社を歴史のある雰囲気に彩っていたように思える。
大きな地図で見る 20121213靖国神社
20121213靖国神社 posted by (C)Sabosan 20121213靖国神社
20121213靖国神社 posted by (C)Sabosan 20121213靖国神社
20121213靖国神社 posted by (C)Sabosan バス停車後の自由時間は30分ほどであったので、私は神社内をぶらぶらと散策する。そして、11時に靖国神社を出発し、次の目的地である国会議事堂へ向かう。 3.日本の政治の中心地へ 15分ほどで永田町の国会議事堂に到着する。バスが停車したのは、国会議事堂の裏側でちょうど首相官邸が右斜め前方に見える所である。
大きな地図で見る 20121213国会議事堂
20121213国会議事堂 posted by (C)Sabosan ここで、国会議事堂担当のバスガイドさんが登場し、パンフレットを配りつつ、入場前の注意事項について以下のとおり説明を行ってくれた。 20121213国会議事堂パンフレット
20121213国会議事堂パンフレット posted by (C)Sabosan ①議事堂内では、写真の撮影は禁止されている。ただ、議事堂を出てからの正面からの撮影は順番に許される。 ②議事堂内では、2列になって移動すること。 ③手渡されたパンフレットが入館証の代わりになるため、常に手で持っていくこと そうして、衆議院の国会議事堂に入っていったのだが、上記のとおり撮影が禁止されているため、その様子はここではお見せできないのが、残念なところ。代わりに以下の動画から内部の様子を感じ取って頂きたい。 私にとって印象的なのは、やはり衆議院議場をこの目で見ることができたことだ。広さは小学校の体育館ぐらいだろうか。見学者は2階席から見下ろすことができるのだが、テレビの国会中継で見るより狭く感じた。また、現在国会は解散中であるため、議席の札は全て取り外されて議場の隅の床に置かれていたのが、印象的であった。ガイドさんによるとこれは解散中しか見れないレアな光景らしい。 議事堂から正面に回って、写真をパチリ。 20121213国会議事堂
20121213国会議事堂 posted by (C)Sabosan 4.東京観光を終えて その後、バスの出発地点である丸の内南口に帰路へ着いたのであった。 20121213東京駅
20121213東京駅 posted by (C)Sabosan そして、八重洲地下街で昼食を食べて、家族へのお土産を購入してから新幹線に乗って大阪へと帰った次第。 20121213塩ラーメン
20121213塩ラーメン posted by (C)Sabosan 20121213東京土産
20121213東京土産 posted by (C)Sabosan 半日ほどであったが、これが私の東京観光の模様である。仕事でたまたま週末に東京に来ることになったので、この機会を利用して東京観光を行ったのだが、短い時間ながら楽しむことができた。仕事でちょくちょく出張があるので、機会があれば、こうした一人観光を行いたいものである。
気ままに!ひとり旅気ままに!ひとり旅
一個人編集部

ベストセラーズ 2009-04-16
売り上げランキング : 57780

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村