企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【情報整理】「メタ・ノート」に自分が興味をもった資料等も貼り付けて雑記帳のようにする/これも立派なライフログの1つです

1.思考の記録媒体 2年ほど前の記事において、私が「メタ・ノート」なるものに自分の考えやメモを記録している習慣については触れたかと思う。 【情報整理】「メタノート」により自分の思考を可視化する/頭に浮かんだ思考を時系列順に文書化していく: 企業法務担当者のビジネスキャリア術 年初の記事において、我が家のライフプランをこの「メタ・ノート」に記入したことについて触れたように、自分のアイデアであれば、種類を問わず時系列順になんでも書き込んでいる。 【Lifehack】正月休みに65歳までのライフプランを考えてみる/「一生の計は元旦にあり」: 企業法務担当者のビジネスキャリア術 現在は、アイデア用ノートという当初の目的だけではなく、以下のような資料やパンフレットを貼り付けて、メモや感想を書き込んだりと雑記帳的な意味合いが濃くなってきた。
・GWに訪れる予定の展覧会のパンフレット ・新刊本の紹介パンフレット ・新聞や雑誌の切り抜き ・子供の写真 ・鑑賞した映画の半券 ・銀行から送られてきた財形貯蓄の残高通知書 ・自動車保険更新の完了通知書 ・TSUTAYA MAGAZINEの切り抜き ・ホテルでコース料理を食べたときにもらったメニュー表 ・薬局でもらった薬の処方箋
20130422メタ・ノート(1)
20130422メタ・ノート(1) posted by (C)Sabosan 20130422メタ・ノート(2)
20130422メタ・ノート(2) posted by (C)Sabosan 20130422メタ・ノート(3)
20130422メタ・ノート(3) posted by (C)Sabosan 20130422メタ・ノート(4)
20130422メタ・ノート(4) posted by (C)Sabosan 私がこういった資料をどんどん貼り付けるため、ノートはかなり厚くなってしまったのだが、これはこれで良しと割り切っている。 2.見返すことの大切さ ただ、こうした作業を行うにあたり、大切なのはノートを書きっぱなしにするのではなく、定期的に見直して自分の考えを追記していくことだ。私の場合、週末に2ページ分の過去のノートを読み返した上、さらにメモなどを追記するようにしているのだが、忘れないようにiPod touchのリマインダーアプリ「Go Tasks」で定期的にリマインドするようにしている。 【iPod touch】タスク管理アプリ「Go Tasks」/以前紹介した「TIMETODO」からこちらに乗り換えました: 企業法務担当者のビジネスキャリア術 20130422Go Tasks
20130422Go Tasks posted by (C)Sabosan この習慣を始めてから、もう3年ほどになるのだが、ちょっとした出来事から奥深く考えるクセが身についてきてそれが仕事にも生かされていると思う。従って、この習慣は今後も続けていくつもりだ。
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
美崎 栄一郎

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2009-09-11
売り上げランキング : 7811

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村