企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【音楽】氷室京介と私/”KING OF ROCK”ことヒムロックのように年をとりたいものです

1.”KING OF ROCK”氷室京介 先日の記事でエルヴィス・コステロに触れたことがあったが、その中で少しだけ氷室京介との関わりについても簡単に触れたかと思う。 【音楽】エルヴィス・コステロと私 その2/これぞオヤジロック!老いてますます盛んなり: 企業法務担当者のビジネスキャリア術 かくいう私もヒムロックこと氷室京介のファンであり、もうかれこれ20年近くも彼の音楽をフォローし続けている。先日たまたま友人から氷室が2011年6月に東京ドームで行った「東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!"」のライブDVDを貸りる機会があったので、早速自宅で鑑賞してみた。 東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!" [DVD]
東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME
曲名リスト
1. DREAMIN'
2. RUNAWAY TRAIN
3. BLUE VACATION
4. ROUGE OF GRAY
5. TO THE HIGHWAY
6. BABY ACTION
7. JUSTY
8. WELCOME TO THE TWILIGHT
9. BAD FEELING
10. "16"
11. LONGER THAN FOREVER
12. MEMORY
13. B・E・L・I・E・V・E
14. 季節が君だけを変える
15. B.BLUE
16. MARIONETTE
17. PLASTIC BOMB
18. DOWN TOWN SHUFFLE
19. BEAT SWEET
20. RENDEZ - VOUS
21. ONLY YOU
22. IMAGE DOWN
23. ON MY BEAT
24. HONKY TONKY CRAZY
25. NO.NEW YORK

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
当時ニュースでも大きく取り上げられたので、ご存知の方も多いと思うが、このドームライブは、2011年の東日本大震災の復興支援のために開催されたもので、その収益金は全て被災地に送られたという。2日間で11万人を動員して、チケットも即日完売したという。 そして、ファンにとって何よりうれしいのが当日のセットリストは全てBOOWY時代の曲で占められたというもの。「DREAMIN'」「BAD FEELING」「B.BLUE」「MARIONETTE」「ONLY YOU」「IMAGE DOWN」などの往年の代表曲はもちろんながら、「LONGER THAN FOREVER」「MEMORY」などの曲が入っていたのが、個人的にうれしかった。(「わがままジュリエット」がセットリストに入っていなかったのは残念だったが…) そして、25曲の全てにおいて会場と一体となった素晴らしいパフォーマンスであり、とてもヒムロックが50歳とは思えない。さすがに音楽をやっているだけあって、若々しい。 2.ヒムロックを知ったきっかけ 実は、私自身はリアルタイムでBOOWYを聴いていない。BOOWYが解散してソロに転向してから氷室京介の存在を知ったクチである。しかもそのきっかけは、友人と遊びに行ったボウリング場の空きレーンのモニターに氷室のシングル曲のプロモーションビデオが流されていたことである。それは「SQUALL」という曲だった。 やたらクネクネしたり、壁に三角蹴りをするなど「えらいオーバーリアクションで歌うけど、かっこいい!」とインスピレーションを受けて、当時発売されていた最新アルバム「MISSING PIECE」を購入したのであった。このアルバムには、ビート系の「SQUALL」「STAY」やバラードの「WALTZ」などがバランスよくおさめられており、私のフェイバリットアルバムだ。 MISSING PIECE
氷室京介
MISSING PIECE
曲名リスト
1. ステイ
2. プレジャー・スキン
3. ミッシング・ピース
4. 魂を抱いてくれ(アルバム・ミックス)
5. ワルツ
6. イフ・ユー・スティル・シェイム・ミー
7. ミッドナイト・イヴ
8. スコール
9. ネイキッド・キング・オン・ザ・ブラインド・ホース
10. 同

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
それをきっかけに他のアルバムやBOOWY時代の曲(一番好きなアルバムは「JUST A HERO」)も追いかける一方、リアルタイムで発売されるアルバムも鑑賞して、現在に至る…。 3.ヒムロックのかっこいい点 この人のウリは、やはり中性的な甘い声だと思う。ビブラートをきかせて歌うとどんな曲も名曲になるぐらいだ。あと、メディアに露出し過ぎずに、ストイックな生き方を貫く点が同じ男性としてあこがれる。自分が良いと思う作品をコンスタントに発表して、ツアーを行う。そして、ここぞという状況で今回のチャリティライブを通じて社会的支援も行う。果たして今の日本にこのようなアーティストは幾人存在するだろうか。 ちなみに、私本人はヒムロックのライブに足を運ぶ機会がこれまでなかったので、機会があれば一度参加してみたいと思う(布袋は1回だけ行ったことがあるのだが)。ヒムロックもこれからの50代から60代に向けてより熟成した音楽を発表し続けていくと期待しているので、これからもフォローしていきたい。
20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~
氷室京介

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2008-06-11
売り上げランキング : 7709

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村