企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【動画・映画】インド版SF映画「ロボット」を鑑賞/頭をからっぽにして楽しめる痛快娯楽作品です

1.なかなかの娯楽作 先週末にTUTAYAで「ロボット」というSF映画をレンタルしてきた(現時点では準新作扱い)。きっかけは以前に朝の情報番組でこの映画が紹介されており、妻からも「一度観てみたい」とリクエストを受けていたからである。
ロボット [DVD]ロボット [DVD]

角川書店 2012-10-02
売り上げランキング : 26518

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本作のあらすじを簡単に説明すると、インド人の科学者によって生み出された軍事用アンドロイドが感情も合わせてインプットされたため、科学者の恋人に横恋慕したことから起こるハチャメチャなトラブルを描いたもの。ストーリーはいたって単純であり、特に難解なストーリーではない。ただ、予告編でも描かれているように物語終盤の戦闘シーンがもう圧巻としか言いようがない。かのハリウッドでも思いつかないであろう映像シーンのオンパレードであり、大いに楽しめた。また、インド映画といえば「ムトゥ 踊るマハラジャ」のように、要所要所で大人数によるダンスシーンが繰り広げられるというイメージがあるが、本作でもそれは健在。そのためか、サクサクと人が死んでいくストーリーにもかかわらず、物語に悲壮感はないのが不思議だ。 本作には、なんというか作り手達のパワーというか情熱というものが満ち溢れているような気がする。もちろん、ところどころにはツッコミどころも存在しているが、それは忘れてフィクション映画として139分間楽しんで鑑賞すれば良いと思う。 2.もう1つの迷(?)作 私は、もともとインド映画にはあまり良い印象を持っていなかったのが、それは過去に鑑賞したこの作品の印象が強烈だったから。
アーリャマーン EPISODE 1 帝国の勇者 [DVD]アーリャマーン EPISODE 1 帝国の勇者 [DVD]

エスピーオー 2005-05-06
売り上げランキング : 97038

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本作は誰がどう見ても「スターウォーズ」のパクリ映画なのだが、「ロボット」と違って同好会レベルのお粗末な作品だ。こちらは5~6年ほど前に深夜の地上波でテレビ放映されており、たまたま録画したものを妻と鑑賞したのだが、夫婦共々「ぶっとんでしまう」ほどの内容である。どうみても中年で年増過ぎる主人公、ハリボテのようなアンドロイド、安っぽいCG…。本作をレンタルするにはかなりの勇気(?)が必要なのは間違いない。 3.まとめ 「ロボット」は、娯楽作品として万人にオススメできるので、興味を持たれた方はレンタルしてみてほしい。しかし、もう1つの作品は「自己責任」で覚悟と勇気をもって鑑賞してほしい。その感想については、私は一切の責任を負えないので、そのつもりで・・・・。
何回でもみたくなるSF映画選集 (講談社プラスアルファ文庫)何回でもみたくなるSF映画選集 (講談社プラスアルファ文庫)
北島 明弘

講談社 2000-03
売り上げランキング : 548830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村