企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【企業法務】子会社の法務マネジメントについての一考察/あくまで個人的な見解ですが・・・。

先日、hitorihoumuさんの以下の記事を拝読してところ、刺激を受けたので、書ける範囲で子会社の法務マネジメントについて触れてみたい。 総務&法務担当の部屋/契約実務に関する自社の子会社に対するサポートのあり方について 1.子会社の法務マネジメント 大手企業になればなるほど、数多くの事業子会社を抱えており、それらが事業活動を行うと、様々な法務リスクに直面することになる。例えば、その子会社の規模が上場企業クラスなど比較的大きい部類ならば、自社の管理部門において対応することもあるだろうが、ほとんどの子会社は親会社に法務サービスの支援を要請しているのが実状ではないだろうか。 自社の場合も同様で、契約審査や法律相談で親会社たる自社に不定期で様々な相談が寄せられる。それに対応するのも企業法務担当者たる私の仕事である。ただし、遠隔地にある子会社の場合、担当者と面談することができず、電話とメールに頼らざるを得ないため、依頼内容の詳細を把握するのに手間どるケースもあり、もどかしい思いをすることがある。 さらに、契約業務の場合、契約締結後の契約管理などについても、子会社に一任しているため、依頼者からの受任~契約審査~契約交渉~契約締結~契約書保管の全体的なプロセスのうち、こちらは一部しか関与できないので、不完全燃焼感を覚えることも少なくない。 2.子会社の依頼者への接し方 私としては、子会社も大事なクライアントという認識で丁重に接している。特に初めての依頼者に対しては自分に良い印象を与えるべく、最大限の配慮をもって迅速かつ良質の成果を提供するようにしている。そうして子会社にも自分の「ファン」を増やすことにかなり腐心している。 例えば、「こちらは親会社様だぞ、エヘン!」みたいな尊大な態度(?)で接すると二度と依頼が来ないため、そのような態度は絶対に避けなければならない。子会社といえども相手を尊重することが肝要かと。個人的には、私は子会社の依頼者とそれなりに良好な信頼関係を築いているつもりであり、そのためか何か不明な点があれば、問い合わせが来るようになっている。 3.定型契約書の整備 子会社の法務マネジメントで絶対に避けて通れないのが、子会社の定型契約書の整備である。例えば、買収などで子会社化した場合、親会社の法務部門がまずやるべきなのが、その子会社の定型契約書を入手して内容をチェックすることだ。特段不具合がなければ、そのまま運用すればよいし、支障があるならば、改訂しなければならない。そして、改訂に際しては、子会社担当者と納得いくまでミーティングを行い、子会社の意向を十分にくみとった内容にする必要がある。親会社としての「押しつけ」は絶対に避けなければならない。親会社書式を社名を変更して使わせるのではなく、子会社の都合に配慮して柔軟にアレンジを加えることが大切だ。 私の場合、過去にとある子会社の契約書を全面的に改訂することになり、「契約書改定プロジェクト」のリーダーとして子会社の管理部門や営業部門の担当者と頻繁にミーティングを行い、ポイントのすり合わせを行い、全面改訂を行ったことがあった。これは個人的には非常に良い経験になったと思う。 4.海外子会社について 現在、私が最も頭を悩ましているのが海外子会社の取扱いだ。当然ながら、国内の子会社と同等基準で接するべきなのだが、やはり外国ということで、①距離が遠くレスポンスが遅い、②言語や法律が違うので、その国に応じたコントロールが必要というのがハードルとなっている。一応、英語や現地語などで定型契約書を提供してはいるのだが・・・。 そんな中、hitorihoumuさんの「子会社にアンケートなどのヒアリングを実施し、その実態を正確に把握した上、親会社より法務スタンスを通知し、遵守してもらう」というのは、「なるほど~」と大変参考になった次第。特に「親会社の法務部門がやること/子会社が自分でやること」の明確な基準を作成するだけでもかなり違ってくると思う。折をみてトライしてみたい。 5.まとめ 子会社といえども自社のクライアントと同様に「良好なネットワークを築いて、何かあればすぐに相談が来るようにする。そして、子会社といえども相手の立場を尊重する」ということが非常に大切だと思う。 親会社の法務マネジメントをきちんと行っていても、子会社のそれが穴だらけでは、グループ全体レベルで考えると、全くお話にならない。従って、企業法務担当者ならば、子会社の法務マネジメントにもきちんと取り組んでいきたいところだ。
英文・中文対比 海外子会社の契約書管理英文・中文対比 海外子会社の契約書管理
長谷川俊明

中央経済社 2012-08-25
売り上げランキング : 370336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村