企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【契約書】他社から提示された契約書のうち参考となる契約条項を整理分類してストックしておく/他社のノウハウを「盗む」ことも有効かと

ここ最近のところ、法務に関する話題がご無沙汰だったので、久しぶりに契約書ネタを取り上げてみたい。

企業法務担当者として、取引の相手方から契約書を提示を受けて、読んでいると、「なるほど、この条項は上手にまとめられているなあ」と感心することがたびたびある。特に一部上場企業などの大手クラスの契約書は、非常に練り込まれており、なかなか参考になることも多い。考えようによって、それらは他社の貴重なノウハウであり、これをそのまま放置するのはもったいない話。このような場合、私は、使える契約条項をエクセルなどにストックしておき、必要なときはいつでも引き出せるように工夫している。

このように、一種の「契約条項集」としてデータを保管しておき、相手方に対する契約書対案を作成する際にコピー&ペーストでいつでも利用できるようにしておくことは、契約業務の効率化につながると思う。

特に英文契約書の場合には、このテクニックは非常に便利。時間をかけてゼロから英文をタイピングして入力するより、あらかじめ用意しておいた汎用的な文言をコピー&ペーストしてから、それをアレンジする方が手間がかからないからだ。

企業法務担当者にとって定型(ルーチン)業務の一つである「契約条項のタイピング作業」を効率化するためにあらかじめテンプレート化しておくことは、自分のパフォーマンスの向上にもつながると思う。 

応用自在! 契約書作成のテクニック

応用自在! 契約書作成のテクニック