企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【音楽】TM NETWORK「CAROL」/80年代を代表する名アルバム

1.TM NETWORKの名盤

去る2月15日にNHK BS プレミアムで『名盤ドキュメント MASTER TAPE「CAROL」TM NETWORK』が放送された。

okmusic.jp

番組の内容は、1988年にTM NETWORKがリリースしたアルバム『CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-』が紹介されると共に、アルバムの制作に携わったメンバーや関係者がマスターテープを再生しながら当時の思い出を振り返るというもの。メンバーに加えて元サポートメンバーの松本孝弘(現B′z)や作詞家の小室みつ子なども登場して意外なエピソードなども触れており、なかなか興味深い内容だった。 私は、TM NETWORKは、シティハンターの主題歌「Get Wild」からファンになったクチで、1987年に発売されたアルバム「humansystem」を購入した記憶がある。

 

 

humansystem

humansystem

 

そして、その翌年に発売された「CAROL」はいわゆるコンセプトアルバムで、それぞれの収録曲が全体として一つの物語を形作っているというもの。この作品は名盤と評価されており、TMファンならば、必ず押さえておきたいアルバムである。私も本番組を鑑賞して、再度アルバムを引っ張り出して聴いているところだ。

 

CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE

CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE

 

 

2.私とTM NETWORK

1980年代の私の周囲にはBOOWY派とTM NETWORK派が分かれていたものだが、TM NETWORKの方が優勢だったような気がする。私はバランス良く両方を聴いていたが・・・。また、カラオケではTM NETWORKの以下の曲をよく歌ったものだが、今となっては懐しい限り。(特に、木根尚登のバラード曲、通称キネバラがお気に入り)

 


木根尚登20周年記念ベスト TM楽曲集"キネバラ"

 

というわけで、本番組をきっかけに自分の中では、TM NETWORKの再ブームが起きたので、アルバムを聴き直しているところ。しばらくこのマイブームは続きそうな予感・・・。