企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【書評】「ICO」宮部みゆき(講談社)/名作アクションゲームのノベライズ版

先日図書館に出かけたところ、見覚えのあるタイトルを見つけたので、早速借りて自宅で読んでみた。
ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)ICO-霧の城-(上) (講談社文庫)
宮部 みゆき

講談社 2010-11-12
売り上げランキング : 72616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)ICO-霧の城-(下) (講談社文庫)
宮部 みゆき

講談社 2010-11-12
売り上げランキング : 208486

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本書は、プレイステーション2の同名タイトルのゲームを小説化したものだ。ストーリーは、城にとじ込められた主人公の少年が少女を連れて脱出するというアクションゲームである(パズル的な要素もある)。それだけならば、特段珍しくないゲームだが、本作が特徴なのは、画面にヒットポイントや能力値などのパラメータが一切標準されず、経験値やレベルアップも存在しない点。従って、プレイヤーは、キャラクターの強化などを意識することなく、ゲームの世界観だけを味わいながらプレイできるのだ。このようなシステムは当時斬新だったような気がする。私は、10年ほど前にクチコミで本作の評判を聞いて、中古ゲームショップで買ってプレイしたクチで、苦労しながらも(攻略サイトを参照しながら)ようやくクリアしたのだが、なんとも不思議な余韻を与えてくれたゲームである。 主人公とパートナーとなる少女とは、言葉が全く通じず、ただ手をつないで引っ張ったり、また互いに協力しながらステージをクリアしなければならない。ストーリー自体はそれほど複雑ではなく、プレイヤーの想像力にゆだねる部分もかなりあるが、まるで一本の映画を見ているかのような不思議なゲームだった。実際のところ、本作は海外でも高く評価されたと聞く。 そんな中、図書館で小説版(作者の宮部みゆきはこのゲームをプレイしたところ、いたく気に入って制作サイドにノベライズを提案したらしい)を読んで、再びゲームをプレイしたくなり、またもやPS2版(PS3版ではない)を購入して、現在プレイしているところだ。 このゲームには派手なアクションなどはなく、ある意味大人向きのゲームといえるかもしれない。興味を持たれた方はどうぞ。
ICO PlayStation 2 the BestICO PlayStation 2 the Best

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2004-08-05
売り上げランキング : 5868

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村