企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】横山光輝三国志のLINEスタンプ第2弾が登場/コーエーテクモ「三国志Ⅸ」にハマる日々

1.LINEスタンプ第2弾が登場

私が学生時代に夢中になった「三国志」が現在リバイバル中であることは以前に触れたとおり。 

今年の初めにLINEスタンプの横山三国志が公開されており、以前からちょくちょく使用していたが、最近になってその第2弾が公開された様子。

「ちょいウザ!」な表現を中心に「やや煽り系」に特化しているらしいが、横山三国志の読者ならば、うまく使いこなすこと(?)ができるだろう。かくいう私もこのスタンプを早速購入して、妻に毎日このスタンプを送りまくっている。(それ自体が妻にウザがられているのだが・・・)

2.シミュレーションゲーム「三国志」

学生時代にコーエーテクモのシミュレーションゲームの三国志「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」にハマった私だが、この半年間でPSP版三国志の「Ⅴ」「Ⅶ」「Ⅸ」をプレイした。

三國志V

三國志V

 
三國志VII

三國志VII

 
コーエーテクモ the Best 三國志IX with パワーアップキット

コーエーテクモ the Best 三國志IX with パワーアップキット

 

BGMは、「三国志Ⅴ」が圧倒的にクオリティが高く、いずれも名曲ぞろい。特にオープニングが素晴らしいの一言。


三国志5 Opening

音楽の完成度は「V」に譲るとしても、ゲームシステム自体が一番面白かったのは、「Ⅸ」。これまでのシリーズでは、中国全土のマップと戦争画面が分かれていたが、これをシームレスにし、内政と戦争が全て一つの画面に収斂されたのだ。そのため、他国の戦争状態がリアルタイムで表示されて、緊張感が絶えない。

例えば、コンピュータがあやつるA国が同じB国に攻め込むと、プレイヤーである私はがら空きになったA国を攻めるなどの戦略をとることも可能。プレイした当初は、とっつきにくく感じたが、慣れてくると面白くなってくる。ネットで調べてもこの「三国志Ⅸ」はシリーズ屈指の名作と評判も高い。 


3.まとめ

かつて私がそうであったように、学生時代に「三国志」の世界に触れた人も多いだろう。そのきっかけはゲームであったり、小説であったり、漫画であったり、人によって様々だと思うが、それを機会に興味の対象を中国史全体に広げるのもお勧め。私もそこから「水滸伝」「項羽と劉邦」「隋唐演義」「岳飛伝」など三国志と違う時代に興味を持って、自分なりに調べてみたことがある。そこから歴史そのものに関心を抱き、高校時代には世界史を専攻し、歴史というものの奥深さを感じさせられたものだ。

待てあわてるなこれは孔明の罠だ

待てあわてるなこれは孔明の罠だ