企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【ドラマ】池井戸潤原作「下町ロケット」/「半沢直樹」「ルーズヴェルトゲーム」を連想させる大逆転型ドラマ

10月の番組改変期になって、様々なドラマがスタートしているが、法務ネタが満載なドラマが一つある。それが「下町ロケット」だ。

(あらすじ)研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。(番組公式サイトより引用)

本ドラマは、「半沢直樹」で有名な池井戸潤の同名原作がもとになっており、大企業と中小企業との特許争いを中心に描いている。劇中では、「国内優先出願」「特許権譲渡」「特許権使用許諾契約」など特許に関するキーワードが頻繁に登場し、企業法務担当者である私自身、日常業務においてこれらに携わっているため、思わずニヤリとくる場面が多い。

従って、このドラマの影の主人公は「特許」と言っても過言ではない。 また、主人公が経営する佃製作所と敵対するナカシマ工業には、法務グループマネージャーなる人物が登場する。この法務グループマネージャーは、「非常に悪辣な敵役」として描かれており、観ている私としては、なかなか複雑な心境だ。しかし、企業法務担当者がドラマの主要キャラとして登場するのは、かなりレアケースではないだろうか。(結局、この人物は失脚してしまうが・・・)

ストーリーは、昨年と一昨年に同じ放送枠で放映された「半沢直樹」「ルーズヴェルトゲーム」と同じような感じで、主人公が何度も窮地に陥りながらも、これを脱して、敵役をギャフンと言わせる、という「逆転型ドラマ」のようだ。ちなみに、主人公の母親や佃製作所の経理部長などの脇役には、「半沢直樹」「ルーズヴェルトゲーム」で敵役を演じた俳優さんも登場しており、そのギャップが面白い。 

私は、池井戸作品はそれなりの数を読んでいるが、「下町ロケット」は未読のため、このドラマについては、特に先入観もなく鑑賞することができそう。というわけで、今後の展開を楽しみにしたい。

下町ロケット (小学館文庫)

下町ロケット (小学館文庫)