企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【iPhone】アプリ「Launcher」が大幅アップデート/iPhoneユーザにとってマストアプリ!?iPhoneの使い勝手がますます便利に

1年ほど前に本ブログにおいて、「Launcher」というiPhoneアプリを紹介したことがあった。

このアプリでは、iPhoneの通知センター内にアプリ・safariのブックマーク・連絡先などの起動用ボタンを配置することができる。これがあれば、例えば、iPhoneで他の画面を見ていたとしても、画面上部から下に向かってフリックして通知センターを呼び出すことによって、他のアプリを起動することができる。単純にそれだけだが、現在起動中のアプリを消すためホームボタンを押す動作を省略できるため、非常に楽だ。私もこのアプリをインストールしてから1年以上経過しているが、なくてはならないといえるほどお世話になっているマストアプリだ。

そんなiPhoneアプリ「Launcher」だが、最近大幅アップデートされた模様。

 


その内容として、今まで1枚しか配置できなかったランチャー(=ボタンのかたまりのシート)を複数枚設置できる(最大6枚)。現行版ではPro版でも一つのランチャー内に配置できるボタンは、最大35個までだったが、通知センター内に最大210個ものボタンを配置することができることになった。また、1枚ごとのランチャーの表示を時間や場所ごとに切り替えることができる等よりカスタマイズ性が高くなった。

もとからこのアプリについては、世間での評価はかなり高い方だったが、ボタンの配置数量が増えたのが個人的にはうれしいところ。というわけで、とりあえず、ランチャーを2枚に増やし、一つ目にはアプリやsafariのショートカットを、2つ目には設定系のショートカットボタンを配置した。ちなみに、この設定関連のボタンを配置できるのは、地味に便利。というのは、これまで位置情報や通知センターの設定を変更するためには、まず「設定」アプリから目指す項目が存在する下の階層まで深くもぐって到達する必要があった。それがこのアプリによって「A→B→C」というプロセスからいきなりCに到達することができるようになったのだ。私は状況に応じて、位置情報や壁紙を変更しているため、この機能には大変助かっている。

私の周囲には、iPhoneユーザは数多いが、このアプリ「Launcher」を使いこなしている人は意外に少ない。しかし、難易度は決して高くはなく、使いこなせば、iPhoneの使い勝手が大幅に向上するので、是非利用をお勧めしたい。

Launcher - 通知センターウィジェット搭載ランチャー
Launcher - 通知センターウィジェット搭載ランチャー
開発元:Cromulent Labs
無料
posted withアプリーチ