企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【企業法務】事実関係を確認することの大切さ/初心忘れるべからず

企業法務担当者にとって社内クライアントから寄せられる法律相談に対応することは、日常的な仕事の一つだ。最近、こちらに関してちょっとした失敗をしてしまったので、自戒の意味をこめて記しておきたい。 まず、一連の経緯をまとめると以下のとおり。(ただし、ありのままを書くわけにはいかないので、かなりボカしている)

 

・某部門の甲さんが管理部門の乙さん(法務部門所属ではない)にある相談をした。その際、相談内容に関する前提事実をAと説明していた。

・その後、乙さんは企業法務担当者である私に「甲さんからAという前提に基づく相談があったので、Sabosanから回答してくれませんか?」と依頼した。

・私は、Aという前提に基づく回答を甲さんに行った。ところが、実は前提事実はAではなく、全く別のBであった。

・結果として、私は間違った回答を行ったので、時間と手間を費やしてこれを修正する羽目になった。

 

今回の失敗の原因は、私が最初に乙さんからこの話を聞いた際に、甲さんからきちんと裏付けをとらなかったことにある。ただし、多少言い訳をさせてもらうと、甲さんはいつも多忙で、なかなかつかまえることができないので、私もついこれを怠ってしまった。結果として、「社内クライアントのヒアリングにより事実関係を正しく把握する」という企業法務担当者の「鉄則」を怠ったわけで、私にとってもおおいに反省材料となってしまった。

やはり、人から伝聞で聞いた情報には多少の疑いを持った方が良いと思う。誤った事実に基づく判断は誤ったものとなり、そのリカバリーに少なからず労力を要することになるからだ。この「実態把握能力」は、法的問題の解決をミッションとする企業法務担当者にとって必須のスキルだが、今後は初心を忘れないようにしたい。

 

企業法務入門テキスト――ありのままの法務

企業法務入門テキスト――ありのままの法務