企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【歴史】Sabosanの唐津漫遊記 その2(名護屋城編)/天下人 豊臣秀吉が生前に最後に築いた巨城

前回の続きを。

 

1.名護屋城博物館

唐津市内にあるバスセンターからバスを乗り継いで40分ほどで、玄界灘に面した波戸岬に到着する。そして、バス停から降りて少し歩くと、佐賀県立名護屋城博物館に到着。

 

この博物館では、文禄・慶長の役を含む日本と朝鮮との歴史について展示紹介されている。私が少し驚いたのが無料で入館できるということ。比較的新しい博物館だし、入館料は1000円ぐらいかな、と思っていたので、予想外の太っ腹に驚いた。館内は2階部分が展示スペースとなっており、当時の面影を伝える様々な歴史遺物が展示されていた。

 

  IMG_0838.jpgIMG_0839.jpgIMG_0843.jpg

2.戦国時代の名将たちが一同に集結

博物館を1時間ほどで見終わって、北側の名護屋城跡を散策する。名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の国内拠点として築城したもので、当時の広さは17万平方mにも及び、大阪城に次ぐ広さを誇ったという。その周囲には130以上に上る諸大名の陣屋が構築され、全国から20万人を超える人々が集ったとされている。名護屋城の石垣の一部は当時の状態で保存されており、国から特別史跡に指定されるなど大変貴重な遺産だ。

 

うっそうとした木々を抜けると、本丸に到着する。そこから一気に視界が開き、玄界灘が眼下に広がる。現在は民家や学校などが立ち並んでいるが、当時は、この辺りに徳川家康・伊達政宗・前田利家・上杉景勝・真田昌幸・藤堂高虎・島津義弘・黒田長政など当時を代表する武将たちの陣屋が集結していたわけで、歴史ファンにはなんともたまらない場所だ(もっとも、慶長の役の終結後に発生した「関ヶ原の戦い」では、これらの武将は敵味方に分かれて戦うわけだが・・・・)。

 

IMG_0853.jpgIMG_0854.jpgIMG_0858.jpgIMG_0865.jpgIMG_0866.jpgIMG_0863.jpgIMG_0864.jpg

ただし、歴史を客観的に検証すれば、文禄・慶長の役は、日本が何の非もない朝鮮に対して行った侵略戦争に他ならない。豊臣秀吉は「草履取りから天下人へ」とプラスのイメージで語られることが多い。確かに知恵と度胸で権力者への道を駆け上がり、国内統一によって戦国時代を終結させた手腕は一つの立志伝だと思う(コーエーが過去に「太閤立志伝」というゲームを発売したぐらいだ)。しかし、そうやって獲得した権力を人民のために行使するのではなく、大義名分のない侵略戦争によって日本と朝鮮に多大な人的・物的損失を与えたのは事実である。これでは「名為政者」というより、「老害」と言わざるをえない。なぜならば、権力とは、どうやって獲得したのではなく、どのように行使したかによって後世の人々に評価されるからだ。従って、私自身は後半生の豊臣秀吉はあまり好きではない(その他にも秀吉は実子かわいさのあまり、一度は後継者に指名した養子(豊臣秀次)とその一族を皆殺しにしている)。

ある意味、この名護屋城跡は、「天下人の愚行」を後世に伝える負の遺産と言えるかもしれない。

 

KOEI The Best 太閤立志伝V KOEI The Best 太閤立志伝V

コーエー 2006-01-19
売り上げランキング : 4072

Amazonで詳しく見る by G-Tools