企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【仕事術】ビジネスパーソンにとって重要なスキル/メールに対するレスポンスの早さ

先日、社内クライアントである営業担当者Aさんとのお酒を飲む機会があったが、そのときのやりとりを紹介したい。

 

A「Sabosanって、こちらがメールを送ると、返事が異常に早いときがありますよね?以前にメールを送ってから5分くらいで返事が来て、驚きましたよ」

私「う~ん、やはり仕事はスピードが大事ですから・・。クイックレスポンスは意識していますよ。それにすぐに処理しないとメールがどんどんたまりますしね。」

A「他の人もSabosanのスピードは超人並みって言ってますよ。」

私「ははは・・・。もちろん、スピードだけではなくクオリティを保つことも大切なんですけどね~」

 

私が思うに、「メールに対するレスポンスの早さ」は、おおむねビジネスパーソンとしての優秀さに比例すると思う。これは数多くのビジネス書やサイトなどにも書かれているが、私自身も経験から実感している事。なぜなら、「メールを読む」→「保留・返信・行動などを判断し、実行する」という動作には、当人の決断力・意思決定のスピード・タイムマネジメントなどの様々な要因が含まれているからだ。

もう一つのエピソードを紹介したい。 とある金曜日の事。私は、昼休みの間に外出する用事があった。すると、11:58頃に営業担当者のBさんから1通のメールを受信した。それを読んだ私は、

  1. 内容的にはそれほど難解ではなく、結論はすぐに出せる。
  2. しかし、すぐに外出しなければならず、返信メールを送る時間はない。かといって来週の月曜日に伸ばすのは面倒だし、早く済ませてしまいたい。
  3. Bさんはついさっき私宛にメールを送信したということは、今も営業所の自席にいるはず。
  4. それなら今すぐ電話一本で済ませてしまおう。 と瞬時で判断して、すぐにBさんに以下のとおり内線電話をかけたのである。

私「どうも、お疲れ様です、Bさん。メール拝見しましたよ」

B「早(笑)!ついさっきSabosanにメールを送ったばかりなのに!」

私「いや~、私はお昼を食べてすぐに外出しなければならないので・・・。なのでこの電話でお返事させてもらいますね」

B「OK!それはこちらも助かります」 私「さて、この件なんですが・・・・(以下、省略)」

 

この一連のやりとりでBさんの頭の中には「Sabosanは仕事のレスポンスが早い」というイメージが出来あがったと思う。別にメールの返信に限らないが、「正しく速く決断し、実行する」という繰り返しが企業法務担当者にとって重要な「社内クライアントからの信頼」を獲得することにつながるのではないだろうか。

 

伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則 (アスカビジネス) 伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則 (アスカビジネス) 山口 拓朗 明日香出版社 2017-02-09 売り上げランキング : 13823 Amazonで詳しく見る by G-Tools