企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【IT】有益なアプリをパソコンにインストールして生産性を向上させる/ほんの少しの工夫がパフォーマンスに直結する!?

1.最近導入したフリーソフト

最近、自宅と職場のパソコンに以下のフリーソフトをインストールした。

 

①Clipboard History Ctrlキーを二回連続で押すと、過去にコピーした履歴が15件(別階層にもぐると、最大100件まで可)まで呼び出せるので、文章を選択してクリックすると、そのままペーストすることができる。

 

例えば、契約書でもメールの作成でも、いちいち全てをタイピングすると、非常に時間がかかってしまう。このソフトを使って過去にコピーした文章を履歴一覧から呼び出して、1クリックでペーストすることができる。これが地味に便利で、時間短縮に非常に助かっている。

 

②7+Taskbar Tweaker タスクバーをカスタマイズすることができるフリーソフト。例えば、通常、Windowsでは、同一アプリの複数のアイコンは個別に順番を変えることができないが、それをグループ内で自由に左右に入れ替えることができる。また、タスクバーでマウスのホイールをまわすと、音量調節することができるなどかゆい所まで手が届く仕様となっている。

企業法務系ビジネスパーソンにとって、パソコンスキルは自分のパフォーマンスと直結すると言っても過言ではない。そして、パソコンスキルというのは、単純に「知っている/知らない」「やる/やらない」で大きく差が出てしまうもの。「試しにやってみるか」という工夫が仕事の結果を大きく左右することがある。

 

2.高パフォーマンスに直結するアプリ「Object Dock」

それを実感させられるのが2年ほど前に本ブログで紹介したアプリ「Object Dock」だ。これは、WindowsでもMacのDockのように、マウスを画面端に移動させるとランチャー(アプリやフォルダのショートカット集)を呼び出すことができるというソフト。

 

私はこのソフトを自宅と職場のパソコンにそれぞれインストールしてもうかれこれ5年ぐらいになるが、もはやなくては困る必須ソフトだ。使い勝手が非常に良いため、途中で無料版から有料版に切り替えたぐらいだ(無料版ではDockを1個しか使用できないが、有料版では複数配置することができる)。私の場合、画面の上下二箇所にDockをそれぞれ配置し、画面下部には法務・知財関連に関するショートカットを、画面上部にはそれ以外の仕事に関するショートカットを配置している。こうすれば、電話などで相談を受けた場合でも、上下いずれかにマウスを移動して、必要とするデータを素早く呼び出すことが可能。ありがたいことに社内の一部からは「Sabosanは仕事のレスポンスが早く、スピード感がある」という一定の評判を得ているが、それはこのソフトのおかげでもある。

私は、「仕事はスピード感をもって取り組む」をモットーにしており、このようにほんの少しの工夫を行うだけで、仕事のパフォーマンスは劇的に変化することを実感している。こうした「工夫と改善」を常に忘れないことが現代ビジネスパーソンには求められていると思う。

ラクして結果が出る仕事術: パソコン・スマホ「この使い方」でビックリする成果! (知的生きかた文庫) ラクして結果が出る仕事術: パソコン・スマホ「この使い方」でビックリする成果! (知的生きかた文庫)
中山 真敬

三笠書房 2014-03-24
売り上げランキング : 670074

Amazonで詳しく見る by G-Tools