企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【映画】アカデミー賞3部門受賞「セッション」/パワハラ鬼教師の怪演がハンパない音楽映画

現在、TUTAYAで強力にプッシュされている映画「セッション」のDVDをレンタルして鑑賞したので、その感想を少し。 ジャズを題材にした音楽映画という予備知識はあったので、「坂道のアポロン」のような青春映画かと思っていたのだが、結果は大外れ。主人公とその教師は、あまり好感を持てない人物として描かれており、「アポロン」のような爽やかさはない。 

(あらすじ)名門音楽大学に通うニーマン(マイルズ・テラー)は、将来にジャズドラマーになることを夢見ていた。ある日、大学の鬼教師フレッチャー(J・K・シモンズ)の目にとまり、彼の率いるバンドに加入することになったが、初日からフレッチャーのパワハラ指導の餌食になる。しかし、ニーマンはそれにへこたれず、猛練習を重ねてレギュラーの地位を勝ち取るが・・・。


映画『セッション』予告編

 

この映画の売りは、とにかくJ・K・シモンズが演じる鬼教師フレッチャーの怪演ぶりといえるだろう。常に完璧な演奏を求め、生徒に対して、ビンタや椅子を投げつけるというパワハラは日常茶飯事。強烈なパワハラ指導がホラー映画並みに恐ろしく思えてくるぐらいだ。調べてみると、演じているJ・K・シモンズは、サム・ライミ版「スパイダーマン」の編集長役を演じていた人。あの映画でも「もっとマシな写真を持って来い!」と主人公を怒鳴りつけるなど小物ぶりを発揮していたが、なるほどこの俳優さんはこういう役がハマリ役なのかもしれない。

個人的に印象深かったのが、物語の中盤にフレッチャーが授業の冒頭で昔の教え子が事故で亡くなったことを述べて、涙ぐむ場面。「こんな恐ろしい鬼教師も人として優しい心を持っているだなあ・・・」と視聴者をしんみりさせたと思ったら、練習では一転していつもの熱血指導が炸裂し、罵声を浴びせまくって夜中まで生徒たちを練習させる始末・・。そのギャップには思わず笑ってしまう。

そして、忘れてはいけないのが、この映画のラストシーン。「ラスト9分19秒の衝撃はあなたの人生を変える!」というキャッチコピーで、一体どのような内容かと身構えていたが、なるほどそう来たか、と。

ネタバレになるので、詳細な説明は省くが、まさしく生徒と鬼教師の「真剣勝負」が繰り広げられる。興味を持たれた人は、その結末を自分の目で確かめてみてほしい。

 

セッション [DVD]

セッション [DVD]