企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【旅行】NHK「ドキュメント72時間」に熊本県の草千里ヶ浜が登場/3時間以上かけて阿蘇山を自転車で駆け登った思い出

1.良質なドキュメンタリー番組

私がよく見ているテレビ番組にNHK の「ドキュメント72時間」がある。タイトルどおり、スタッフが72時間(=3日間)にわたって、同じスポットの映像を撮り続け、そこに集う人々の人生模様を紹介するというコンセプト。

f:id:Sabosan8022:20210825225826p:plain

8月13日にNHK-BSで放送されたのは2019年に放映されたアンコール選だった(コロナ禍のためか最近は再放送が多い)。その内容は、2019年8月に熊本県の阿蘇山の草千里ヶ浜で開催されたイベントで、日本全国からバイクのライダーが集結して、撮影会を行う様子が紹介されていた。初めて知ったが、このイベントは1979年を皮切りに、1989年・1999年・2009年・2019年と10年に1度の割合で実施されているらしい(次回は2029年予定)。

kusasenri.jp

このイベントに参加する人たちの職業・年齢・住所はまちまちだが、バイク好きというのが共通点。中には、1979年の第1回から毎回参加している猛者・生死をさまよう難病を患って生還した人・夫婦で仲良く参加している二人・夫を病気で亡くした女性など様々な人がインタビューに登場。

2.どこかで見覚えがある景色

最初テレビを見ていて「なんか見覚えがある景色だなあ」と感じた私。思い出したけれど、このイベントが開催される3年前(2016年11月)に私はこの草千里ケ浜を訪れている。 といっても、私の場合、彼らのようにバイクではなく自転車(ロードバイク)で3時間以上かけて阿蘇山を登ったのだ。

3.熊本を訪れたついでに阿蘇山へ

当時、週末の金曜日に大阪から熊本に仕事で出張する機会があった。新幹線で熊本入りした私は、仕事が終わった後に、熊本駅前のビジネスホテルに宿泊。翌日が土曜日だったので、JR熊本駅から大分方面のシャトルバスに乗車し、JR阿蘇駅で下車(当時は熊本地震の影響で熊本~大分間のJR豊肥本線は不通)、阿蘇駅のコインロッカーに荷物を預けてから駅近くのゲストハウスで自転車(ロードバイク)をレンタルした。
f:id:Sabosan8022:20210825231400j:plain
そして、駅前から南方面の阿蘇山 草千里ケ浜を目指してサイクリングを開始。最初はうっそうとする林の間を通過するが、途中からは視界が一気にひらけて、阿蘇の大パノラマが眼下に開けてくる。途中では牛が放牧されている場所もあり、なんとも牧歌的だ。

f:id:Sabosan8022:20210825231409j:plain

 

f:id:Sabosan8022:20210825231417j:plain

f:id:Sabosan8022:20210825231427j:plain

f:id:Sabosan8022:20210828011615j:plain

f:id:Sabosan8022:20210828011625j:plain

f:id:Sabosan8022:20210828011637j:plain

当日は秋晴れの良い天気で、絶好の行楽日和だったが、草千里ヶ浜に向かう車を時折見かけるぐらいで、サイクリストは私一人。この光景を一人占めしながら登り続けて、ある程度の標高に到達すると、風がビュウビュウと吹く音しかしない。このような広大な空間に自分一人しか存在しないことが信じられないくらい(途中の休憩中にスマホで撮影した動画も貼り付けておこう。動画の最後の方で風音が聞こえる)。

4.ついに草千里ヶ浜に到着

そうして、途中で何度か休憩をはさみながら3時間以上ペダルをこぎ続けてやっと到着したのが、今回の番組で放送されていた草千里ヶ浜。さすがに自転車とはいえ、これだけの時間を要するとは予想外。苦労して到着した草千里ヶ浜は、あたり一面がのどかな草原地帯で、馬が放牧されていた。

f:id:Sabosan8022:20210825231439j:plain

f:id:Sabosan8022:20210825231448j:plain

f:id:Sabosan8022:20210825231500j:plain

f:id:Sabosan8022:20210825231510j:plain

さらに、草千里ヶ浜を南に進むと鳥帽子岳という小高い山があり、ここから眺める周囲360度の大パノラマは圧巻の一言。 

近くの店で購入したランチを食べながら、一時間半ほど草千里ヶ浜でたむろしていただろうか。帰りの新幹線の関係で、あまりのんびりとできないので、再び自転車に乗って、帰り支度をする。草千里ヶ浜からの下り道は楽勝で、ジェットコースターのように一気に駆け下りたのは楽しかった。40分ほどでJR阿蘇駅に到着し、自転車を返却してから近くの温泉施設で汗を流す。

そして、一息ついてからシャトルバスに乗って、再びJR熊本駅に戻り、九州新幹線に乗って新大阪まで帰阪した。ちなみに、この時に熊本駅構内のコンビニで購入したくまモンのコースターは今でも自室で愛用している旅の思い出の品。

f:id:Sabosan8022:20210828090806j:plain

新幹線で熊本から新大阪までの所要時間は3時間ほどで、阿蘇山へのサイクリングで疲れ切っていた私は、車中で爆睡していたのは言うまでもない。新大阪に到着したのは午後8時ぐらいだったか。

ちなみに、この日の出費は、シャトルバス代と自転車レンタル代だけで、あまりお金がかからないエコな観光となった。おそらくもう二度と阿蘇山に行く機会はないだろうけど、出張を利用して阿蘇山観光ができたのは、今でも忘れられない思い出。 

5.まとめ

NHKの「ドキュメント72時間」は、これまでの放送回では、
  • 携帯電話の修理店
  • 廃業前の24時間営業のゲームセンター
  • 宝くじ売り場
  • 東京銀座のおつまみ屋
  • コインランドリー店
  • 大阪難波の高速バス待合室
  • 能登半島の桜並木の名所
  • ニュータウンのクリーニング店
など様々なスポットに集う人々の人生模様を紹介している。この番組には、有名人やタレントなどは一切登場せず、ウソやヤラセが感じられない良いドキュメンタリー番組だと思う。様々な人が、様々な悩みを抱えながら人生を送っている姿が垣間見えて、見ているこちらもジーンと感動させられることもしばしば・・・。
 f:id:Sabosan8022:20210825224634p:plain
エンディングで流れる主題歌にも、もの悲しい哀愁感や寂寥感(?)が漂っていて、この番組の雰囲気にうまくマッチしている。
毎年年末になると、NHK特番で「ドキュメント72時間」のその年の傑作選を放送するのは恒例行事で、私も毎年チェックしている。はっきり言って民放のしょうもないバラエティ番組を見るよりよほど有益なので、興味を持たれた人には是非お勧めしたいところ。
 
ちなみに、5年前の登山直後に公開したブログ記事はこちら。