企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者が日々の出来事を記録しています。

【書評】「レイストリン戦記1&2 魂の剣」マーガレット・ワイス(KADOKAWA)/学生時代に愛読した外国産ファンタジー小説の外伝

1.35年後に第1巻の前日譚が登場

GWに以前に図書館で借りて積ん読状態の本を消化した。そのうちの2冊がこちらの小説で、昨年に発売されている。

 

<ドラゴンランス>というキーワードを聞いてピンときた人はファンタジー小説に相当詳しい人だと思う。ドラゴンランスは、テーブルトークRPGの草分け的存在であるAD&Dのシステムに基づいて創造されたファンタジー小説のシリーズで、1980年代にマーガレット・ワイスとトレイシー・ヒックマンによって発表された作品。世界的にも大ヒットしており、数多くの本伝や外伝が発表されている。

私も学生時代の頃は、友人とテーブルトークRPG(D&D、ソードワールド等)をプレイしたことがあり、様々なファンタジー作品(小説・ゲーム・etc)にはどっぷり浸っていた時期がある。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

kigyouhoumu.hatenadiary.com

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

そんな頃、1987年に富士見書房からドラゴンランスシリーズの刊行が開始。たまたま立ち寄った本屋で1巻を購入した私は、その面白さにハマって、「ドラゴンランス戦記1~6」「ドラゴンランス伝説1~6」を完読。確かドラゴンランスの設定画集なども買った記憶がある。当時はカセットブックやテレビゲームが発売されていたぐらいなので、国内でも人気が相当高かったはず。

 

私にとってドラゴンランスの魅力は、個性的なキャラクターと壮大な世界観の二つ。欠点もそなえた人間臭いキャラクターが悩み、傷つきながら協力して最終的には目的を達成する。人間同士の戦争を軸として、神々も関与する壮大なストーリー。

 
富士見書房版は絶版となっていたが、2002年にアスキーから第1部と第2部が復刊されて、続いて第3部(セカンドジェネレーション)、第4部(夏の炎の竜)、第5部(魂の戦争)が発売された。私も第3部以降は図書館で借りて、全て読破している。その後2019年にKADOKAWAから合本版がkindle(全25巻分で40,000円という大ボリューム!)で発売されたので、購入済み。
 

2.大魔術師の若かりし頃を描く

今回のレイストリン戦記は、第1部の前日譚を描いたもので、主人公はレイストリン・マジェーレという魔術師。このキャラクターは、ドラゴンランス第1部で登場した時点では単なる脇役に過ぎなかったが、人気急上昇を受けて、第2部ではほとんど主役扱いとなっている。このレイストリンは双子の兄であるキャラモン・マジェーレに対して強烈なコンプレックスを抱きつつ、権力や魔法に強い執念を抱いている複雑で内向的な人物。また、周囲に対して冷笑混じりの皮肉屋である一方、弱い者に対して優しさと愛情を示す。このギャップが人気の一因。

第2部では強大な魔法を使いこなし、暗黒の女王タキシスにとって代わろうと戦いを挑む伝説的な大魔法使いであるレイストリンも本作に登場した時点では、まだ6歳。魔術師の私塾に通って魔法を学び始めるが、初級の呪文ですら苦労する姿が新鮮。また、本作後半ではタニスやスタームを初めとする第1部のキャラクターと旅をする場面があるが、後年の冷たい皮肉屋とは信じられないほど人間臭くて礼儀正しい態度を見せるなど意外な一面が垣間見える。
 
私は、ドラゴンランスシリーズで筆者のファンになったので、その後に発売された作品の大半にも目を通している。
今となっては、もはや著者の新作に目を通す機会はないだろうと考えていたので、今回の「出会い」には感謝したい。大人になって読んでみても面白い小説はやはり面白い。また、ドラゴンランスは国産ファンタジー小説の「ロードス島戦記」(水野良)にも大きな影響を及ぼしたと言われるほど。従って、ファンタジーファンには是非お勧めしたい小説なので、まずは図書館などで手にとってみては?

【歴史】Sabosanの淡路・徳島漫遊記 その3/鳴門海峡(大鳴門橋架橋記念館)と紀淡海峡(洲本城)の絶景を堪能する

前回の続き。
 

1.鳴門海峡を間近で鑑賞

車で徳島市を離れて淡路島に向かう途中にトイレ休憩をかねて立ち寄ったのが大鳴門橋架橋記念館。

 
この施設では、鳴門海峡に建設された大鳴門橋架に関する資料や360度シアターなどが展示されている。

また、屋上に登ると大鳴門橋架を含む鳴門海峡のパノラマビューが広がっており、潮風を感じつつ絶景を一望できる。この日は天気も良く、気持ちのいい時間を過ごすことができた。

 

 

2.続日本100名城 淡路水軍の城

大鳴門橋架橋記念館で、一時間ほどのんびりと過ごしてから再び北上して淡路島に渡る。目的地は淡路島南部の洲本市にある洲本城。

洲本城は、大阪湾に面した三熊山の山上に築城されており、羽柴秀吉の淡路攻めの後に配下の仙石秀久が居城とした。その後は賤ヶ岳の七本槍の一人 脇坂安治が治めたとされている。ちなみに1609年に脇坂家は伊予大洲(愛媛県)に国替えとなる。そういえば、2020年11月の愛媛旅行の際に転封先の大洲城を訪れたことがあったけ。
洲本城は山の上に築城されたにもかかわらず、縄張りが意外と広い。天守閣自体は1929年に建設された模擬天守閣だが、周囲には広い範囲にわたって石垣が現存しており、歴史的価値は高そう。また、何より素晴らしいのが、天守閣からの眺望。洲本市街と周囲の山と海の対比が見事なコントラストを生み出している。この光景を見るためだけでも今回の旅行で洲本城を訪れた甲斐があったというもの。

 
その後は、三熊山のふもとにある淡路文化資料館で、御城印を購入して淡路島を後にする。一泊二日の淡路・徳島旅行はこのような感じで終了。

 
最後に淡路島北部にあるサービスエリアから撮影した動画を貼り付けておこう。淡路島と本州を結ぶ明石大橋がまぶしい。これも旅の思い出。

 
次回に淡路島を訪れるのはいつになるだろうか。そう思いながら帰路に着いた私たちだった。

【歴史】Sabosanの淡路・徳島漫遊記 その2/日本で唯一の非電化路線に乗車&徳島城跡を散策

前回の続きで、淡路島・徳島旅行の二日目のレポート。
 

1.日本で唯一の非電化路線

私たちが宿泊したのは、JR徳島駅近くのホテル。チェックアウトした後は、「鉄道を撮影したい」という息子に付き合って近辺の歩道橋から写真や動画を撮影する。うん、これは絶好の撮影スポット。むこう側はJR徳島駅で、ひっきりなしに列車が出入りしている。

 

 
知る人は知るという電車ネタだけれど、徳島県は非電化路線のため、ディーゼル車しか走行していない(走行しているのは電車ではなく気動車)。それはそれで貴重な経験なので、家族4人でJR徳島駅から鳴門線に乗車して鳴門駅までを往復する。

 

2.蜂須賀家の居城 徳島城

その後はJR徳島駅の北側にある徳島城跡を訪れる。この辺りは、他にも体育館・武道館・テニスコートなどいろいろな施設があるようだ。

 
徳島城は、豊臣秀吉の腹心である蜂須賀小六の嫡子である家政によって1586年に築城された。蜂須賀小六といえば、秀吉の一夜城(墨俣城)で活躍したことは有名(ただし、諸説あり)。その後も蜂須賀小六は秀吉が天下人を目指す過程において、黒田官兵衛と共に重要な役回りを演じている。ちなみに、私は軍師である黒田官兵衛には同業種じみた親近感(?)をおぼえており、大ファンでもある。
徳島城自体は、明治時代になって廃城となり、現在は跡地しか残されていない。公園の一区画という位置づけで、駅付近とは思えないほど静かな雰囲気に包まれている。頂上付近から徳島市民のシンボルである眉山(びざん)がよく見える。この日は前日の大雨が嘘のような快晴で、過ごしやすく気持ちがいい。
 
本当は、時間があれば、駅近くの阿波踊り会館からロープウェイに乗って、眉山を訪れたかったけれど、時間の都合で泣く泣く断念。

徳島城跡を訪れた後は、近隣の徳島城博物館で御城印を購入する。その後は、車に乗って、徳島市を後にする。目指すは、鳴門海峡を渡って淡路島の洲本城。

 
その模様は次回に。

 

眉山

眉山

  • 松嶋菜々子
Amazon

【旅行】Sabosanの淡路・徳島漫遊記 その1/GWに家族4人でオノコガルドを巡り大魔王ゾーマを倒す!

1.オノコガルドを四人パーティで巡る旅

今年のGWが始まった。先日、紹介したとおり、我が家では連休前半に淡路島(兵庫県)・徳島方面に一泊旅行をしたので、その様子を紹介したい。
当日は、車で明石海峡大橋を渡って淡路島に移動する。目的地は、2021年5月にオープンした淡路島北部にあるニジゲンノモリ ドラゴンクエストアイランド。

 
 
この体験型アトラクションの概要は以下のとおり。
  • プレイヤーは戦士・武闘家・盗賊・魔法使いから職業を選択して、最大4人までのパーティを結成する。全員が入場時にもらえる「冒険者のしるし」というデバイスを持参して、フィールド内を移動する。最初にこのデバイスに自分の名前を登録しておくと、移動やイベントのログが記録され、アトラクション終了後は持ち帰ってもOK。
  • フィールド内にあちらこちらに配置されたモニタ式の端末に「冒険者のしるし」を接触させることで、情報収集やバトルをこなし、ストーリーを進めていく。最終目的はラスボスの大魔王ゾーマを倒すこと。

 


www.youtube.com

 
私たちが訪れたGW初日は運悪く全国的な雨模様。当日はレインコートを身に着けて、ずぶ濡れになりながらフィールドのあちこちを移動する羽目に。その苦労が報われたのか、なんとか大魔王ゾーマを撃破!クリアまでおおよそ2時間ぐらいといったところ。
そして、おみやげを購入してから、カフェ(ルイーダの酒場)で休憩。お値段は少しはるが、キャラクターをイメージしたランチを食べる。
 
なお、アトラクションが終了した後は出口で写真撮影を行い、その写真とキャラクターが表示された冒険の書(?)をくれる。まあ、いろいろ仕組みが考えられていると感心。

 
ちなみに、ドラクエアイランドから隣の施設が見えて、なにやら巨大なモンスターの頭部が。すわ!もしやゾーマ撃破後の裏ボスか!?・・・と思ったらそうではなく、隣のアトラクションの施設に設置されたゴジラの頭部だった。プレイヤーはこの中に乗り込んでいくのだろうか。しかし、なんとも大がかりだ。

2.私のドラクエプレイ記録

余談になるが、子供の頃に遊んだドラクエについて、振り返ってみたい。私がプレイしたドラクエのシリーズは以下のとおり。
  • ドラクエⅠ・・ファミコン版をクリア。週刊少年ジャンプでこのゲームの存在を知って購入した記憶あり。攻略本も発売されていたような。
  • ドラクエⅡ・・ファミコン版をクリア。ラストダンジョンの難易度が相当高くて苦労した記憶がある。
  • ドラクエⅢ・・ファミコン版をクリア。ロト三部作の最終作で、主人公がⅠの祖先という設定には驚愕。
  • ドラクエⅣ・・ファミコン版をクリア。物語が5章で構成されており、それぞれ主人公が違う。真打ちの主人公は第5章で登場し、第1章~第4章のキャラクター達が仲間として合流する展開には当時胸が熱くなったもの。個人的には一番思い入れがある作品。
  • ドラクエⅤ・・・スーファミ版をクリア。主人公の子供時代からスタートして、青年時代を経て結婚した後に妻と子供とパーティを結成するという大河ドラマ的なストーリーは秀逸の一言。
 
なお、私はドラクエⅥ以降はプレイしていない。なんとなくRPG特有のザコ敵を倒してレベルを上げるという作業が苦痛になって、RPGから次第に疎遠になってしまった・・。あと、先日亡くなったすぎやまこういち氏が作曲した音楽は好きで、特に思い入れのあるドラクエⅣのオーケストラCDを購入した記憶がある。

 

さて、ドラクエアイランドでたっぷり遊んだ私たちは、淡路島を大きく南下して、四国に渡って徳島で一泊する。その翌日は徳島近辺を観光したので、その模様は次回にでも。

【プライベート】オンキヨーから議決権行使のお礼が到着/ありがたく使わせて頂きます♬

昨年6月にオンキヨーの株主総会の招集通知について触れた。
その後に開催された株主総会に対して議決権を行使した結果、事前のお知らせどおり謝礼としてQUOカード(500円分)が我が家に送られてきた。

 
1年近く前の出来事なので、すっかりその事を忘れていたが、ありがたく使わせてもらうことにしよう。オンキヨーの経営状態は大変なのに、このような事をしてもらって申し訳ないような・・・。

さて、そのオンキヨーは、昨年8月1日をもってジャスダックを上場廃止となった。これからは再建を目指していくだろうが、すでに主力事業を身売りしているので、今後の先行きは相当厳しいのでは・・・?そういえば、某電機メーカーに勤務する友人に聞いた話だが、過去に技術者の採用を行ったところ、オンキヨー出身者が多数応募してきたらしい。その当時から経営不振は徐々に顕在化し、人材の流出はすでに始まっていたのかもしれないし、現在も流出は続いているだろう。

 
そういえば、この10年間を振り返ると、近年の急速な環境変化の影響で業績悪化に苦しんでいる電機メーカーは数多い。例えば、関西圏を本拠地にしている会社の場合、以前にもネタにした三洋電機、シャープ、船井電機、そしてオンキヨーなどが思いつく。
これらは、過去に企業法務担当者の中途採用に応募を検討したり、実際に応募したが、落とされた会社。もし、私が入社していたら、今頃さぞかしエライ目にあっていただろう。今となっては複雑な心境・・・。
 
ただし、これだけ環境変化が激しい世の中になると、もはや先読みは本当に難しい。「変化に対応するためには自らが変化するしかない」と言われるが、厳しい時代になりつつあると感じる今日この頃。
 

【スマホ】NHK「ドキュメント72時間 スマホと歩む人生は」/ガラケーからスマホへの変遷を振り返ってみて

1.携帯ショップで垣間見える人間模様

4月22日に放映されたNHKのドキュメント72時間で新宿にある大型携帯電話ショップ(au系列店)の3日間の様子が紹介されていた。
 
機種の買替えや修理などで訪れる人たちの様子が紹介されており、スマホに対する様々な考えが興味深い。特に印象的なシーンが3月31日のauの3G回線の終了にともなってガラケーからスマホに機種変更した40代の男性。その人は長年にわたりガラケーを使い続けていたが、奥さんの勧めもあって、しぶしぶスマホに変更するため、店舗を訪れたという。

2.私の最後のガラケーとは

そのシーンを見ていて、ふと思い出したのが私が最後に使っていたガラケー。私はソリッドなデザインの京セラ製のガラケーが好みで、au時代にで4~5台ぐらい使っていただろうか。記憶を頼りに自宅の押し入れを探してみたところ、最後に使った京セラのK009と充電器を発見。なんとなく処分できずに保管していた。
 
久しぶりに充電して電源をONにしてみると、きちんと起動した!もちろん通話はできないが、ワンセグは健在で、今でもテレビを鑑賞できるのは驚いた。スマホでは、テレビ放送を見ることができないので、考えようによっては、災害時の情報収集用として、ワンセグケータイを自宅に置いておくのも良いかもしれない。

 

私がガラケー(K009)から格安SIMのスマホ(iPhone6)に切り替えたのは、2014年9月頃。その後、ASUSやHUAWEIなどのAndroidスマホを使い続けて、現在に至る。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

早いもので、あれから8年が経過してすっかりスマホライフが板についた私。こうなっては、スマホがない生活に戻ることはできない。それは私だけではなく、世の中の大半の人がそうだろう。ただし、私としては、スマホに全面的に依存するのではなく、あくまで一つのツールとして利用するだけ。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

iPhoneやAndroidの登場によって、ガラケーを製造していた国産メーカーの存在感は大きく低下し、もはや外国メーカーの独断場といえる携帯電話業界。よもや10年前には、このような状況は想像すらできなかった。過去のガラケー時代を知る私からすれば、「世の中は大きく変わったなあ」としみじみ。

 

携帯電話に限らず、これからも様々な分野で世の中は大きく変化し、それにともなって会社の興隆や衰退が起こるに違いない。個人も会社も生き残るためには、この変化の波に乗るしかないのだろう。

 

【IT】Outlookメールの使い方が仕事のパフォーマンスに直結する!?/自分好みにカスタマイズするべし

以前にも触れたことがあったが、自社では Microsoft 365のサービスを利用している関係で、メールソフトはOutlookを使用している。私の場合、この前身ともいえるOutlook Express(知っている人いる?)時代から使用しているので、使い方にはおおむね熟知している方。そのためか、同僚からOutlookの使い方について質問を受けることがあり、その都度アドバイスしている。 

今回は、私がOutlookのメールを使用するにあたり、日々実践しているテクニックを紹介したい。
 
①一行表示にカスタマイズ

最新のOutlookのメールは、コンパクト表示(タイトルと本文の一部が表示される)がデフォルトになっているが、一画面に表示される情報量が不足するため、あまり好きではない。そこで、私はレイアウトをOutlook Expressのように一行表示にカスタマイズしている。具体的には、レイアウト表示について、左から右に向けて、①フォルダウインドウ(受信トレイ、送信済みトレイ、アーカイブなど)、②メール項目ウインドウ(送受信日時・送信者・受信者・タイトル・フラグ・ラベル)、③プレビューウインドウ(メール本文)の3つを表示させる。そうすれば、②で読みたいメールを選択し、③でマウスのホイールを動かせば、メールを開くことなく本文内容を確認できる。

 

②ショートカットの活用
Outlookはマウスの使用だけでは時間を要するため、以下のようなショートカットを活用している。それだけでもスピードが全然違ってくる。
  • 送信者に対する返信メールを作成する ➝ Ctrl + R
  • CCを含む送信者に対する返信メールを作成する ➝  Ctrl + Shifr + R
  • 読んだメールを既読にする ➝ Ctrl + Q
  • いったん既読になったメールを未読に戻す ➝ Ctrl + U

 

③処理済みのメールは受信トレイからアーカイブに移動する

これはGTDの基本ルールでもあるが、タスクが完了したメールは、受信トレイ(INBOX)からただちに移動させるべき。私は一度読んだメールについて、タスクが完全に完了するまでフラグやラベルをつけて、受信トレイにしばらく放置しておくが、それが完了次第、案件毎のサブトレイ(アーカイブ)に移動している。つまり、タスクが全て完了すれば、もともとの受信トレイは空になるというわけ。

 

④メール本文内にパソコン画面のスクリーンショットを挿入する

メール設定をHTML形式にした場合、メール本文にテキストだけではなく、PCのディスプレイに表示されるあらゆる画像をメール本文に挿入できる。例えば、WEBサイト画面やWORDで作成した契約条項などを画像データとして、メール本文内に表示できる(挿入➝スクリーンショット➝画面の領域)。この機能を活用すると、メールの表現力が格段にアップするので、非常にお勧め。

 

ビジネスパーソンが最も使用頻度が多いアプリの一つはメールソフトだろうし、世の中にはWindowsユーザーが多い関係上、Outlookを使用している人も多いはず。従って、Outlookの使い方がビジネスパーソンのパフォーマンスを左右するといっても過言ではない。

 

ちなみに、Outlookはタスク管理機能も備えているが、それについては以前に言及済み。

kigyouhoumu.hatenadiary.com