企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【書評】斎藤孝「大人のための読書の全技術」/読書によって自分自身をアップデートする

1.読書本の読書

先日、図書館で借りてきたのが、こちらの書籍。 

大人のための読書の全技術

大人のための読書の全技術

 

 本書の内容を要約すると以下のとおり。

・読書は、自分を磨き、豊かに生きる力を与えてくれる。

・現代は、自分自身をデザインし、ブランド化していくことが求められる。読書は先人のノウハウを取り込むための良いツールである。

・読書は、①実用書としての読書、②快楽としての読書というように二つに分類することができる。

・目的をもって読書を行うことが大切。

・本の中から好きな言葉をノートなどに引用しておくと役に立つ。

・社会人にとって読書は現実に打ち勝つための手段である。

・古典を繰り返して読むことは100冊の読書に勝る。

・読書することよって継続的に自己刷新を行うことは生きる力となる。

巷では「現代人はスマホばかり触ってなかなか本を読まない」と言われて久しい。私自身は、どちらかというと子供の項から本をよく読む方で、学校の図書室や地元の図書館でよく本を借りたものだ。この習慣は、大人になってからも同様で、本を読むことに抵抗感を感じない。ちなみに、年を重ねるにつれて、私が読む本のジャンルは以下のとおり推移している。その時々で関心を持つ対象が変わっているためなのは言うまでもない。 

<10代>ファンタジー小説・SF小説など
<20代>歴史小説・ミステリー小説・推理小説など
<30代>ビジネス書、専門書(法律・会計・IT)、ライフプラン、歴史書など 

私が1ケ月に読む本の冊数は、おおよそ15~20冊というところで、おそらく平均より多い方だろう。読んだ本の記録は、読書記録サービスの「ブクログ」を利用している。 

私の読書のスタンスを紹介すると、以下のような感じ。  

  1. 月に1~2回は図書館を訪れて、本を借りる(場合によって複数の図書館をハシゴすることもある)。
  2. 毎週金曜日の仕事帰りに大型書店に立ち寄って、ベストセラーをチェックする。
  3. ビジネス書を読む場合、読書ノートに要点を書き写しながら、読み進める。そして、読書ノートは、週末に読み返して、自分の意見などを新たに追記する。

③の読書ノートについてだが、途中でEVERNOTEに記録したこともあったが、結局、アナログのノートに戻ってしまった。やはり手で書くことは思考と直結するので、こちらの方がしっくりとくる。どんなベストセラーでも本を読んで、理解したつもりだけでは不十分であり、行動に結び付けなければならない。読書ノートはそのための下準備のようなもので、内省の良いきっかけになると思う。また、Google Driveに読書ノートに対応したNO・タイトル・著者を入力したExcelを保管しておけば、検索時に役立つ。

2.まとめ

著者が本書において触れているように、読書とは、(スキル的にも教養的にも)自分自身を磨くための「自己刷新」であり、たとえるならば、OSのアップデートのようなものだ。スマホのOSが古いままでは、時代に取り残されるように、これからの不確実性が高い時代では、ビジネスパーソンは、自分自身をアップデートすることを常に意識しなければならない。 

そのためのコストパフォーマンス的に優れた手段が、読書(=著者の知識や経験を取り込んで、仕事や生活に生かす)である。特に、企業法務担当者は、他の職種に比べると、契約書の作成など文書作成力を問われる機会が多い。そのため、本を読むことは、自分のスキルを向上させるために欠かせないと思う。

【スマホ】停電時に使用したモバイルバッテリーが膨張していることに気づく/危ないので買い換え

前回、台風21号の関西地方への直撃により自宅が停電に見舞われたこと以前に触れたとおり。 

その際、USB扇風機や懐中電灯には乾電池を使用した一方、スマホにはモバイルバッテリーを使った。テレビが使えない状況では、スマホが情報収集のための命綱となるので、無駄使いしないようにしたが・・・。 

我が家のモバイルバッテリーは、私と妻がそれぞれ自分用に1個ずつ購入しており、出張や旅行時に持参するようにしている。停電が復旧した後、改めて充電しておこうと考えて、本体の外部接続用端子(Type-C)に充電ケーブルを差そうとしたが、なぜかうまくいかない。

「おかしいなあ」と思って本体を目視で調べてみると驚いたことに片側が膨張している!このアイテムは、3~4年前に妻が購入して使用していたバッテリーだが、何回も充電と放電を繰り返すうちにこのような形状になってしまったのだろうか・・・?

いずれにせよ、このまま無理に使用して事故でも起きたら大変なので、近いうちに処分して、新しいバッテリーに買いかえることにする。 

というわけで、モバイルバッテリーは非常に便利だが、今回のようなこともあるので、違和感を感じた場合には、まず目視で形状を確認することをお勧めしたい。 

バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

 

【社会】関西地方に台風21号が直撃し、丸一日停電生活を送る/電気のある生活のありがたみを実感

去る9月4日、関西地方を大型台風21号が直撃し、全域の電車や飛行機など交通機関がすべてストップした。そして、私が住んでいる地域では停電にも見舞われてしまった。将来になって、その時の様子を振り返るために、ブログに書き残しておこうと思う。


1.当日

前日からJRや私鉄の運行停止がアナウンスされていたため、当日は勤務先も休み。朝から家族で映画を鑑賞するなどのんびりと過ごしていたが、夕方3時から4時頃になると、猛烈な雨風が吹き始めて、ビュービューと物凄い勢いで窓をたたく。電柱の電線もかなり揺れているし、「大丈夫かな?」と考えていると、いきなり照明・エアコン・テレビが一斉に消えて、停電した。このようなことは初めてなので、しばらく家族で呆然としていたが、気を取り直して、物置に保管している緊急袋から懐中電灯と電池を取り出して明かりだけは確保する。

 しかし、エアコンが使えないのは、困ってしまった。9月に入っても、まだまだ温度や湿度が高く、エアコンなしには快適に過ごすことはできない。そこで、思いついたのが、会社用にストックしていたUSB扇風機を使うこと。通常はパソコンのUSB端子に接続して使用するが、乾電池のみでも稼動する。今回の停電時には、これが非常に助かった。私は予備として二台をストックしているが、これを物置から探してリビングのテーブルに置いてフル稼働。 
サンワサプライ USB扇風機 首振り付き ホワイト USB-TOY94W

サンワサプライ USB扇風機 首振り付き ホワイト USB-TOY94W

 

停電になると、もちろんテレビも映らないので、外部の情報はスマホの4G回線が頼りだ。幸い基地局は稼動しているらしく、スマホのニュースアプリやTwitterなどから情報収集を行う。もちろん、電源コンセントからの充電は見込めそうにないので、大切に使うしかない。なお、電気は使えないが、ガスと水道は通常どおり使用できたのは、不幸中の幸いだった。後で知ったことだが、近辺のマンションでは、水道も使えなくなって住人はトイレやお風呂で困ったらしい。

 
午後7時ぐらいになって台風21号は日本海側に抜けて、ようやく雨風は止んだ。とりあえず、電池と食料品を確保するべく、駅方面のコンビニに向かったところ、街灯も点灯していないので、あたり一面は真っ暗。信号も動いておらず、まるでゴーストタウンみたいだ。営業しているコンビニを見つけて、乾電池・パン・お茶・インスタント食品などを購入する。
 
夕飯は、インスタントカレーという味気ないものだったが、これはもうどうしようもない。ガスでお湯を沸かして解凍することができただけマシだ。あと、お風呂はお湯が出ないので、水をシャワーで浴びるだけ。
 
その日の晩は停電は復旧せず、早めに就寝したが、エアコンが使えないのはなんとも痛い。2台のUSB扇風機で枕元に風を送れたが、寝苦しい一夜を過ごすことになった。
 

2.翌日

翌日は、私の地元沿線は通常ダイヤで運行しており、遅刻することなく会社に出社できた。そして、夕方に自宅近辺の電力供給は再開されて、停電はようやく解消!ようやく、お風呂にも入れたし、エアコンやテレビなど電気のある生活が復活した。このように、我が家では、ほぼ丸一日電気のない生活を送ったが、やはり、インフラの整った日常生活のありがたみがよくわかった。
 
ちなみに、妻と話し合った結果、今回の大型台風による停電の教訓として、以下のアイテムを常備しておくことにした。

3.まとめ

今回の台風21号が関西地方を直撃した後、9月6日には北海道では最大震度7を記録する大型地震が発生し、全域で停電が発生した。たった一日だけとはいえ、停電生活を送った我が身としては、電気のない生活がどれだけ不便であるかよくわかる。
 
しかし、近年の日本では、猛暑・地震・噴火・台風・竜巻などの天災や異常気象が頻発している。これらの出来事は、これからの日本の未来を暗示しているようで、なんとも不気味に思えて仕方ない。

【Lifehack】アイデアはリラックスしている時にこそ思い浮かぶ/私の場合は起床後の洗顔時

1.アイデアが浮かびやすい瞬間

私の場合、仕事やブログのネタなど考え事をする場合、机の前で椅子に座っていくら考えても、なかなか良いアイデアが浮かぶことは少ない。それよりむしろ、肩の力を抜いてリラックスしている時にアイデアが浮かぶことが多いような気がする。

振り返ると、起床して洗面台で顔を洗ったり、ヒゲを剃っている時に良いアイデアが浮かぶことがたびたびあった。その場合には、アイデアを逃さないために、すぐにスマホでGoogle Keepにメモしたり、自分のGmail宛にメールを送信している。(こういう時にそなえて、私は自宅にいるときはスマホをいつもズボンのポケットに入れている)

 

読者の方も経験があるかもしれないが、不思議なことにアイデアというものは、一生懸命考えてもなかなか思い浮かばず、ふっと緊張を解いた瞬間に浮かびやすいのかもしれない。昔、とあるシンガーソングライターが「メロディはふとした瞬間に天から頭の中に降ってくる」と発言しているのをテレビで見たことがあるが、これに近いものかも。

この場合、大事なことは頭に浮かんだアイデアをそのまま放置するのではなく、すぐにメモすることだ。その方法はスマホのメモアプリでも、アナログなノートでもなんでも良いだろう。そうしたちょっとした習慣の積み重ねが積もり積もって大きな成果につながるような気がする。

2.おまけ

ひげ剃りの話題が出たついでに、私が普段使用しているメンズシェーバーを紹介したい。 

メンズシェーバーもピンキリで、大手メーカー製は1万円を超えるのはざらに存在する。しかし、どれを使用しても使い続けると外刃などが消耗して肌荒れの原因になってしまう。また本体の電池も劣化する。

そこで、私は、「シェーバーは1~2年単位で買い換えるべき消耗品」と割り切って、ローコスト製品を定期的にアマゾンで購入している。こちらの方がコストパフォーマンス的にお勧め。 

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール

 

【書評】「10年後、君に仕事はあるのか?」藤原和博(ダイヤモンド社)/10年後を生き残るためのヒント

タイトルに興味をもって図書館で借りたのが、こちらの本。 

10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」

10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」

 

著者はリクルート出身で、民間高校の校長を務めるという珍しいキャリアを持っている。私は、いつものように読書ノートをつけながら、本書を読了したが、ポイントをまとめると以下のとおり。 

・これからの10年で世界は激変していく。

・生き延びる力として、①基礎的人間力、②情報処理力(勉強によって身につく力)、③情報編集力(遊びや体験によって身につく力)の3つが求められる。特に正解がない「成熟社会」では、問題解決には③が必須となっていく。

・高度成長期の大量消費時代では、情報処理力が優れているだけで、それなりに人生はうまくいっていたが、不確実性がますます強まっていくこれからの時代ではそうもいかない。

・これからの企業では、自分で仮説を立てて、それを修正しながら、問題解決を行う人材が求められる。

・自分の給料を上げたいならば、需要と供給のバランスを考えて、自らを希少(レアカード)化せよ。

  

これらは、以前にネットでも著者による主張を目にしたことがあり、「なるほど」と納得した記憶がある。著者は「情報編集力」というキーワードを使っているが、初めてその言葉を目にしたときはちょっとした衝撃だった。

ここでふと思ったのだけれど、「ブログを書くこと自体が、情報編集力を鍛えることにつながるのでないか」ということ。ブログを書くということは、 

  • 自分の体験や気づきからネタを探す。
  • EVERNOTEに原稿をストックし、随時書き足していく。
  • はてなブログの管理画面でYouTube・Amazon・いらすとやなどのコンテンツを追加して公表する。
  • 記事にコメントが寄せられた場合、回答する。
  • 時折、過去の記事を読み返して修正する。

というように、インプットとアウトプットの様々な組み合わせであり、決して機械的な情報処理のみではない。ささやかではあるが、非定型的かつ創造的な作業が含まれているのだ。これを反復継続することは「情報編集力」の開発と訓練につながると思うのだが・・・。そして、ブログを始めてからのこれまでの人生を振り返ると、ブログ執筆にともなう情報編集力の開発は、仕事やプライベートにも良い影響を及ぼしているような気がする。

 

従って、私にとって「ブログを書く」ことは、

  • 頭の訓練になる。
  • 企業法務担当者として文章力を鍛える。
  • 趣味として楽しむ。
  • 社会に自分の考えや意見を発信する。
  • 情報編集力の訓練につながる。 

など様々な意味合いがあるのだ。というわけで、自分の能力開発を行っていくべく、マイペースでブログを書き綴っていくつもり。

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

 

【旅行】三重県 伊勢志摩に家族旅行をする/サミットが開催された美しい景勝地

今月の盆休みには、三重県の伊勢志摩に2泊3日の家族旅行に出かけた。観光したスポットは主に以下のとおりだ。


<1.横山展望台> 

伊勢志摩を代表する観光名所で、日本有数のリアス式海岸と島々が一望できる。こちらは、ミシュラン・グリーンガイドジャポンで一つ星に選ばれるなど、ぜひ訪れておきたい名所だ。私たちが訪れた日は天気も良く、絶景を心行くまで楽しむことができた。

 

 

<2.志摩スペイン村>

近鉄が運営するテーマパークで、今回の三重旅行に合わせて足を運ぶことにした。様々なアトラクションがあるが、子供たちがジェットコースターなどを嫌がったので、それほど派手なアトラクションを体験することはできず。

個人的に良かったのが「ロストレジェンド -シルコ・デ・ティエラ」という野外劇場型のパフォーマンス。6~7人のパフォーマーが物語に沿ってパルクールやアクロバティックを披露するというもので、炎や洪水などの大がかりな仕掛けがあるなど、一見の価値あり。

<3.伊勢志摩サミット記念館>

2016年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を記録に残すためのメモリアル的な施設で、無料で入ることができる。こちらでは、サミットで実際に使用されたテーブルやパネルなどが展示されている。せっかくなので、安部首相が座ったという椅子にも腰かけてきた。


<4.回転焼肉一升びん>

せっかく三重県を訪れたので、最終日に伊勢志摩から大阪へ帰る途中で松坂市に立ち寄って松坂牛を食べることに。以前にテレビ番組でこちらのお店が紹介されていて、一度行ってみたいと前々から思っていた。というのも、この店は、日本では珍しい「回転焼肉」をやっているのだ。回転寿司のように、肉がベルトコンベアに乗ってきて、お客はそれを取り出して、鉄板で焼いて食べる。なお、回転レーンは透明プラスチックのクリアリーフで覆われている。この内部は冷蔵庫のよう冷えており、肉の鮮度が落ちないように工夫がされている。さすがに、本場の松坂牛だけあって、味は十分おいしくて、家族で舌鼓をうった次第。

こんな感じで、あっという間の三日間だったが、家族で伊勢志摩を旅行して有意義なお盆休みを過ごすことができた。さて、次回はどちらに旅行しようか。

【スマホ】サービス終了予定のタスク管理アプリ「Wunderlist」の有望株を発見/その名はTickTick

1.GTDに欠かせないツール

本ブログでは、私が愛用しているタスク管理アプリ「Wunderlist」について、何度か触れている。このアプリには毎日お世話になっており、私にとって欠かせないツールだ。

 

このアプリのサービス提供を行っているのはドイツの会社。マイクロソフトが同社を買収した後、そのノウハウを生かして、自社製アプリ「Microsoft TO-DO」を公表したのが、昨年の春頃。同時期にWunderlistのサービス終了がアナウンスされて、世の中のWunderlistユーザは非常に落胆させられたが・・・。

それから1年以上が経過。しかし、サービス終了を公表したにもかかわらず、今のところWunderlistは普通に使えており、肩透かしをくらった状態が続いている。「ずっとこのままだったらいいのに・・」と思っていたところ、Google Playストア内の「Microsoft TO-DO」のアプリ情報に気になる注記を発見した。

「Microsoft TO-DOに2週間毎のアップデートを実施する」とのことで、これはもしかしたら、最終完成版のローンチのための最後の追い込み作業なのだろうか。とすると、実質無期延期状態であったWunderlistのサービス終了がいよいよ現実味を帯びてきたことになる。 

2.代替アプリを探す

このような危機感を抱いた私は、この盆休みを利用してWunderlistの代替アプリを探していた。ちなみに、その際の判断基準は以下のとおり。

 

<1.必ず欲しい機能>

①複数のデバイス間でクラウド同期できること

②デザインがそれなりにオシャレで見やすいこと

③タスクの繰り返し設定ができること

④タスクにメモを入力できること

 

<2.必須ではないが、あるに越したことがない機能>

⑤無料であること(または有料でも一括購入であること)

⑥タスク一覧の状態からメモや優先度を表示できること

⑦タスクを期限別・分類別にフィルタ表示できること

⑧パソコンのブラウザでも利用できること

  

3.ポストWunderlistの最有力候補?

そうして、現時点で私が有望株として目星をつけているのは、こちらのアプリ。

 

TickTick - To-doリスト & タスクリスト
TickTick - To-doリスト & タスクリスト
開発元:Appest Limited
posted withアプリーチ

 また、Wunderlistユーザの流入を想定しているのか、Wunderlistのデータのインポートにも対応している。これもありがたい。

というわけで、Wunderlistのサービス終了が正式にアナウンスされ次第、こちらに移行するつもりだ。私がWunderlistを使い始めたのは、iPhoneユーザだった頃の2016年秋。2年ほどお世話になったが、このアプリのおかげで日々のタスク(ブログの執筆含む)をスムーズに処理することができて、非常に助かった。正直なところ、このまま使い続けたいのはやまやまだけど、サービスが終了するならば、お別れも致し方ない。

日々のタスクを処理することは地味な作業だが、時間がたつにつれて、その積み重ねは大きな差につながっていく。大げさな言い方をすれば、タスク管理(GTD)とは、「快適な人生を送るための自分だけの仕組み」であり、自分の人生を左右する要因の一つだと思う。というわけで、今後もGTDをうまく使いこなしていきたい。 

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術