企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【書評】「ソード・ワールドRPGリプレイ集 スチャラカ編1~3」 (KADOKAWA)/ あの頃僕らは・・・Kindleストアのセールで久しぶりの「再会」

先日、 AmazonのKindleストアで、電子書籍のセールを開催しており、なにやら懐かしいタイトルを発見した。 

forest.watch.impress.co.jp

テーブルトークRPGとは、複数のプレイヤーがファンタジー世界の登場人物になりきって、ストーリーを楽しむボードゲームの一種で、1980年代に大流行した。このゲームでは、GM(ゲームマスター)がシナリオやダンジョンを作成して、複数のプレイヤーが戦士や魔法使いなどのキャラクターになりきって、GMやプレイヤー同士で会話しながらストーリーを進めていき、モンスターとの戦闘はサイコロの出目で判断する。いわば、ドラクエやFFなどのコンピュータゲームの大元となったアナログ的なゲームで、「ごっこ遊び」に近い。 

私が学生の頃にプレイしたのは、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」や「ソード・ワールドRPG」などで、週末には友人宅や公民館などによく集まったものだ。 

今となっては知る人は少ないかもしれないが、国産ファンタジー小説の金字塔である小説「ロードス島戦記」もテーブルトークRPGが起源で、某パソコン雑誌の一コーナーとしてひっそりとスタートしたに過ぎない。あくまでダンジョンズ&ドラゴンズのリプレイ集として誕生したが、後になって小説・アニメ・ゲームなどの多方面に展開するとは当時は想像もつかなかった。また、世界的に大ヒットしたファンタジー小説「ドラゴンランス」もダンジョンズ&ドラゴンズのプロモーション作品として生まれた経緯がある。
kigyouhoumu.hatenadiary.comkigyouhoumu.hatenadiary.com

リプレイ集は、このテーブルトークRPGの様子を書籍にしたもので、小説と違って気軽に読みやすい。言い換えると、一種の創作劇を鑑賞しているような感じ。私もテーブルトークRPGにハマった時期にリプレイ集を何冊か所有していたが、気がつくと、いつの間にか全て処分していた・・・。

そこで、なつかしさもあって、Kindleストアのセールを機会に「スチャラカ編」「ロードス島戦記」のリプレイ集を一括して購入して、毎日少しずつ読んでいる。 特に、スチャラカ編は、昔発売されていたドラゴンマガジン(富士見書房)の連載版をリアルタイムで読んでいたこともあるため、非常に懐かしい。

・・・あれから時が流れて、社会人となり、結婚して子供がいる現在となっては、学生時代に一緒にテーブルトークRPGを楽しんだ友人たちとは、すっかり疎遠になってしまった。とはいえ、あの時に友人たちとワイワイ騒ぎながら楽しんだアナログ的なテーブルトークRPGは、デジタルなコンピュータゲームと違って、想像力やアドリブ力を鍛える良い訓練になったような。そして、それは、今のビジネスパーソンとしてのスキル(臨機応変さ、応用力、アドリブ力)にも生かされているような気がする(少し美化し過ぎ?)。

【歴史】Sabosanの東北漫遊記2020 その3(白石編)/伊達政宗の名参謀 片倉小十郎が治めた城下町をめぐる

前回の続きで、東北編は今回で最終回。 

翌日に向かったのは、宮城県仙台市の南に位置する白石市。JR仙台駅から電車で一時間ほどで到着する。改札を出たところに片倉小十郎景綱をイメージした甲冑がお出迎え。 

そう、白石の有名人といえば、片倉小十郎景綱。戦国時代に伊達政宗に仕えた名参謀で、時の権力者である豊臣秀吉や徳川家康にも「国家の大器」と高く評価されたという。豊臣秀吉が1590年に北条家を討伐するために、小田原城を包囲した際、景綱は伊達家を守るために政宗を粘り強く説得して小田原参陣を決意させている。その後、江戸幕府の仙台藩として存続した伊達家の歴史を見れば、その判断は正しかったのは言うまでもない。 

その片倉小十郎景綱の息子である重長にも多くの逸話が流されている。大坂夏の陣では、政宗に従って伊達家の軍勢を率いて、豊臣家の真田信繁(幸村)と激闘を繰り広げた。その戦いの後、豊臣家の敗北を悟った信繁から子女を託されて、そのうちの一人は後に重長の後室になったという。本来ならば、徳川に遠慮してそのような申し出は断ってもおかしくないが、こういった男同士のエピソードは歴史ファンにとって胸アツものだ。

このようなエピソードを知っていたので、いつか片倉小十郎親子が治めた白石城を訪れたいと思っていた。

さて、JR白石駅から西に20分ほど歩くと、その白石城に到着。三層式のこじんまりとした平山城で、最上階の高欄に出ると、蔵王の山々が垣間見える。小十郎もこの風景を見ていたのだろうか・・・。 

白石城を巡った後は、近くの歴史博物館で御城印を購入する。

その後、JR白石駅まで戻ると、駅舎の陸橋からは寒々しいまでの山々の風景が垣間見える。こういった光景を見ると、東北に来たのだなあと感じる。

 

【歴史】Sabosanの東北漫遊記2020 その2(盛岡編)/雪解けが残る城下町と開運橋を散策する

前回の続きで、東北編の2回目。 
 
次に訪れたのは、岩手県の盛岡。JR盛岡駅に到着してから東に向かって歩くと10分ほどで「開運橋」という縁起の良い名前の橋に到着。  

開運橋自体は、それほど大きい橋ではないが、秋には鮭が産卵のため、川をさかのぼる光景が見えるという。橋の上で立ち止まると、遠くに雪景色で覆われた岩手山が見える。これもなかなか風流・・・。

開運橋といえば、昨年11月に紹介した小説「終わった人」(内館牧子)の終盤において、主人公が故郷の盛岡に帰郷した際、この橋を渡るというシーンがある。その時は、まさか自分自身が実際に訪れるとは夢にも思わなかったが・・・。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

さて、そのようなことを考えながら、さらに20分ほど歩くと盛岡城跡公園に到着。 

前日に訪れた会津若松の鶴ヶ城と違って、天守閣は復元されているわけではなく、幾重もの石垣だけがそのまま残っているだけ。しかし、石垣に積もった雪景色が東北らしい重厚な印象を与えてくれる。あたりを散策しつつ、すぐ近くにある歴史文化館を訪れる。こちらでは盛岡藩を治めた南部家の治世が紹介されている。残念ながら御城印は販売されていなので、代わりに裏手にある櫻山神社で御朱印を購入した。 

その後、ぶらぶらと歩いて駅の方まで戻る。そのまま東北新幹線に乗るのも味気ないので、駅近くの店でご当地グルメの冷麺と焼肉のセットメニューを食べる。これも旅の思い出だ。

次回は宮城県白石市を訪れた様子を紹介したい。

【歴史】Sabosanの東北漫遊記2020 その1(会津若松編)/日本百名城の鶴ケ城を訪れる

少し以前の話だが、福島県の会津若松(鶴ヶ城)を訪れる機会があったので、その模様を簡単に紹介したい。 

私が訪れたのは2月半ば頃。JR会津若松駅に到着したのは、午後3時頃だったが、午前中に雪が降っていたらしく、道端には溶けかけの雪が残っていた。

駅を南に向かってしばらく歩くとに鶴ヶ城に到着する。この城の瓦は紫色というのが特徴だが、残念ながら積雪で瓦は隠れてしまっている・・・。五層建の城内部は博物館になっており、見どころが満載。会津の地を治めた蘆名、伊達、蒲生、保科など歴代藩主や幕末の会津戦争などの様子が紹介されている。そして、最上階に登って天守閣から見渡せる周囲の山々の風景はなかなか壮観だ。

その後、城のそばにある観光案内所で、お土産として御城印を購入する。

駅に戻る途中で鶴ヶ城の城主である蒲生氏郷の墓に立ち寄る。歴史ファンならば、詳しいと思うが、氏郷は織田信長の下で頭角を現した優れた戦国武将で、1590年に 豊臣秀吉の命で東北地方の要所であるこの地を治めることになった。

氏郷はこの会津に来る前は三重県の松坂を居城としている。4年前に一人旅で松坂城跡を訪れたことのある私としては、不思議な縁を感じる。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

その後、駅まで戻ってから、近くのラーメン屋でご当地グルメの味噌カツとラーメンを食べて一服する。JRに再び乗車してホテルまで戻ったが、途中で見えた磐梯山の雪景色は壮観の一言。やはり、東北地方の壮大な山々には圧倒される。できるならば、いつか山登りをしてみたいものだ。

その次に訪れたのは盛岡城跡(岩手県盛岡市)。続きは次回に。

 

【経済】まさかのコロナ・ショック!/世界同時株安となった状況においてぴあを再び購入する

今年の2月に新型コロナ・ウイルス騒動が本格化してしばらく経過したが、遂に株価にまで悪影響を及ぼし始めたようだ。3月に入って世界同時株安が加速している。日経平均も17,000円を切るなど最安値を更新。まさか新型コロナ・ウイルスがここまで影響を及ぼすとは予想もつかなかったが・・・。

news.yahoo.co.jp

しかし、ピンチはチャンスともいうし、考えようによっては安値で株を購入する良い機会。というわけで、購入時の4倍近くまで上昇したときに処分したぴあ(4337)を再び購入した。

www.nikkei.com

といっても、私の目的は株主優待にある。ぴあの株主優待の一つとして、2,500円(1年間保有すれば、5,000円)分の図書カードが支給される。現在のような超低金利時代における利回りとしては、それほど悪くないし、特に私のような本好きにはありがたい。

corporate.pia.jp

ぴあは、1~2年前に急激に値上がりした時期があり、とりあえず利益確定するために処分したが、あくまで私の投資スタンスは、「株主優待狙い&長期保有スタイル」。しばらく保有することにしたい。

 

【IT】パソコンで複数のデスクトップを切り替えて使う/Windows10の新機能「仮想デスクトップ」

自宅や会社で使用しているパソコンをWindows7からWindows10に変更してからしばらくが経過した。使い始めた当初の違和感もなくなり、なんとか使いこなしている今日この頃。そんなWindows10で登場した新機能の一つが仮想デスクトップ。
 
これはパソコンの画面上に複数のデスクトップを作って、デスクトップごとに複数のアプリやフォルダを開いて相互に行き来できるという機能だ。例えば、一つ目のデスクトップは仕事用、二つ目のデスクトップは日常用と分類する等。一つのデスクトップに多くのアプリやフォルダを立ち上げて、タスクバーが見にくくなる人には便利かもしれない。ただし、私の周囲を見渡してもこの仮想デスクトップを使いこなしている人は意外と少ない。もっとも、デュアルモニタなど複数台のモニタを使用している場合、この機能を無理して使う必要はないような気がする。
 
ただし、以前にモバイルノートPC1台を持参して、地方拠点に出張に行った場合は、この仮想デスクトップはかなり役立った。例えば、デスクトップ1には、PowerPointのスライドショーを展開しつつ、デスクトップ2ではPDFを見せるという方法を用いたが、スムーズにプレゼンを行うことができた。(いったんデスクトップを作れば、Windows+Ctrl+→(または←)のショートカットで左右に行ったり来たりできる)
 
 
そんな仮想デスクトップの使い勝手をさらに向上させるアプリがマイクロソフトから公開されている。こちらのサイトを参考にしたので、紹介しておきたい。このカスタムアプリを使うと仮想デスクトップがさらに使いやすくなること請け負いだ。

f:id:Sabosan8022:20200315164653p:plain

【テレビ】NHK-BSで「全ファイナルファンタジー大投票」が放送/かつてプレイ経験のある作品もランクイン

少し前になるが、2月29日夜にNHK-BSで「全ファイナルファンタジー大投票」(二部制で合計3時間半!)を放送していたので、とりあえず録画しておいた。そして、この週末にようやく鑑賞。
この番組では、スクウェア・エニックスから発売された「ファイナルファンタジー」のシリーズ作品から、好きな作品・キャラクター・音楽などが視聴者からのランキング形式で発表された。
 
ファイナルファンタジーといえば、私も学生時代にシリーズのⅢ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅶをプレイしてクリアしたことがある。ただし、Ⅷ以降は、RPG自体がプレイするのが億劫になって、プレイはしなかったが・・・・。
これらの中で、私にとって特に思い入れがある作品は、Ⅵだろうか。スーパーファミコンで最後に発売されたシリーズ作品で、スペックの限界まで生かして、様々な新しい試みをやっていた。例えば、機械が登場する世界観、劇中でキャラクターがオペラを演じる等・・・。また、キャラクターの個性とストーリーが確立しており、それぞれの群像劇がきちんと描かれていたと記憶してる。
 
ちなみに、番組で発表された人気作品第1位はⅩだったが、あいにく私は未プレイ。Ⅹをプレイした経験のある某友人は、「エンディングで感動して泣いた」と言っていたが・・・。
 
しかし、こうして番組を見ながら振り返ると、子供の頃の懐かしい思い出が蘇る。これらの作品は、スマホゲームでも発売されているので、試しに購入してみようか。FINAL FANTASY VI

FINAL FANTASY VI

SQUARE ENIX¥1,840posted withアプリーチ