企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【旅行】Sabosanの播磨漫遊記 2018 その1(姫路編)/黒田官兵衛ゆかりの地をたどる

7月に入ってから猛暑が続く日が続いているが、猛暑にもかかわらず、1泊2日で一人旅に出かけた。行き先は兵庫県西部の姫路と赤穂だ。というわけで、その旅行の様子を今回と次回の2回に分けて紹介したい。

 

1.一人旅の経緯

まず、今回の一人旅を思い立ったのは、現在NHK-BSで再放送している2014年大河ドラマアンコール「軍師官兵衛」を鑑賞したことだ。 ちょうど最新の放送回では、播磨で織田家と毛利家が地元の小大名や土豪を巻き込みながら勢力争いを繰り広げているところで、その舞台として姫路が登場していた。

黒田官兵衛といえば、播磨の小大名の家老職の息子として姫路城で生まれ、その後豊臣秀吉に仕えた天才軍師だ。その息子の黒田長政は「関ヶ原の戦い」で東軍について福岡藩52万国の初代藩主となるが、それらは官兵衛による土台作りの賜物といえ、実質的には福岡藩の藩祖は官兵衛といえる。

なお、軍師というと、自らの考えを表に出さないなにやら腹黒いイメージがあるかもしれないが、官兵衛自身は、出来る限り殺生は避ける性格で、生涯側室を持たなかったという人格的にも立派な人柄だったらしい。このように優れた知略と人格を合わせ持っているためか、数多い戦国武将の中でも、軍師官兵衛は人気が極めて高い(だからこそ、NHK大河ドラマの主人公になっているわけで)。

ちなみに、以前にも触れたとおり、企業法務担当者は、ある意味、軍師(企業参謀)的なポジションに近い。そのため、私自身は黒田官兵衛に対して同業種じみた(?)親近感を覚えており、思い入れがある戦国武将だ。従って、昨年、九州に行った際には、福岡に移る前に官兵衛の居城であった大分県の中津城も訪れている。 

2.世界文化遺産 国宝 姫路城

さて、出発当日は、朝早く自宅を出て、JR東海道線に乗車して大阪から姫路方面に向かう。姫路に到着したのは9時過ぎ。到着した後、駅近くのレンタサイクルで自転車を借りて北の姫路城に向かう。駅に降りた時点で城が見えており、迷うことなく15分ほどで到着する。

 

 付近は、すでに外国人観光客も姿もちらほらと見えて、時間が進むにつれて少しずつ人が多くなっていく。さすがに世界文化遺産だけあって、観光客の目当てのスポットはまずは姫路城のようだ。(当日は、日本人より外国人の数の方が圧倒的に多く、インバウンド需要を生身で実感した)

 

姫路城は、地上6階、地下1階という国内最大級の天守閣を備える。別名で「白鷺城」と名称があるように、壁一面が白漆喰で塗り固められている。平成21年から5年をかけて改修作業を行い、現在の姿に生まれ変わった。官兵衛はこの城で出生しているが、その当時は、現在の規模よりはるかに小さく、砦に毛が生えたようなものだったが、1580年に羽柴(木下)秀吉が中国方面軍の拠点とした際と1600年の「関ケ原の戦い」で池田輝政が播磨52万国を賜り、姫路城主となった後、次々と改修が加えられて、現在の大規模な形になっていった。

天守閣を見た後、周囲の西の丸や二の丸などを散策する。もっとも、猛暑であまりのんびりできなかったが・・・・。やはり広大なだけあって、全てを観光するだけでも2時間ほどかかってしまった。 

その後、時間が余ったので、近隣の美術館や博物館をいくつか回りつつ昼食を食べる。

3.若き官兵衛が青春時代を送った場所 御着城

しかし、それでも時間が余ってしまったので、駅前の観光案内所でもらった冊子をめくっていたところ、自転車で行ける距離にとある歴史名所を発見。それは姫路から東に4キロほど離れた場所にある御着(ごちゃく)城跡。

 

猛暑の中をペダルをこぎ続けるのは大変だったが、途中のコンビニやニトリで涼みつつ、無事に到着。かつて御着城の縄張があったこのあたりは住宅や学校が立ち並んでいるが、その一角には姫路市役所御着支所が建っている。面白いのが建物の形で、なんと小さいお城をモチーフにしている。明らかに御着城を意識しているのだろう。なかなかセンスがある支所だと思う。

御着城は、西播磨をおさめていた小寺政職(こでらまさもと)がおさめており、官兵衛の父親である黒田職隆が小寺家に仕えていた。官兵衛はこの御着城で家督を継ぐまで近習として仕えていたという。 

さすがに夕方になってきたので(また、非常に暑かったので)、そのまま自転車で姫路方面に戻って、ホテルにチェックインした。

旅行1日目はこのような感じ。翌日は赤穂浪士で有名な赤穂を訪れたが、それはまた次回に。 

 

【Lifehack】私にとってこだわりの財布とは/二つ折りで小銭入れに仕切りがあるもの

私は、自分が使用する道具については、それなりにこだわりを持つ方だ。ただし、ブランドにはそれほどのこだわりはなく、あくまで機能面に相当こだわるタイプ。例えば、ペンや手帳については、以前にも取り上げたとおりだ。 

今回は、財布に対する私のこだわりを紹介したい。まず、私が財布を新しく購入する場合、重視する点は、以下のようなポイント。 

①二つ折り財布であること
男性用財布には、大きく分類して長財布と二つ折り財布がある。長財布は、背広の内ポケットから取り出すとスマートな印象を与えるが、今の時期のようにクールビズの場合には、上着は着ないので、ズボンのポケットに財布を入れるしかない。しかし、長財布をズボンのポケットに入れるとスリなどの被害に合う可能性があり、非常に危ない。従って、私は、普段から長財布は持たずに、二つ折り財布を使用している。二つ折りならば、ズボンのポケットに入るし、ズボンのポケットのボタンを留めれば、防犯上も安心。

②小銭入れがファスナーではなくポケットであること
小銭入れがファスナーの場合、その上げ下ろしに手間がかかることがある。しかし、ポケットタイプならば、「開く/閉じる」という動作は、手間が少ない。当初は、それほど違いはないと思っていたけど、ほぼ毎日行う動作なので、この差が意外に大きい。

③小銭入れに仕切りがあること
小銭入れに仕切りがない場合、全ての硬貨が一緒になってしまい、支払いの際にスムーズに取り出しにくい。しかし、仕切りがあり、ポケット内が二つに分かれている場合、一方には1円・5円・10円の硬貨を、他方には50円・100円・500円の硬貨というように分類することができる。こうすれば、硬貨で支払う際に必要な硬貨を取り出しやすい。 

というわけで、私が財布を買う際には、これら①~③の全てをクリアしているかどうかを必ずチェックしている。しかし、意外に③を満たす財布がなかなかなく、財布を買い換えるときは、いつも苦労している。

 

なお、二つ折り財布を、ズボンのポケットに入れておくと、どうしても夏場に汗などを吸って財布がへたってくる。従って、私にとって財布は、毎年買い換える必要のある消耗品であり、あまり高いものは買わないようにしている。

 

以上が私なりの財布へのこだわりだが、これは私個人の独断と偏見に過ぎない。人によっては別の見方があると思うし、人それぞれの別の考え方があってよいと思う。

本格革財布の仕立て方 一流サンプル職人が教える (Professional Series)

本格革財布の仕立て方 一流サンプル職人が教える (Professional Series)

  • 作者: スタジオタッククリエイティブ,池田耕平,梶原崇(Studio Kazy Photography)
  • 出版社/メーカー: スタジオタッククリエイティブ
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

【アニメ】リメイク版「銀河英雄伝説」の第1期を見終わった感想/旧作との違いを意識しながら見比べるのもあり

この4月から6月にかけて田中芳樹原作の「銀河英雄伝説」のリメイク版アニメが放映された。 

全話を通して観賞した感想を触れてみたい。

 
①戦闘シーンの描写がグレードアップ
CG 技術の進歩があるためか、戦闘シーンは間違いなく旧作より迫力がある。第11話では帝国軍の戦艦が海上から次々と飛翔するシーンがあったが、これは旧作アニメにはない描写で、なかなか格好良かった。第12話では、ワルキューレとスパルタニアンとの格闘戦の様子が描かれていたが、めまぐるしくアングルが変わるなど旧作では見られない描写。
 
②キャラクターが美形化
女性受けをねらったのかどうか知れないが、シェーンコップ、ポプラン、アッテンボローなどの主要キャラクターが旧作の面影を残しつつ、美形化されている。その一方で、キャゼルヌやムライなどの中年キャラクターには、その恩恵(?)はなかったようだが・・・。

③原作の微妙な改変
基本的には原作をきっちりと踏襲しつつ、イゼルローン攻略、カストロプ動乱、アムリッツア前哨戦などの要所で、原作や旧作アニメにはない場面が新しく加えられている。私はこれぐらいの改変はあり、かなとも思ったが、原作ファンには賛否あるかもしれない。
 
④第1期の終わり方が中途半端
私はてっきり第1期は原作1巻までアニメ化し、来年の劇場版で原作2巻を映像化するとばかり思っていた。しかし、最終回を観賞して驚いたことに、原作の9割(アムリッツア星域会戦の前哨戦)まで進んだところで、第1期が終了してしまった。なんとも中途半端な終わり方になってしまったが、これはファンの「飢餓感」をあおるためなのだろうか。個人的には、キリの良い所で一区切りつけてほしかった。
 
すでにAmazonのレビューで評価が真っ二つに分かれているように、ファンにとって今回のリメイク版には賛否両論があるようだ。しかし、中身は置いておいて、これまで銀英伝を知らなかった若い世代に、今回のアニメが原作を知る良いきっかけになったのは間違いないだろう。それだけでも評価されて良いと思う。そして、それをきっかけに田中芳樹の別作品(アルスラーン戦記・創竜伝など)にも興味がわいて、原作本を手に取るきっかけになれば良いのだが・・・。 
銀河英雄伝説 Die Neue These 第1巻(完全数量限定生産) [DVD]
 

 

【お勧めサイト】「リクナビNEXTジャーナル」/ビジネスパーソンにとって有益なヒントが盛りだくさん

最近、通勤時間やお昼休みに以下のWEBサイトをチェックしている。

リクナビNEXTは、日本でも有名な転職求人サイトだが、「リクナビNEXTジャーナル」はそれから派生したコンテンツで、誰でも閲覧することができる。こちらでは、キャリアに関するニュースやコラムが紹介されており、ビジネスパーソンの読み物としては、なかなか悪くないと思う。

この中で、私のお気に入りは、「大事なことは全部マンガが教えてくれた」シリーズ。

 

大事なことは全部マンガが教えてくれたの記事一覧 | リクナビNEXTジャーナル

 

このシリーズでは、有名な漫画作品の一場面を引き合いに出しつつ、そこから学べる教訓を紹介している。こういった知識を少しずつ習得し、試してみることはビジネスパーソンにとって成長のきっかけになるのではないだろうか。

本サイトでは、コラムなども豊富で、下手なビジネス書よりよっぽど有益だ。ビジネス書には体系的に知識を習得できるというメリットはあるが、本サイトのようにちょっとした知識や体験談から学ぶことも、それはそれで役に立つもの。ちなみに、印象を受けた記事は、そのままEVERNOTEでクリップしてノートに保存する。私はEVERNOTEを毎週末に再確認しており、過去の記事を何度も再読している。このように、「記録→確認→実行」の繰り返しは、ビジネスパーソンとしての成長にもつながると思う。

 

リクルート 挑戦する遺伝子

リクルート 挑戦する遺伝子

 

 

【プライベート】Switch版「スカイリム」をプレイして、圧倒的な自由度に驚く/「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」のベースになったゲーム

以前に、Switch版「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド(BOW)」をプレイしたことは触れたかと思う。 

本作でオープンワールドに興味を覚えた私は、現在、Switch版「スカイリム(The Elder Scrolls V: Skyrim)」を少しずつプレイしている。これは世界的に大ヒットしたゲームで、知名度が高いのでご存知の人も多いはず。スカイリムと呼ばれる地方が舞台で、そこで主人公は様々な物語に巻き込まれていく。剣や魔法を使い、クリーチャーやドラゴンなどと戦いながら先に進んでいくファンタジーだ。本作は、2008年に発売されたPCゲームだが、現在は様々なプラットフォームに展開しており、今でも人気が高い作品だ。 


The Elder Scrolls V: Skyrim® 紹介映像

 本作の特徴を紹介すると、以下のとおり。 

  • 広大な大地をどこまでも動き回れるオープンワールドゲームで、プレイヤーは自分が望む場所に行くことができる。
  • ゲームの進行が片道一方通行ではなく、プレイヤーが自由に選択できる。一応、大筋のストーリーはあるが、これを無視してサブクエストに取り組んでも構わない。また、街中でスリをしたり、商店で売っている品物を盗んだり、衛兵に攻撃をしかけたり、と自由度が本当に高い。
  • 街中にいるNPCと会話できるが、全員がフルボイスでしゃべる、しゃべる。(BOWでもNPCと会話はできるが、「んん?」「あ~」みないな相槌程度に過ぎなかったので、これには驚いた)
  • プレイヤーは、一人称視点と三人称視点のいずれかを選択できる。前者の場合、操作にコツがいるが、戦闘シーンは迫力がある。

BOWとよく似ているという風評を聞いて、興味半分にプレイしてみたが、逆にBOWの元ネタはスカイリムだということがよく分かった。圧倒的な自由度や戦闘や会話のスタイル、料理までと、かなり類似していることが伺える。おそらくBOWの開発陣は、スカイリムを相当やりこんだ上、うまい具合にゼルダ風にアレンジしたのだと思う。いわばBOWは日本版スカイリムのようなものか。

私が特に面白いと思ったのが、街中でもいわゆる「無法プレイ」ができるという点。例えば、商店などでアイテムを購入するため友好的に会話をしていても、攻撃をしかけたり、アイテムを盗むと(間違ってボタンを押すことがある)、たちどころにお尋ね者になってしまい、周囲の衛兵に攻撃されることになる。これは、普通のRPGにはないシチュエーションがなんともシュールで、最初はつい笑ってしまった。

そんなわけで、現在、マイペースで少しずつスカイリムを進めているが、ボリュームがかなり大きいのでクリアまで時間がかかりそう。まあ、気分転換程度に少しずつストーリーを進めていこう。 

The Elder Scrolls V: Skyrim(R) - Switch

The Elder Scrolls V: Skyrim(R) - Switch

 

【プライベート】ドキュメント大阪北部地震/通勤途中に地震に遭遇し、徒歩通勤するハメに

1.地震で関西一円の鉄道がストップ

ニュースで報道されているとおり、6月18日7時58分に大阪北部で震度6の地震が発生した。将来、この日を振り返るために当日の様子を記しておきたい。
 

ちょうどその時、私はOSAKAメトロの某駅で電車に乗車した直後だった。いきなり大きな振動がきて、車体がユッサユッサと揺れる。そして、あちらこちらから一斉にスマホの緊急警報が鳴り響いた。しばらくしてから構内アナウンスで「特別警報が発令されましたので、駅構内から地上に非難して下さい」というアナウンスが流れる。どうしようもないので、とりあえず、電車を降りて地上に上がる。

 
地震当時は地下にいたので、それほど大きな揺れは感じなかったが、上層階のビルにいた人は、相当揺れたらしい。とりあえず、妻に無事でいることことをLINEで送り、歩いて会社までに向かうことにする。途中、コンビニのイートインで休憩しながら、なんとか会社に到着することができた。
 

 
ただ、私は大阪市内にいたときに地震に遭遇したので、こうして徒歩で会社に到着できたが、同僚には途中駅で地震に遭遇し、近隣の駅で降ろされた結果、移動できなくなった人が続出。例えば、同僚Aさんは西宮で電車を降りるはめになり、いくら待っても動かないので、通勤をあきらめて2時間かけて歩いて自宅に帰ったという。そのようなわけで、当日の会社は閑散としたフロアで仕事をした次第。
 
当日は定時で退社したが、鉄道の一部は復旧していなかったので、ネットカフェで時間をつぶしてから帰宅した。帰宅後、妻に様子を聞くと、子供たちを学校に送り届ける途中で地震に遭遇し、「歩いていると、突然突き上げるような振動が来て、周囲のマンションが左右に大きく揺れていた」とか。
 

2.まとめ

私の住んでいる地域では断水やガスの供給停止などは起きなかったが、何人かの知人が不便な目にあったらしい。また、今回の地震では鉄道全線ストップという事態に遭遇し、歩いて会社に向かうはめになったが、こういうときにあらためて、普段からインフラが整備されていることのありがたさを感じる。
 

 
 

【歴史】NHK「歴史秘話ヒストリア」/歴史ネタを知って教養を深めるには良い番組です

1. 常陸の不死鳥

私が毎週チェックしている番組の一つがNHKの「歴史秘話ヒストリア」だ。こちらの番組では、戦国時代を始め、古代から近代にかけて歴史上の人物や出来事に関するネタを紹介している。ただ、歴史に詳しくない人でもとっつきやすいように、ドラマパートやアニメパートを挟むなど、わかりやすいように工夫している。教養を深めるにはなかなかよい番組だと思う。

さて、6月13日の放送回では、戦国時代の関東の小大名である小田氏治が登場するので、私も興味を持って観賞。この人物は歴史ファンの間では「知る人ぞ知る」的な人。というのは、敵に奪われた本拠地を取り戻すべく何度も合戦をするが、連戦連敗続き。しかし、本人は戦死することなく畳の上で大往生を遂げたという稀有な生涯を送っている。 この大名の場合、周囲に上杉家、北条家、佐竹家など有力大名がひしめき合っており、それらに圧迫されていたためだが、同情の余地がないでもないが・・・。

2016年の大河ドラマ「真田丸」で人気があった真田昌幸のように、弱小大名が大大名を手玉にとるのは、極めて珍しいケースなのだろう。

2.「信長の野望 戦国立志伝」で小田氏治をプレイ

この番組を観賞して、改めて興味がわいたので、PSP Vita版「信長の野望 戦国立志伝」で、小田氏治をプレイしてみる。能力地のパラメータは中の下というレベルで、なるほど確かに弱くて、真田昌幸の足元にも及ばない。

 

さて、1回目のプレイでは、隣接する北条家から侵略を受けてあっと言う間に滅亡・・・。

 

そこで、気を取り直して2回目のプレイでは、北条家に積極的に贈物を行い、友好関係を築いて、なんとか(従属関係に近い)同盟関係を結び、北条家からの援軍を受けつつ、近隣の小大名を攻略する。そうして、領地と人材を吸収し、なんとか今後の目途がたったところだ。

このように、当人は能力値が低くても、同盟国の力を利用して他国を侵略し、領地や人材をそろえてしまえれば、あとはなんとでもなるのが、このゲームの良い(?)ところ。 

3.おまけ

ちなみに、この「歴史秘話ヒストリア」だが、4月と5月には、歴代ガンダム作品の人気投票結果を紹介する 「歴史秘話 ガンダムヒストリア」という特別回を放送していた。宇宙世紀という「架空の歴史」をモチーフにしたのだろうけど、なかなかNHKも味なことをすると思う。