企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【書評】「マルチの子」西尾潤(徳間書店)/マルチ商法を体験した著者の実体験に基づく自伝的小説!?

1.マルチ商法の実体験から

先日図書館で借りて読んだのがこちらの小説。
マルチの子

マルチの子

Amazon

マルチ商法いわゆるネットワークビジネスを題材にした小説で、著者の実体験に基づいているらしい。従って、こういう世界もあるのか、と興味深く読むことができた。

bunshun.jp

主人公は、高校卒業後に就職した勤務先を退職した後、ふとしたきっかけでマルチ商法の世界に飛び込んでいく。そして、一度は幹部クラスまで出世するが、そこには落とし穴があって・・・というストーリー。なお、本作は関西地方が舞台になっており、梅田・心斎橋・淀屋橋・明石・住道など知っている地名が登場するため親近感が感じられて面白い。

作中後半で会員の獲得に伸び悩んだ主人公は、マッチングアプリでネットワークを広げようとして知り合った男に以下のような説教を受けるが、これがマルチ商法の本質を言い当てている。

「マルチ商法で儲かるのはごく一部の上位者だけ。普通の会員はいっとき調子が良くても必ず破綻する。売上が足らなくなって自己資金を突っ込み、それでも足らなくなって借金が膨らんだ結果、最終的に破綻してしまう」

つまるところ、マルチ商法とは「上位者が下位者を食らう」という搾取型ビジネスモデルであり、ネットワークに所属する会員の大半は損をするようになっている。痛い目に合いたくないならば、手を出さない方が身のためだ。

f:id:Sabosan8022:20211115221356p:plain

2.おまけ

ちなみに、私は20代の頃に大阪市内の司法書士事務所に勤務していたが、そこで知り合った二人(そのうち一人は幹部クラスで、かなり羽振りは良かった)から別々のタイミングで某有名マルチ商法の勧誘を受けたことがある。彼らはいずれも「一緒に成功しよう」という甘言で私を誘ってきたが・・・。
 
しかし、いたって現実的な私は「本当に儲かる話ならば、赤の他人にわざわざ紹介せずに自分でこっそりと独占するはず。世の中にそんなウマい話なんてあるわけない」と考えて、いずれも丁重にお断りした。もちろん、その二人とは完全に縁が切れており、こうしてブログのネタにしている。
f:id:Sabosan8022:20211115221352p:plain
リーマンショックや新型コロナウイルスを経て貧富の差がますます広がり、格差社会に突入しつつある現代ニッポン。ある意味、「強者が弱者を食らう世界」となりつつあり、私や家族も様々な詐欺に遭いかけた経験がある。幸い大きな被害に遭うことなく、今のところ堅実な人生(?)を送っている私。
 
今のご時世では、少しでも油断すれば、自分が「搾取される側」になってしまう。そうならないためには、やはり知識や経験に基づく正しい判断で自分と家族を守らなければならない。マルチ商法の体験者である著者が書き下ろした本書はその一助になるかもしれない。

【仕事術】プレゼンとは一期一会のライブである/大切なのは下準備と意外性とライブ感

このたび社内で法務研修を行うことになり、私が講師を務める予定。
 
といっても、社内向けの研修自体は、別に今回が初めてというわけでもなく、これまで自社の複数拠点で何十回も行っており、もうすっかり慣れたもの。受講者の規模も数人規模の小グループから百人単位の大人数まで経験済みで、プレゼンターとしてそれなりの場数をふんでいる私。

f:id:Sabosan8022:20211114184233p:plain

そんなベテランの私でも毎回欠かさずに行っている下準備が一つある。それは、自宅の自室で本番さながらにプレゼンの予行演習を何度も行うこと。その際は、スマホのタイマーアプリで時間をはかりながら練習を行う。そうして、微調整を行って、本番のためのブラッシュアップを行う。

f:id:Sabosan8022:20211114183841j:plain

また、自分のプレゼンスタイルにもこだわりがあって、資料に記載されたテキストの棒読みだけは絶対にしないようにしている。これは過去のセミナーで受講者となった立場から学んだ教訓だが、話の方向性や結末が完全に予想できるプレゼンは聞いてても面白くないし、眠たいだけ。それならば、事前に資料を配布して「これを読んでおいて下さい」と説明すれば済む話だろう。
 
f:id:Sabosan8022:20211114184733p:plain
そこで、私は、受講者に質問して回答を求めたり、テキストには記載されていない資料のPDFをモニタに映し出す等の工夫をしている。私にとってプレゼンとは聞き手との1回限りの真剣勝負であり、その場のライブ感や意外性を特に重視している。このあたりは、音楽アーティストのコンサートと同じ。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

kigyouhoumu.hatenadiary.com

このように、私は「プレゼンとは一期一会のライブである」という信念を持っており、これからも自分流のテクニックを高めていくつもり。

【登山】晩秋の播磨アルプスを堪能する/桶居山(兵庫県)の岩稜と展望を楽しむ

すっかり秋めいて穏やかな天気が続く今日この頃。先日も大阪府大東市の飯盛山に登ったばかり。
今回は兵庫県姫路市の桶居山(おけいやま)に登ってきたので、その様子を紹介したい。このあたりの山は岩稜が多く、播磨アルプスと呼ばれている。標高は250メートルほどでそれほど高くないが、様々な展望が楽しめる。
 

当日はJR大阪駅から姫路方面の電車に乗車して曽根駅で下車。北に10分ほど歩くと豆先登山口に到着。ただ、登山口が普通の民家の隣で、非常に分かりにくかった。

f:id:Sabosan8022:20211113170655j:plain

そこから登山開始。登り始めて気づいたけど、この一帯は岩山が続いているというもの。あちらこちらに岩が転がっており、注意が必要。

f:id:Sabosan8022:20211113170638j:plain

f:id:Sabosan8022:20211113170950j:plain

1時間ほど登ると正面には巨大な岩盤の百間岩(ひゃっけんいわ)がそそり立つ。この百間岩の登りが、今回の登山の醍醐味。場所によっては角度が50度ぐらいありそうな急坂で、途中で四つん這いになって這うように登らないといけない。頂上から振り返ると眼下の街並みが広がる。

f:id:Sabosan8022:20211113171620j:plain

f:id:Sabosan8022:20211113171846j:plain

ここから西側の分岐に移動し、アップダウンを経て桶居山に向かう。尾根道からは南北の風景を左右に見渡せるなど見晴らしは抜群だ。

f:id:Sabosan8022:20211113172336j:plain

f:id:Sabosan8022:20211113172346j:plain

頂上に到着後、しばらく休憩してから一気に下って神社に到着する。そのまま南に歩けばひめじ別所駅に到着。ちなみに、一つ西隣がJR御着駅で、3年ほど前に戦国武将の黒田官兵衛が小寺家に仕えた御着城跡を訪れている。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

このような感じで登山は無事に終了。11月に入ってかなり過ごしやすくなったが、登山を始めると暑くなって上着を脱いでしまう。しかし、登山にうってつけの気候が続くので、今月もう一回登山に出掛ける予定。その模様はまた今度に。

 

f:id:Sabosan8022:20211113172722p:plain

【テレビ】NHK-BSで「シャーロック・ホームズの冒険」が放送中/子供の頃に鑑賞した海外ドラマの名作

この8月からNHK-BSで海外ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」の放送がスタート。シャーロック・ホームズといえば、コナン・ドイルが書いた探偵小説の主人公で、名探偵の代名詞で使用されるぐらい有名。本作では、ジェレミー・ブレット演じるホームズがとにかくハマリ役で、イメージぴったり。
この海外ドラマは、子供の頃に毎週土曜日の晩にNHKで放送していて、家族全員で鑑賞していた思い出がある。1980年代に制作された古い作品なので、CGも特殊効果もないが、登場人物の服装や小道具、街並みが丁寧に再現されており、逆にそれが19世紀のイギリスの雰囲気を醸し出す効果がある。

f:id:Sabosan8022:20211027222743p:plain

私の場合、このドラマを見た後、大人になってから原作を読んだ。エラリー・クイーンやアガサ・クリスティのような「多数の容疑者の中から意外な真犯人が判明する」というような本格推理小説とはちょっと毛並みが違うが、意外な結末となることが多く、十分面白い。それをきっかけに推理小説を読みまくった時期もあるぐらい。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

今は、NetflixやアマゾンプライムでCGゴリゴリの映画が当たり前だけど、「シャーロック・ホームズの冒険」のようにアナログ的なドラマが逆に新鮮に思えるから不思議。子供の頃に一度見た作品だけど、ストーリーは完全に忘れているので、初見のように楽しめそうだ。

【手帳】NOLTY リスティ1の使い方の紹介/多色フリクションボールペンと組みあわせて予定管理&振り返り

来年の手帳には、能率手帳のNOLTY リスティ1を使用することは以前にも触れたとおり。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

今回は、私なりのリスティ1の具体的な使い方を紹介したい。リスティ1は、

  • 年間予定表
  • 月間予定表(マンスリー)
  • 週間予定表(ウイークリー)
  • ノート
という非常にシンプルな構成。それだけに、ユーザーの使い方や工夫次第でいかようにもアレンジ可能な点が特徴だ。そこで、私なりのマンスリーとウイークリーの使い方について触れてみたい。

f:id:Sabosan8022:20211107211755p:plain

1.共通ルール

まず、私は、リスティ1に使うペンとして、パイロットのフリクションボール4色(手帳向きの0.38ミリの極細タイプ)を使っている。手帳にいったん予定を記入しても変更することはよくあることで、その場合はこすって消せるフリクションは非常に便利。リスティ1の紙質は丈夫にできているので、フリクションでこすっても破れることはない。

そして、多色ペンの特徴を生かして使用する色を以下のとおり使い分けている。そうすれば、予定やタスクを色の違いで瞬時に把握することができるから。これが意外と便利。

  1. 黒色・・・仕事関連
  2. 青色・・・プライベート関連
  3. 赤色・・・重要部分、注釈など
  4. 緑色・・・後日に振り返った際の追記

2.マンスリーの使い方

マンスリーには、会議・外出などイレギュラーな予定を記入する(先に説明したとおり、仕事は黒色、プライベートは青色で使い分ける)。左上にはその月の仕事の目標(A)を、右上にはプライベートの目標(B)を書く。左側の余白(C)には、仕事関連のタスクを記入し、下側の余白(D)にはプライベート関連のタスクを記入する。
 

f:id:Sabosan8022:20211107204816j:plain

 

3.ウイークリーの使い方

左側の余白の上側(A)には、仕事関連のタスクを、下側(B)にはプライベート関連のタスクを記入する。上側の余白(C)には、当日朝に済ませるタスクやカバンに持参するアイテムを青色で記入する。日付の下のエリア(D)には、その日に絶対に完了させたいタスク(目標)を記入しておく。あとは、日中の仕事予定(E)と退社後の予定(F)を記入する。その下のエリア(G)には、その日の感想等のメモを記入する。なお、最下段(H)のスペースは当日はとりあえずこのまま空けておく。この箇所は、週末にGoogleカレンダーや日記を確認しながらその週の振り返り(週次レビュー)を行った際に、その日についてのメモをあらためて緑色で記入する。
 

f:id:Sabosan8022:20211107212858j:plain

 
NOLTY リスティ1の使い方はおおむねこのような感じ。
 
個人的に、手帳の上手な使い方とは、「①記入する→②確認する→③振り返る」をいかに効率的に行うかにつきる。特に週次レビューを行う際に、マンスリーやウイークリーに内省的なメモを緑色で追記すれば、思考ログが蓄積されることになり、手帳はさらに奥深いツールとなっていく。いわば、緑色の追記した箇所は思考の軌跡であり、どんどん書き込めば脳への刺激にもなる。
 
あとは、これにスマホなどのデジタルツールを組み合わせれば、GTDとしては完璧だろう。

【社会】選挙帰りに地元を散歩して気づいたこと/唐揚げ専門店とフランチャイズ・ビジネス

先日、妻と衆議院選挙の投票のために地元小学校の訪れた後の出来事。ひさしぶりに子供抜きで二人で外出したので、散歩を兼ねてゆっくり遠回りしながら帰路についた。すると、いくつかの飲食店が閉店していることと、唐揚げ専門のテイクアウト店が2件ほどオープンしていることに気がつく。

f:id:Sabosan8022:20211103215342p:plain

以前に、新型コロナ・ウイルスの影響で唐揚げ専門店が増加傾向にあるというネット記事を見たことがあるが、どうやら本当のようだ。
そういえば、唐揚げというと、大分県中津市が有名だが、九州に出張した際、黒田官兵衛が縄張りした中津城を観光した折に地元店舗で唐揚げを食べた記憶がある。もうかなり以前の話。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

さて、この出会いも一つの縁と思い、それぞれの唐揚げ店舗からチラシをもらって帰宅する。調べてみると、二店とも某フランチャイズチェーンの本部と契約した加盟店(フランチャイジー)のようだ。ただ、フランチャイズというと、本部は確実に儲かる一方、販売店はリスクを負わされる傾向があるのも事実。ちなみに、地元近辺でもこれまで複数のコンビニが廃業してマッサージ店や葬儀屋に変わっている。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

個人的には、現在の唐揚げブームをみると、過去に流行ったタピオカや白いたい焼きなどを思い浮かべてしまう。果たして、これらの唐揚げ店は5年後、10年後も存在しているのだろうか・・・。

【登山】野崎観音から飯盛山をめぐる歴史旅/「日本の統治者」と呼ばれた戦国大名 三好長慶の居城跡

長かった猛暑も終わり、新型コロナウイルスの感染者も減少傾向にある今日この頃。行楽日和が続くこの時期に登山に行ってきた。

f:id:Sabosan8022:20211031193329p:plain

目的地は大阪府東部の大東市と四条畷市にまたがる飯盛山。標高310mで、それほど高くないが、山頂付近には戦国時代に近畿圏を支配していた三好長慶の居城「飯盛城」の遺跡が残されている。

1.大東市歴史民俗資料館

当日は、JR大阪駅から学研都市線に乗車して30分ほどで野崎駅で下車。そのまま南東に向かい、大東市歴史民俗資料館に立ち寄る。こちらは大東市の歴史を紹介した小規模な施設で、受付窓口で御城印を販売中。こちらの御城印は、一般的なものと違って緑色という珍しいデザインだ。

f:id:Sabosan8022:20211031185502j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031185517j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031185536j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031185554j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031185755j:plain

 

2.野崎観音から飯盛山を目指す

そして、大通りに戻って「野崎参り」でも有名な野崎観音(慈眼寺)に到着。ここから登山道に入って、雑木林を歩いていく。急坂を登ったり、舗装道を通るなどして、一時間ほどで飯盛山の山頂に着く。当日はポカポカ日和で、ブルゾンを着ていると暑いくらい。

f:id:Sabosan8022:20211031190928j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031190943j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031190958j:plain

頂上奥には南北朝時代に活躍した楠木正行の銅像や展望台が設置されている。展望台に立つと、大阪平野の眺めが眼前に広がる。遠くはあべのハルカスも見えるなど見晴らしは最高。

f:id:Sabosan8022:20211031191013j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031191030j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031191051j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031190911j:plain

 

3.四條畷市歴史民俗資料館で一休み

飯盛山の山頂でしばらく休んでから北西方向に向かって尾根沿いを下山する。そのまま四条畷駅に向かうが、途中にある四條畷市歴史民俗資料館にも立ち寄る。こちらで登山疲れを癒しつつ、展示物を鑑賞。

f:id:Sabosan8022:20211031192249j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031192305j:plain

f:id:Sabosan8022:20211031192236j:plain

大東市と四条畷市の歴史博物館で三好長慶が大きくクローズアップされているのは、飯盛山自体が両市をまたがっているためだろうか。また、ついこの10月に飯盛城跡が国の史跡に指定されたらしく、宣伝にもかなり力を入れている様子。
三好長慶は、足利幕府の将軍 足利義輝を京都から追放し、「日本の統治者」と呼ばれたこともある実力者。今回の登山は、その足跡をたどる歴史旅になった。そういえば、私の好きな歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」では、地元大阪の三好家をまだプレイしたことがないので、いつか試してみたい。