企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【旅行】Sabosanの兵庫・鳥取漫遊記 その1(出石・豊岡編)/但馬の小京都 出石で御城印をゲット!

いよいよ開幕した東京オリンピックに合わせて祝日が移動した結果、今年の7月は22日から25日まで4連休となった。そこで、今年は2泊3日で兵庫・鳥取北部に家族旅行をすることに。マイカーや鉄道で観光名所を回ったので、その様子を数回にわけて紹介したい。 

1.但馬の小京都 出石

初日に訪れたのは、兵庫県豊岡市にある出石(いずし)。但馬の小京都と称され、歴史にちなんだ観光名所が多い城下町だ。出石城跡を散策したり、出石そばを食べたりしながら辺りを散策。観光案内所でお土産として御城印と出石そばを購入する。 

f:id:Sabosan8022:20210725194742j:plain

f:id:Sabosan8022:20210725194759j:plain

f:id:Sabosan8022:20210725194819j:plain

f:id:Sabosan8022:20210725194838j:plain

 
そういえば、但馬の小京都と言われるだけあって、昨年11月に訪れた愛媛県の大洲市になんとなく雰囲気が似ている。 

2.コウノトリの野生保護地 豊岡

出石から鳥取に向かう途中に、小休止を兼ねて訪れたのが、JR豊岡駅付近。 

 
駅前のショッピングセンターで一服した後、電車好きの息子のリクエストで、入場券で駅構内に入って写真撮影に付き合うことに。利用者数はそれほど多くなさそうだが、なかなか大きな駅で、京都丹後鉄道とも連結している。
 

f:id:Sabosan8022:20210725200346j:plain

f:id:Sabosan8022:20210725200408j:plain

そうして、時間をつぶした後、鳥取に向けて出発。車を運転して1時間半ほどで到着する。翌日は鳥取砂丘などを観光したが、その様子は次回に。

f:id:Sabosan8022:20210725220106p:plain

 

【プライベート】日本一長い商店街で妻とランチデート/久しぶりに訪れたらお気に入りの店の大半が廃業していた

先日、有休をとって妻と大阪市北区の南森町付近を散策しながらランチをした。この南森町から北に向かって日本一長い(全長2.6キロ)商店街としても有名な天神橋筋商店街が立ち並んでいる。 

このあたりは、私が過去に勤務していた職場があり、知り合った当時の妻の職場も近く、仕事帰りによくこのあたりでデートしていたのは懐かしい思い出。
f:id:Sabosan8022:20210718165216p:plain
当時あった店舗を探しながら散策したが、なんどか利用したことのある飲食店の大半がすでに廃業していたことに驚く。まあ、あれからかなりの歳月が経過しているので、無理もない。
一般的な通説によると、個人事業主が100社起業した場合、5年後には8割が廃業し、10年後には9割が廃業するという。つまり、起業10年後の生存率は10%という厳しい数字で、これはあながち間違っていないような・・・。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

結局、目当ての店がすべて閉店していたので、近くのホテルの2階レストランで妻とランチを食べたが、街並みの変わりように過ぎ去った歳月の長さを実感。

f:id:Sabosan8022:20210718164559j:plain

この商店街の多くは飲食店で構成されており、新型コロナウイルスによる客足の減少がもろに直撃しているのだろう。いよいよ今週から東京オリンピックがスタートするが、国内不景気の事実を実感させられた時間だった。 

【アプリ】Microsoft To Doを1年間使用した感想/ Wunderlistの「後継者」として十分な実力あり

私は、日々のタスク管理には手帳やスマホのアプリを並行して使っているが、リピートして処理するタスクには後者をメインで活用中。そのアプリとして、かつて愛用していたのがWunderlist。非常に完成度が高く、評判も良かった良質アプリだ。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

しかし、その高い技術力を評価されたのか、Microsoftが運営会社を買収してしまった。そして、おそらくWunderlistのノウハウが用いられて、Microsoftから新たにローンチされたのがこちらのアプリ。

 
Microsoft To Do
Microsoft To Do
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ
 
 
 
 
 
 
あれから1年が経過。
 
最初は、なんとなく違和感を感じていたが、Wunderlistをベースにしているだけあって、ユーザーインターフェースにWunderlistらしさが残っており、すぐになじむことができた。こうして、Wunderlistを経てMicrosoft To Doを使ってみると、両者は驚くほど類似している。
  • 同期もスムーズで、バグとは無縁
  • 様々なプラットフォームで使用可能
  • 繰り返し設定が可能
  • メモを記入したり、ファイルも添付できる
  • 無料で使用可能
 

f:id:Sabosan8022:20210717191616j:plain

f:id:Sabosan8022:20210717191621j:plain

 
従って、このアプリは、初級者~上級者を問わず、スマホでタスクを管理したい人には安心してお勧めできる。Microsoftから提供されているだけあって、他社に買収されて、サービスが終了されるおそれもないだろう。 

f:id:Sabosan8022:20210717192001p:plain

【スマホ】スマホのホーム画面には持ち主の性格が反映される?/私のAndroidホーム画面を晒します

先日、Kindle  Unlimitedで読んだのがこちらの電子書籍。 

本書を要約すると、「スマホに不要なアプリをインストールしたままにするのではなく、必要なアプリだけを厳選して、使いやすいようにカスタマイズするべき」で、個人的にはまったく同感。スマホのアプリは自分の部屋や机と同じで、何も意識しないまま漫然と使っていると、次第に雑然としてくる。

 

私のこれまでのスマホ使用歴は、iPhone6(Apple)→Zenfone3(ASUS)→P20 lite(HUAWEI)で、現在はHUAWEIのP30 lite(SIMフリー)を使用中。こちらは、2020年冬のAmazonセールを利用して20,000円で購入したものだが、低価格の割にiPhone11に引けをとらない高スペック機で、コストパフォーマンス性が非常に優れている。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 
スマホのアプリに関するマイルールは、以下のような感じ。
  1. Nova Lancher(ホーム画面のカスタムアプリ)で、1行に表示するアイコン数を4列から6列に増やす。
  2. 使用頻度が高いアプリはフォルダに格納せず、ホーム画面の下側にそのまま配置する。
  3. 使用頻度が低いアプリはカテゴリごとのフォルダに格納して、ホーム画面の上側や真ん中に配置する。
  4. Androidの特徴であるウィジェットを活用する。例えば、メモ系や参照系(カレンダー、天気予報)のウィジェットをホーム画面の右側や上側(左手の親指が届きにくい場所)に配置する。
特に1)が重要ポイント。Androidスマホでも購入直後のホーム画面のアプリは、iPhoneのように横4列配置。しかし、Nova Lancherというアプリを使えば、これを6列でも、7列でも増やすことができる(行数も同じように変更)。試行錯誤した結果、個人的には6列表示が使いやすい。

f:id:Sabosan8022:20210713215823j:plain

Nova Lancherは他にもアプリのアイコンの見た目を変更できる等、スマホを自分好みにカスタマイズする際には非常に重宝する。 Androidを使うならば、インストールしておいて損にはならない。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

それをふまえて、今回あらためてアプリを「断捨離」したので、現時点における私のスマホのホーム画面を公開したい。

 
<ホーム画面1>使用頻度・・大
一番下には頻繁に使用する記録系アプリ(Google Keep、OneNote、EVERNOTEなど)を一列に並べる。右側には名言(毎週1回変更する)を記入したふせんやGoogle Keepのウィジェットを配置する。上側には、Google検索や日めくりカレンダーのウィジェットを配置。そして、ドックには最も使用頻度が高いアプリ6つ(LINE、Microsoft To Do、Chrome、瞬間日記、音楽プレーヤー、カメラ)を配置。

f:id:Sabosan8022:20210713220317j:plain

 
<ホーム画面2>使用頻度・・中(ホーム画面1の左側に配置)
上側から3ケ月間カレンダー、月間カレンダー(一日予定に関するウィジェットを表示する。後の2つのカレンダー(DigCal)は、Googleカレンダーと連動しているため、入力した情報がリアルタイムで反映される。そして左下には家族ごとのLINEアイコンを設置する。家族それぞれにLINEする場合、各アイコンをタップすればよく、手間がかからない。設定やタイマー系アプリもこの画面に配置しておく。

f:id:Sabosan8022:20210713220931j:plain

<ホーム画面3>使用頻度・・小(ホーム画面1の右側に配置)
上側から天気予報、お気に入り写真(毎週1回変更する)、アート系アプリのウィジェットを配置する。その下には、使用頻度が低いアプリやフォルダを配置。また、散髪や登山などのイベントからの経過日数が表示されるアプリ(デイカウンター)も配置しておく。このページは画面1や画面2に比べるとそれほど使用頻度は多くない。

f:id:Sabosan8022:20210713221142j:plain

<ホーム画面4>使用頻度・・小(ホーム画面3の右側に配置)
個人的にお気に入りの名言やEVERNOTEのウィジェットを配置。使用頻度は低く、気が向いた時に参照する程度。

f:id:Sabosan8022:20210713221134j:plain

 
最近のiPhoneはOSのバージョンアップに合わせてホーム画面にウィジェットが配置できる機能が追加されるなどAndroidに近づきつつあるが、カスタマイズ性はまだまだAndroidの方が優れている。私のような「こだわり派」にとって、Androidは相性が良い。
あと、今やスマホは、現代人には欠かせない万能ツールには違いないが、あくまで生活や仕事の質を高めるための「道具」に過ぎないため、ライフスタイルや価値観に応じて自分好みに徹底的にカスタマイズすればいい。あとはそれを定期的に見直すことが大事だと思う。

f:id:Sabosan8022:20210713222937p:plain

【資格】2022年から士業の事務所も厚生年金や健康保険の適用対象に/過去に勤務経験がある自分としては感慨深い

1.年金財政の危機!?

先日、目にしたのが以下のニュース。
年金制度の改革に関する法令で、2022年10月に施行予定。この法律の目的は、これからの少子高齢化社会の到来を見越した年金制度の財務基盤の強化にある。その中で特に私が目を引いたのが次の箇所。
非適用業種(法定16業種以外の個人事業所は非適用)の見直し
非適用業種 ⇒ 弁護士・司法書士・税理士・社会保険労務士等の法律・会計事務を取り扱う士業については、他の業種と比べても法人割合が著しく低いこと、社会保険の事務能力等の面からの支障はないと考えられることなどから、適用業種に追加する。
今まで、弁護士や司法書士などの士業の事務所には厚生年金や健康保険は適用されなかったが、2022年からは従業員5名以上の事務所は強制適用となる。これは、それだけ年金財政の悪化状況が待ったなしという事実の裏返しだろう。

f:id:Sabosan8022:20210710145021p:plain

2.過去に司法書士事務所勤務経験あり

このニュースを目にして少し感慨深い私。現在、上場企業の企業法務担当者として働いている私だが、20代の頃には大阪市内の司法書士事務所に4年ほど勤務していた経験がある。 

零細規模の司法書士事務所・税理士事務所・行政書士事務所などは、人件費の費用増加を避けるために厚生年金や健康保険に加入していないのが大半。私が働いていた司法書士事務所も例外ではなかった。私も働くまでわからなかったが、士業の業界は、徒弟制度の名残が色濃く残っており、スタッフの福利厚生が充実しているケースは少ない。現在は、司法書士事務所法人など厚生年金や健康保険に加入している事務所も見かけるようになったが、当時は事務所法人は存在せず、結局は社会保険加入は事務所経営者の考え方次第だった。

www.mentoragent.org

従って、私は自分の給与から国民年金や健康保険などを支払っていたわけで、先輩同僚たちは、陰でよく不平不満をグチグチとこぼしていた。その結果として、事務所職員は老後は厚生年金ではなく国民年金という前提でのライフプランニングが必要になってくる(一方で、士業経営者は自分の老後を見越してきちんと蓄財している)。当初は、疑問に思わなかった私だが、一般企業に勤めている友人との待遇の違いに次第に違和感を持ち始め、将来性に疑問を抱いて別業界に転身する。それが現在の企業法務担当者としてのキャリアにつながっているわけで、結果としてその選択は正解だったわけだが・・・。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

このように、士業の事務所には、待遇面で一般企業と違う思わぬ盲点があるので、業界志望者はこのあたりも注意しておいた方がいい。

3.まとめ

そういえば、私が司法書士事務所から一般企業に転職した際、役所に国民年金から厚生年金への切り替え手続きに行ったことがあった。その際、職員に「これまでフリーターでもなさっていたのですか?」と言われたのは忘れられない。
私としては、零細事務所の職員ながら、一応スーツとネクタイをしめて、それなりにプライドを持って仕事をしていたつもりだが、世間からの認識が「この程度」と知って非常に落胆したものだ。

f:id:Sabosan8022:20210710150432p:plain

今回の年金制度改正法を受けて、多くの士業の事務所は、厚生年金や健康保険に加入せざるを得ない状況となるだろう。大半の士業経営者にしてみれば、今回の措置は事務所の人件費アップに直結するため、できれば敬遠したいのが本音。しかし、仮にも法律を「メシの種」にしている士業ならば、今回の年金改正法もきちんと守って、将来における我が国の年金財政の破綻回避に貢献してほしいものだ。 

【書評】「自動車保険金は出ないのがフツー」加茂隆康(幻冬舎)/保険会社との交渉経験がある私もすこぶる共感

先日読んだのが、こちらの書籍。

著者は交通事故案件を多く手掛ける弁護士で、損害保険会社との交渉や訴訟を多く経験。自らのエピソードを引用して、保険会社と交渉する際のポイントを紹介しており、勉強になる。まして、私の場合、昨年妻が被害者になった交通事故案件で某大手損害保険会社と半年近くの交渉を経験済み。あのときは、人生初の経験で大変苦労したが、最終的には一応満足できる結果で終わらせることができた。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

従って、本書には、自動車保険金交渉の経験者である私が共感できる部分が多く見受けられる。

保険会社は、自賠責基準または弁護士会基準(自賠責の1.5~2倍の金額)やうち、自賠責基準の支払いで済ませようとする。

これは全くそのとおり。当初、保険会社はまず見舞金10万円を私に提示してくれたが、それだけ。妻が通院が終了しても、なかなか自賠責基準の支払いすら提示してこなかった。

弁護士をつけると保険会社の態度が変わる。出るところに出ないと、支払いを渋られる。

これもそのとおり。最初は、「そのような支払義務はない」と慰謝料の支払いを渋っていた保険会社だが、私が正式に弁護士を選任して、弁護士会基準の金額を請求すると、拍子抜けするくらいあっさりと支払に応じてくれた。

 
今にして思えば、あの時の保険会社と私のやりとりは、まるでキツネとタヌキの騙しあいのようで、保険会社の本音としては、相手方が無知の場合、できる限り支払いをおさえたかったのだろう。そうさせないためには、こちらも知識武装した上、使えるものは使って、したたかに交渉する図太さが必要。まるで漫画「クロサギ」を地でいくような双方の駆け引きが要求される。

f:id:Sabosan8022:20210704190751p:plain

ただ、保険会社の社員の立場にたてば、(自分ではなく)他人が引き起こした自動車事故について、様々な当事者の利害関係を調整しながら、被害者のクレームにも耐え、上司の指示(=「なるべく保険金の支払いを渋れ」)にも従いつつ、解決をはからなければならない。これはなかなかストレスのたまる仕事だろうし、個人的には同情できないこともないが・・・。
それにしても、保険会社にしてみれば、すんなりと言いなりにならず、独自に動いて弁護士を選任した上、保険金を請求してくるやっかいな客(=私)は、さぞかしうっとしい相手だったろう。ただ、私にしてみれば、家族を守るために必死だったわけで、保険会社には運が悪かった(?)として、あきらめてもらうしかない。 

【Lifehack】キャリアアップや趣味のために図書館を使い倒すべし/高い住民税を払っているので、モトをとりたい

6月中旬まで続いた緊急事態宣言が終わるのを待って、私が真っ先に訪れた公共施設がある。それは地元の図書館。それまでは緊急事態宣言の影響で、図書館は軒並み閉館していた。ビジネスパーソンにとって読書は効率的な自己投資術の一つで、インプットには欠かせない。かといって、読みたい本を全て購入するわけにもいかず、図書館を活用している。
 
記録オタクの私は、ブログのサイドバーに表示しているとおり、読んだ本はすべてブクログに記録している。

私が読む本の主なジャンルといえば、企業法務、ビジネス関連、会計、IT、ライフプラン、社会経済、歴史、小説など様々で、今回借りた本は、以下のような感じ。  

神・時間術

神・時間術

Amazon
生産性

生産性

Amazon
ビジネスの世界で生き残るための現場の会計思考

ビジネスの世界で生き残るための現場の会計思考

  • 作者:安本隆晴
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
Amazon
ロス男

ロス男

Amazon

なお、以前にも紹介したGoogle Chromeの拡張機能「その本、図書館にあります。」とTrelloを組み合わせると、本の検索や予約が簡単なので、お勧めしたい。 

kigyouhoumu.hatenadiary.com

また、図書館で借りた本のうち、有益そうなものは、読書ノートに記録して、定期的に読みなおしている。 やはり本の読みっぱなしは読書の効果が半減するからだ。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

今回借りた本の合計金額は約13,000円。それが図書館で借りると、当然ながら無料。毎月の給料から決して安くはない住民税を引かれているので、これを少しでも取り返すつもりで、公共施設である図書館を使い倒していきたい。 

f:id:Sabosan8022:20210627202043p:plain