企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【仕事観・キャリア論】昇進の辞令/現在までの勤務実績をきちんと評価して頂きました

1.突然の辞令 先日、仕事中に上司に呼ばれて急遽個人面談となった。それによると、私の昇進が内定したとの事。それに伴って今まで「ヒラ」扱いだったのが、一応役職がつくことになった。ありがたい話である。早いもので現在の会社に転職してから、はや数年。自社に貢献するべく自分なりに目標・ミッションを設定し、自社の利益の最大化/リスクの最小化を考えて自発的に行動していたつもりである。そして、自然と社内にもある程度私の名前が売れるようになり、社内クライアントも増えた結果、名指しで相談を受けることも多くなった。また、上司に対しても仕事完了/問題発見/解決策提案などに関してホウ・レン・ソウを欠かさず行っていたのだが、それらを評価して頂いたようだ。 2.改めて目標設定 この不景気において自分のやりたい仕事(=企業法務)をある程度自由にできる環境にあるだけでもありがたい話であるのに、それらが会社によってきちんと評価されるとは、本当に本当にありがたい話だ。もっとも、うかれてばかりではいられない。昇進に伴って責任も重くなったともいえるため、より一層自己研鑽に努めて真のプロフェッショナルを目指していきたいと考えている。 そのようなわけで今後も私の知識・経験・ノウハウ・見解などを社会に発信していきたいと考えていますので、よろしくお付き合い下さい。 「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします! にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村