企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【プライベート】病院で誤って他人に自分の健康保険証を渡される/信じられないミスから学ぶ教訓

1.信じられない出来事

先日、診察のために地元の病院を訪れた際のエピソードを紹介したい。

会計を済ませて、自分の診察券と健康保険証を返してもらおうとしたところ、受付の人がいくら探しても私の分が見つからない。どうやら、私の直前に会計を済ませた人(親子連れ)に対して、誤って私の診察券と健康保険証を渡してしまったらしい。到底考えられないミスで、私もさすがに絶句・・・。しかも、私は病院の後に急ぎの所用があったので、すぐに移動する必要があり、病院側の「当人に連絡をとって、Sabosanの健康保険証を病院に持ってきてもらう」という言葉を信用して、その場を後にすることに。

その後、1時間半ほどしてから病院から電話がかかってきて、「間違って渡した人に連絡がついて、Sabosanの健康保険証を持ってきてもらいました。現在、病院で保管していますので、いつでも取りに来てください」という電話がかかってきて、ようやく一安心・・・。近日中に取りにいく予定だが、冷や汗ものの出来事だった。

この一連の出来事の原因は、

  1. 病院側が渡すべき健康保険証をきちんと確認せずに、別人に渡してしまった。
  2. 誤って私の健康保険証を受け取った人が、その場できちんと確認せずに受け取ってしまった。 

という二重のミスが重なったことにある。私が訪れた病院はどちらかというと小規模だが、同じような出来事は、規模を問わずどの病院でも発生しうると思う。 

健康保険証は、個人にとって再重要レベルの個人情報であり、他人の手に渡ってしまった場合、悪用される可能性もありえる。今回、病院とのやりとりに際しては、私は努めて平静を装っていたが、人によっては激怒するレベルだろう。 

2.まとめ

この出来事は、ケアレスミスの恐ろしさを教えてくれる。例えば、こういったミスを防ぐために、仕組み(マニュアル)を整備する職場もあるかもしれないが、、それだけ優れた仕組みを構築しても、結局それを運用するのは「人」であり、いつかミスは起こりえるもの。 

ざっと、このようなエピソードだが、読者の皆さんも病院に行って、診察後に保険証を返してもらう場合、常に確認するクセをつけることをお勧めしたい。