企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【旅行】Sabosanの関東漫遊記 その2/川越散策・地下鉄博物館・はとバス観光

さて、前回の続きを。

kigyouhoumu.hatenadiary.com

 

1.クレヨンしんちゃんの聖地(?)へ

2日目は、「東部鉄道に乗りたい」という息子のリクエストにより大宮駅から東部鉄道に乗って春日部駅まで移動。春日部といえば、クレヨンしんちゃんの舞台で有名。私も訪れるのは初めて。春日部駅の発着メロディにはアニメの初代主題歌のサビ(しばらく頭から離れなかった)が流れており、「さすが聖地!」と感心。

※成り行き上とはいえ、子供の頃に観ていたアニメの舞台を訪れるとは・・。これも聖地巡礼!?
 

2.小江戸 川越を散策

その後、JR大宮駅まで戻ってから川越線に乗ってJR川越駅に向かう。この川越は小江戸と呼ばれるほど古い時代の街並みや寺社仏閣が残っており、あちらこちらに歴史の面影を残している。もともと、今回の旅行で川越を訪れたのは、妻から「川越大正浪漫夢通りに行ってみたい」というリクエストがあったから。
 

※当日は快晴でおだやかなポカポカ陽気。絶好の観光日和。
 
家族4人で川越の街を散策していると、ちょうどお昼時になったので、こちらの店でランチを食べることに。

 
この店に立ち寄ったのは、実は理由がある。うどん屋の入口にはお土産コーナーも併設されており、ここで川越城の御城印を購入できるのだ。期間限定販売らしいが、今回の旅行とタイミングが合ったので御城印をゲット。

※和紙製というかなり珍しい御城印。
 
その後、時間が余ったので、川越城の二の丸跡地にある川越市立博物館に立ち寄って、内部を散策する。

 
※館内にはほとんど見学者は見当たらず、貸し切り状態。

3.東京 地下鉄博物館へ

その後は、市内循環バスに乗って川越駅まで戻る。そして、電車を乗り換えながら東京都江戸川区に向かう。目的地は地下鉄博物館(通称:ちかはく)
 

 
こちらは息子のリクエストで訪れることになった博物館。地下鉄の仕組みや歴史などの展示物や体験型のシミュレーターが設置されている。館内の微妙な古さがかつて大阪市港区の弁天町にあった鉄道博物館(京都鉄道博物館の発足と同時に閉業)を思い出してしまった。

 

4.夜のドライブを満喫

その後JR東京駅まで移動して、駅近くのはとバス乗り場に向かう。

 
旅行2日目となるこの日の最後のイベントは、はとバスに乗って東京観光。ネットでかなり以前から予約していたためか、2階席の前方1列目と2列目の座席を確保できた。
 
家族4人で2階建てのオープンバスに乗車して、東京の夜の空気を肌に感じながら、国会議事堂~東京ミッドタウン~六本木~東京タワー~レインボーブリッジ~お台場~銀座をバスでドライブ観光。少々夜風が寒かったけれど、2階席から眺める夜の東京の街並みは新鮮な印象。
※途中で小雨がパラついた時もあったけれど、おおむね天候には恵まれた。
 
立ち寄った東京タワーではいったん途中下車して、エレベータでメインデッキに登って東京の夜景を堪能する。私自身は、東京タワーを訪れたのは初めてだが、真下から見上げると夜景にとても鮮やかなオレンジ色が映える。
※東京には出張や旅行で何度も訪れているが、東京タワーは初めてなので、少し感動。
 
午後6時半に始まったバス観光は、午後9時前に無事に終了。はとバスに乗ったのは、今回が2回目だが、あまり東京の地理に慣れていない私たちには、ありがたい観光手段だ。バス降車後は、ホテルのある大宮まで戻るため、すぐそこにある東京駅まで歩いて、ついでに記念写真をパチリ。

※2日目の観光のシメは東京駅。どんよりとした曇り空を背景にそびえたつビル群が対照的なコントラスト。
 
2日目の埼玉・東京観光はこのような感じで終了。この日は朝早くからずっと移動しっぱなしで疲れた。いよいよ翌日は、旅行最終日。
 
続きは次回に。