企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【契約審査】契約交渉において相手方の言質をとってしまう方法

1.契約交渉のテクニック 契約審査を行って、適切と判断する修正案を起案したとしても、相手方にいかにしてそれを受諾させるのが腕の見所であるとは、以前に述べたとおりである。ここで、そのために私が時折使用している契約交渉テクニックを紹介する。相手方が上場企業であるなど、ある程度規模の大きな会社である場合、自社の企業憲章や企業方針などをHPなどで公表していることがある。その中で「取引先と公正な商取引を行うことを心がけます」「公平な商取引」などがある場合、これを逆手にとるのだ。 2.相手方の企業理念を利用して交渉を有利に運ぶ そこで、一方的に不利益な条項がある場合において、これを公平な形式に改めるには、「貴社の企業理念において明示されているとおり、今回弊社との取引を公平な形式で遂行するためにも、恐れ入りますが、原案を以下の修正案に変更することをご提案申し上げます。」というコメントをつけて当社対案を提示するようにしている。これは、契約書の前文や第1条において「本契約を信義則に基づいて公平かつ公正に締結する」と明記している場合にも、これを言及して交渉にもっていくことができる。 なまじ企業規模が大きく、CSRなどを強く推進している会社などは、企業理念や調達方針をHPなどで公開しており、これを契約交渉の材料にとりこんでしまうのだ。私もこの方法で某東証一部上場企業数社に対して、自社修正案を受諾させたことがある。興味を持たれた方は、ためしに使用してみてはいかがだろうか。 blogram投票ボタン 1クリックお願いします!