企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【IT】Google翻訳を超えた!?機械翻訳サービス「DeepL」の高精度に驚く/企業法務担当者が英文契約書を審査する際に有益かも?

先日、ネットでこの4月から日本語に対応したという機械翻訳サービス「DeepL」の存在を知った。

gigazine.net

ascii.jp

私も企業法務担当者としての立場上、英文契約書の審査を行うことがあり、それは年々増加傾向にある。英文契約書を審査する際のポイントとしては、やはりその内容を正確に理解すること。これまでは、関係者に回覧するため、自分で和訳文を作成していた。その際には、Google翻訳などの機械翻訳サービスなども一部利用していたが、法律英語は言い回しが独特のため、不完全な訳文になることも多く、若干の手間が発生。その場合は、自分でネイティブな文章に修正するという一手間を加えていた。 

しかし、DeepLを使って、某英文契約書を機械翻訳してみた。 

www.deepl.com

すると、長文でありながら、流暢な和訳となっており、そのまま読んでも全く違和感がない・・・。このような高機能な機械翻訳サービス(しかも無料)が登場すると、翻訳会社などは大いに影響を受けるのではないだろうか。数年前から巷では、「これからAIやロボットが人々の仕事を奪っていく」という風評が流れているが、これはあながち間違いではなさそう。そう感じた瞬間だった。

ともあれ、このDeepLは英文契約書を取扱う企業法務担当者にとっては、貴重な味方になりそう。もちろん、頼り過ぎは禁物だが、ツールの一つとして使いこなしていきたい。

f:id:Sabosan8022:20200611075933p:plain