企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【Lifehack】テレワークに役立つ3つのツールの紹介/自宅での快適な仕事環境を整備する

コロナ禍の中、現在も不定期でテレワークを行っているが、今回は在宅時に役立つツールを3つ紹介したい。

f:id:Sabosan8022:20210920181118p:plain

1.ノートPC用スタンド

私は自室には、デスクトップ型のパソコン(マルチディスプレイ)を設置しており、テレワーク時はそこで仕事をしている。ただ、ずっと自室で仕事をしていると集中力が切れるので、気分転換にリビングでノートパソコンを広げることもある。ちなみに私が使用しているノートパソコンは、富士通の15インチサイズ。

私の場合、仕事やブログのデータは、GoogleドライブやOneDriveなどのクラウドストレージに保管しているため、パソコンが2台であってもそれほど支障はない。ただ、ノートパソコンがデスクトップパソコンに劣っている点は、本体に熱がこもりやすいのと、ディスプレイの位置が低く、姿勢が悪くなりがちな点。その対策として、ダイソーで購入したのがこちらのアイテム。

ゴム製のボールを半分に割ったような外見をしているが、これはれっきとしたノートパソコン用のスタンド。100円と安いわりには頑丈で、持ち運びも簡単。このスタンドをノートパソコンの下に敷くと約2.4センチ高くなって、傾斜が生まれる。すると、モニタが見やすくなって、キーボードのタイピングもやり易い。単純にそれだけだが、意外とこれが便利。

f:id:Sabosan8022:20210918234350j:plain

f:id:Sabosan8022:20210918234336j:plain

2.デュアルディスプレイ

また、ノートパソコンでもマルチディスプレイを利用したい場合は、10インチのタブレットをケーブルで接続してセカンダリモニタとして使っている。その場合、利用するのがこちらのアプリ。反応も悪くなく、使い勝手はまずまず。
 
Duet Display
Duet Display
開発元:Duet, Inc.
¥1,220
posted withアプリーチ

3.タイマーアプリ

テレワークの悩みの種が自宅にずっと滞在していると、公私の切り替えができず、モチベーションが下がってしまうこと。そこで、私は、タイマーアプリで時間(60分・90分)をはかりながら仕事をしている。「この時間はこのタスクに集中しよう」と頭を切り替えると、意外と集中力が持続する。
マルチタイマー ストップウォッチ
マルチタイマー ストップウォッチ
開発元:LemonClip
無料
posted withアプリーチ

f:id:Sabosan8022:20210920180841j:plain

新型コロナ・ウイルスが登場するまで「テレワークって何?」という感じで、世間ではほとんど認知されていなかったが、今やすっかり市民権を得ている。新型コロナの終わりが未だに見えない現在では、もうしばらくこの状況が続くだろう。従って、自分に合ったツールを使ってテレワーク時の自己管理を行っていきたい。