企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証プライム上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【書評】「もういちど読む山川世界史」(山川出版社)/高校時代にお世話になった教科書と再会する

先日地元の図書館をぶらついていると、以下の本を発見したので、早速借りてみた。 

もういちど読む山川世界史

もういちど読む山川世界史

 

高校時代の同級生の多くは日本史を選択していたが、私は漢字を暗記するのがイヤで、世界史を選択。勉強に際しては、教科書をマーカーペンで塗りたくり、何度も反復して読みこんだもの。山川出版社の教科書の完成度は、ヘタな参考書よりずっとハイレベルであり、受験生には必読の一冊とされていた。

世界史の勉強とはつまるところ、効率よく暗記することにつきるので、横長の図解集とセットで何度も熟読し、問題集でアウトプットを行うということを繰り返した。 そして、本書は、高校生向けの教科書を一般読者向けに再編集したもの。タイトルが「もういちど読む」とあるように、学生時代に受験勉強を行った世代をターゲットにしているのだろうか。 

f:id:Sabosan8022:20211024193552p:plain

ちなみに、教科書版には太字のキーワードなどがあったが、本書にはそれは見当たらない。また、装丁や細かい構成は少し違っているようだ。コラム欄も設けられているし。しかし、根本部分は変わっておらず、なんとも懐かしい気分。 不思議なもので、ビジネスパーソンという立場で本書を読み返すと、受ける印象がまた微妙に変わってくる。グローバル化を迎えた現代を生きるビジネスパーソンにとって、世界史を知ることは損にはならないと思う。