企業法務担当者のビジネスキャリア術

東証一部上場企業に勤務する企業法務担当者がライフログの一環として日々の出来事を記録しています。

【その他】優待狙いでイオンの株式を購入/イオン店舗で購入分の3%のキャッシュバックは大きい

先週、国内の株式市場は一斉に下げ相場となったのは記憶に新しいところ。これは中国市場の相場急落を発端とした世界同時株安の影響を受けたためだ。


そんな中、我が家がこのタイミングで購入した株式がある。それがこちら。

 このイオンの株式保有者には、株主優待として珍しい特典がついている。それは株主に交付されるオーナーズカードをイオンでの商品購入時に提示すれば、ポイントがたまっていき、半期最高100万円迄の購入金額に対し,保有株数に応じてキャッシュバックしてくれるというもの。例えば、100株の場合、当該期間中の購入金額の3%が株主に帰ってくる。50万円だと15,000円、100万円だと30,000円で、ばかにならない金額だ。 

 現在のゆうびん貯金の金利は0.03%ほどだが、イオン株のリターンはその100倍(!)というわけで、これはかなり大きい・・・。我が家では妻が地元のイオンによく買い物に出かけるので、トータルではそれ相応の購入金額となるはず。しかも、株主優待を受けるためには、2月・8月末日に株主であることが条件で、8月中に株を買う必要があったが、運よく(?)株価全面安の時期に買えたので、なにやら得した気分。もちろん、優待狙いの長期保有目的であり、今後いくら株価が上昇しても売るつもりは全くないが・・・。 いずれにせよ、イオンでそれなりの頻度で買い物をする人にとっては、このキャッシュバックという株主優待がついた株式購入は検討の余地があるかもしれない。